ExcelVBA逆引き大全 620の極意 2013/2010/2007/2003対応

概 要

ExcelVBAの基本技、便利技、裏技をやりたいことから引ける逆引き大全です。Excelは便利なソフトですが、ExcelVBAを使うことで定型業務や複雑な処理を自動化するなど、さらに便利に使いこなすことができます。本書は、変数や演算子といった基本文法から、セルの選択、文字列の検索、ピボットテーブルの作成、フォームの作成、印刷の実行、ファイルの移動や削除、WordやXMLとの連携、正規表現の使用方法まで、実践的なExcelVBAの620個のTipsを掲載。サンプルコードのダウンロードサービス付きで、各Tipsのサンプルコードと使用するプロパティやメソッド、関数等のキーワードを解説しているため、自分なりに修正して活用することもできます。

著者 E-Trainer.jp[中村俊]
価格 本体2600円(税別)
ISBN 978-4-7980-3909-1
発売日 2013/8/28
判型 A5
色数 2色
ページ数 764
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ 逆引き大全
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 VBAの基本の極意

1-1 ExcelVBAの作成準備(001~012)

001 VBEを使用する

002 [開発]タブを表示する

003 セキュリティレベルを設定する

004 VBEの作業環境をカスタマイズする

005 作成したプログラムを保護する

006 作業効率をアップさせるショートカットキーを使用する

007 マクロを作成する

008 [マクロ記録]機能を使用する

009 マクロを含んだブックを保存する

010 マクロを含んだブックを開く

011 個人用マクロブックを作成する

012 VBAの構成要素について理解する

1-2 効率よいプログラムの作成(013~021)

013 コンパイルエラーと実行時エラーについて理解する

014 中断モードでエラーの発生場所を確認する

015 プログラムの実行を特定の場所で中断する

016 プログラムの処理を確認しながら実行する(1)

017 プログラムの処理を確認しながら実行する(2)

018 オブジェクトのプロパティや変数の値を確認する

019 変数の値の変化を表示する

020 ヘルプを利用できるようにする

021 オブジェクトブラウザを使用する

1-3 モジュールとプロシージャ(022~041)

022 Subプロシージャを使用する

023 Functionプロシージャを使用する

024 Propertyプロシージャを使用する

025 他のプロシージャを呼び出す

026 プロシージャに引数を渡す

027 値渡しと参照渡しの結果を比較する

028 複数の値を返すFunctionプロシージャを作成する

029 省略可能な引数を持つプロシージャを作成する

030 プロシージャの引数が省略されたかを確認する

031 引数の数が不定なプロシージャを作成する

032 プロシージャの引数に配列を使用する

033 VBAを使用してVBEを起動する

034 VBAを使用してモジュールを追加する

035 VBAを使用してモジュールを削除する

036 VBAを使用してモジュールをインポート/エクスポートする

037 VBAを使用してコードを取得する

038 VBAを使用してコードを入力する

039 VBAを使用してコードを置換する

040 クラスを管理するためのクラスを作成する

041 オブジェクトモジュールを使用する

第2章 プログラミングの基本の極意

2-1 変数(042~049)

042 変数を宣言する

043 複数のモジュールで同じ変数を使用する

044 変数のデータ型を指定する

045 型宣言文字を使用してデータ型を宣言する

046 オブジェクト変数を使用する

047 オブジェクトや変数の種類を確認する

048 変数のデータ型を確認する

049 列挙型を使用する

2-2 定数(050~052)

050 定数について理解する

051 ユーザー定義定数を宣言する

052 組み込み定数を確認する

2-3 演算子(053~055)

053 演算子について理解する

054 演算やデータの比較をする

055 ビット演算を行う

2-4 ステートメント(056~070)

056 条件に応じた処理を行う

057 複数条件を指定して分岐処理をする(1)

058 複数条件を指定して分岐処理をする(2)

059 複数の条件を判断して処理を分岐する(1)

060 複数の条件を判断して処理を分岐する(2)

061 関数を使用して分岐処理をする

062 特定の値によって処理を分岐する

063 条件を満たすまでループ処理を実行する

064 条件を満たす間、ループ処理を実行する

065 少なくとも1回はループ処理を実行する

066 回数を指定してループ処理を実行する

067 コレクションを対象にループ処理を実行する

068 ループ処理から抜け出る

069 無限ループを使用する

070 再帰処理を行う

2-5 メッセージの表示(071~075)

071 メッセージボックスを表示する

072 メッセージボックスに複数のボタンを表示する

073 クリックしたボタンで処理を分岐する

074 入力用のダイアログボックスを表示する(1)

075 入力用のダイアログボックスを表示する(2)

2-6 エラー処理(076~085)

076 エラーの種類について理解する

077 エラー処理を行う

078 エラーを無視して次の処理を実行する

079 エラーが発生したときの処理を無効にする

080 エラーが発生したときに戻って処理を実行する

081 エラーが発生したときに次の行に戻って処理を実行する

082 エラー番号を表示する

083 エラーの種類によってエラー処理を分岐する

084 エラーが発生したら警告音を鳴らす

085 エラーを強制的に発生させる

2-7 配列(086~098)

086 配列を宣言する

087 配列のインデックス番号の最小値を1に設定する

088 配列のインデックス番号を任意の数に設定する

089 Array関数で配列に値を格納する

090 Join関数を利用して、配列の値をまとめる

091 Split関数を利用して、配列に値を格納する

092 動的配列を定義する

093 2次元配列を宣言する

094 配列の要素数を求める

095 配列の値を残したまま要素数を変更する

096 配列を初期化する

097 動的配列が初期状態か確認する

098 配列をワークシートで利用する

第3章 セル操作の極意

3-1 セルの選択とデータの取得(099~127)

099 単一のセル・セル範囲を選択する

100 別シートのセルを選択する

101 行番号と列番号を指定してセルを選択する

102 セルを相対的に指定する

103 指定したセルにジャンプする

104 選択している範囲の大きさを変更する

105 複数のセル範囲を結合する

106 セルの結合を解除する

107 結合したセルを参照する

108 セル範囲の結合を取得または設定する

109 複数の選択範囲をまとめて扱う

110 対象のセル範囲に複数のセル範囲があるか確認する

111 表全体を選択する

112 ワークシートの使用されている範囲を取得する

113 セルアドレスを取得する

114 データの入力されている終端セルを参照する

115 先頭行を除いて範囲選択する

116 隣のセルを取得/参照する

117 空白のセルを選択する

118 セルの個数を数える

119 可視セルのみ選択する

120 表の行数と列数を数える

121 セルのデータを取得する

122 セルのシリアル値を取得する

123 セルの数式を取得する

124 セルが数式かどうか判定する

125 セルが日付かどうか判定する

126 セルが空欄かどうか判定する

127 セルの値がエラーかどうか判定する

3-2 編集(128~138)

128 セルに値を入力する

129 セルに数式を入力する

130 セルを挿入する

131 セルを削除する

132 セルを移動する

133 セルをコピーする

134 クリップボードのデータを貼り付ける

135 図としてコピーする

136 書式のみを貼り付ける

137 数値を演算して貼り付ける

138 セル範囲の高さと幅を取得する

3-3 書式設定(139~159)

139 文字のフォントを設定する

140 文字のフォントサイズを設定する

141 文字に太字/斜体を設定する

142 文字に下線/取り消し線を設定する

143 文字を上付き/下付きに設定する

144 フォントの色を取得/設定する

145 セル内の一部の文字に色を付ける

146 セル内の文字の縦/横位置を指定する

147 セル内の文字を均等割り付けし、前後にスペースを入れる

148 セル内で文字を折り返して全体を表示する

149 セル内の文字を縮小して全体を表示する

150 セル内の文字列の角度を変更する

151 文字列を複数のセルに割り振る

152 セルの表示形式を設定する

153 セルの罫線を参照する

154 罫線の太さを設定する

155 罫線の線種/太さ/色をまとめて設定する

156 シートのすべての罫線を消去する

157 セルにテーマカラーを設定する

158 セルに網掛けを設定する

159 書式をクリアする

第4章 関数の極意(ユーザー定義関数含む)

4-1 日付(160~172)

160 現在の日付/時刻を取得する

161 年、月、日を別々に取得する

162 時、分、秒を取得する

163 曜日を取得する

164 文字列を日付、時刻のシリアル値に変換する

165 年、月、日を組み合わせて日付データを求める

166 数値から月名を文字列で取得する

167 時、分、秒を組み合わせて時刻データを求める

168 日付や時刻の間隔を計算する

169 日時から指定した部分のみを取り出す

170 時間を加算/減算した日付や時刻を取得する

171 経過した秒数を取得する

172 日付・時刻の書式を設定する

4-2 文字列操作(173~185)

173 文字列の長さ/バイト数を取得する

174 文字列の左端、右端から一部を取得する

175 文字列の指定した一部を取得する

176 文字コードに対応する文字列を取得する

177 文字列に対応する文字コードを取得する

178 アルファベットの大文字を小文字に、小文字を大文字に変換する

179 文字の種類を変換する

180 文字列に含まれる全ての空白を削除する

181 文字列を別の文字列に置換する

182 指定した数だけ文字を追加する

183 2つの文字列を比較する

184 文字列を検索する

185 文字列を数値に変換する

4-3 その他の関数(186~196)

186 データを日付型データに変換する

187 データを整数型データに変換する

188 数値を16進数に変換する

189 整数部分を取得する

190 数値データかを調べる

191 配列かどうかを調べる

192 乱数を発生させる

193 配列から条件に一致するものを取得する

194 環境変数の値を取得する

195 ワークシート関数を利用する(1)

196 ワークシート関数を利用する(2)

4-4 ユーザー定義関数(197~200)

197 ユーザー定義関数を作成する

198 ユーザー定義関数をテストする

199 関数ウィザードで引数名に日本語を表示する

200 エラーを返すユーザー定義関数を作成する

第5章 ワークシート、ウィンドウ、ブック操作の極意

5-1 ワークシート(201~229)

201 ワークシートを参照する

202 作業中のワークシートを参照する

203 ワークシートを選択する

204 ワークシートをアクティブにする

205 ワークシートをグループ化する

206 ワークシート名を変更する

207 選択しているワークシートを参照する

208 同名のワークシートがないことを確認する

209 新しいワークシートを追加する

210 ワークシートを削除する

211 ワークシートを移動/コピーする

212 ワークシートを並べ替える

213 シート見出しの色を変更する

214 ワークシートの表示/非表示を切り替える

215 ワークシートの数を数える

216 ワークシートの前後のシートを参照する

217 ワークシートを保護する

218 入力用のセルを除いてワークシートを保護する

219 ワークシートの保護を解除する

220 行/列を選択する

221 特定のセル範囲の行/列全体を選択する

222 行番号や列番号を取得する

223 行/列の表示/非表示を切り替える

224 行の高さや列の幅を取得/変更する

225 行の高さや列の幅を自動調整する

226 指定した範囲の内容に合わせて列の幅を自動調整する

227 行/列を挿入する

228 行/列を削除する

229 セルのサイズをセンチメートル単位で指定する

5-2 ウィンドウ(230~251)

230 ウィンドウを参照する

231 アクティブウィンドウを参照する

232 ウィンドウをアクティブにする

233 ウィンドウを整列する

234 同じウィンドウをコピーとして開く

235 ウィンドウを並べて比較する

236 ウィンドウのタイトルを取得/設定する

237 ウィンドウの表示倍率を変更する

238 ウィンドウ枠を固定する

239 ウィンドウを分割する

240 表示画面の上端行/左端列を設定する

241 ウィンドウを最大化/最小化表示する

242 ウィンドウの縦横サイズを取得/設定する

243 ウィンドウの表示位置を取得/設定する

244 ウィンドウサイズを変更できないようにする

245 ウィンドウの最大サイズを取得する

246 ウィンドウの表示/非表示を切り替える

247 枠線の設定を変更する

248 改ページプレビューで表示する

249 シート見出しの表示/非表示を切り替える

250 ステータスバーにメッセージを表示する

251 プロシージャの処理速度を上げる

5-3 ブック(252~284)

252 ブックを参照する

253 アクティブブックを参照する

254 ブックをアクティブにする

255 新しいブックを作成する

256 保存してあるブックを開く

257 ダイアログボックスでブックを指定して開く(1)

258 ダイアログボックスでブックを指定して開く(2)

259 ブックを上書き保存する

260 名前を付けてブックを保存する

261 同名のブックが開かれているかを確認する

262 テキストファイルとして保存する

263 Webページとして保存する

264 ダイアログボックスを表示してブックを保存する(1)

265 ダイアログボックスを表示してブックを保存する(2)

266 カレントフォルダを変更して保存する

267 ファイル名を検索してから保存する

268 ブックの保存場所を調べる

269 PDF形式で保存する

270 ブックを閉じる

271 変更が保存されているかどうかを確認する

272 変更を保存せずにブックを閉じる

273 ブックに別名を付けて保存する

274 ブックをすべて保存してExcelを終了する

275 ブックをすべて保存しないでExcelを終了する

276 ブックの名前を取得する

277 ブックが開かれているかどうか確認する

278 ブックの名前をパス付きで取得する

279 ブックを保護する

280 ブックのコピーを保存する(1)

281 ブックのコピーを保存する(2)

282 ブックの履歴を操作する

283 ブックをメールで送信する

284 プロパティを取得する

第6章 データ操作の極意

6-1 並べ替えと集計(285~291)

285 データを並べ替える

286 セルの色で並べ替える

287 アイコンで並べ替える

288 オリジナルの順番で並べ替える

289 グループ化して集計する

290 アウトラインの折り畳みと展開を行う

291 グループ化を解除する

6-2 データの抽出(292~308)

292 オートフィルタを実行する

293 トップ3のデータを抽出する

294 セルの色を指定して抽出する

295 複数の項目を抽出条件に指定する

296 指定した範囲のデータを抽出する

297 複数フィールドに抽出条件を指定する

298 様々な条件でデータを抽出する

299 指定した期間のデータを抽出する

300 抽出結果をカウントする

301 オートフィルタが設定されているかどうかを調べる

302 オートフィルタの矢印を非表示にする

303 オートフィルタが設定されているかどうかを判定する

304 すべてのデータを表示する

305 オートフィルタを解除する

306 シートにある複雑な条件で抽出する

307 重複行を非表示にする

308 重複データを削除する

6-3 データの入力と検索(309~324)

309 セル範囲に連番を入力する

310 セル範囲の値を1つずつチェックする

311 入力規則を設定する

312 入力規則を削除する

313 入力規則を変更する

314 ユーザー設定リストを作成する

315 ユーザー設定リストを削除する

316 セル内のデータを複数のセルに分割する

317 フリガナを設定する

318 セルに入力されている数式を取得する

319 配列数式を入力する

320 セルに数式が入力されているかどうかを調べる

321 データを検索する

322 セルの色で検索する

323 データを置換する

324 あいまいな条件で文字列を置換する

第7章 リスト・ピボットテーブルの極意

7-1 リスト(325~330)

325 リストを取得する

326 リストの行を取得する

327 リストの列を取得する

328 リスト内にアクティブセルがあるかどうかを判定する

329 リストのヘッダー行を取得する

330 集計行を表示/非表示にする

7-2 ピボットテーブル(331~337)

331 ピボットテーブルを作成する(1)

332 ピボットテーブルを作成する(2)

333 ピボットテーブルのフィールドを変更する

334 ピボットテーブルのデータを更新する

335 ピボットテーブル内のセルの情報を取得する

336 ピボットグラフを作成する

337 ピボットグラフの作成場所を変更する

第8章 図形とグラフの極意

8-1 図形の作成(338~351)

338 すべての図形を選択する

339 特定の図形を参照・削除する

340 複数の図形を選択する

341 図形に名前を付ける

342 直線を作成する

343 テキストボックスに文字を表示する

344 図形を作成する

345 図形を移動する

346 図形の表示/非表示を切り替える

347 図形のグループ化/グループ化を解除する

348 図形を反転する

349 図形を回転する

350 3-D図形を回転する

351 ワードアートを作成する

8-2 図形の書式設定(352~359)

352 線の書式を設定する

353 オートシェイプに塗りつぶしの色を設定する

354 線を点線に変更する

355 1色のグラデーションで塗りつぶす

356 2色のグラデーションで塗りつぶす

357 テクスチャ効果を使用して図を塗りつぶす

358 図に光彩の設定を行う

359 図に反射の設定を行う

8-3 グラフの作成(360~366)

360 グラフを作成する

361 グラフシートを追加する

362 グラフを選択・削除する

363 グラフの種類を変更する

364 グラフの名前を設定する

365 円グラフの一部を切り離す

366 特定の系列を第2軸に割り当てる

8-4 グラフの編集(367~379)

367 グラフの大きさや位置を設定する

368 プロットエリアの色を変更する

369 グラフのタイトルを設定する

370 グラフの軸ラベルを設定する

371 数値軸の最大値/最小値を設定する

372 グラフの凡例を参照する

373 グラフの数を数える

374 グラフのデータ系列を取得する

375 データ要素を取得する

376 データマーカーの書式を設定する

377 データラベルを表示する

378 データテーブルを表示する

379 グラフを画像ファイルとして保存する

第9章 ユーザーフォームの極意

9-1 ユーザーフォーム概要(380~390)

380 フォームを作成する

381 ユーザーフォームを表示する

382 コントロールを作成する

383 プロパティを設定する

384 コントロールの配置を整える

385 コントロールを使用する

386 コントロールのサイズを自動調整する

387 コントロールの数を取得する

388 コントロールの入力の順序を設定する

389 フォーカスを移動する

390 コントロールをポイントしてヒントを表示する

9-2 フォーム(391~399)

391 タイトルを設定する

392 ユーザーフォームの表示位置を設定する

393 ユーザーフォーム/コントロールの表示位置を設定する

394 フォームやコントロールのサイズを変更する

395 フォーム上のマウスポインタを変更する

396 フォームを表示する前に初期設定をする

397 フォームの背景色を変更する

398 フォームを非表示にする

399 フォームを閉じる

9-3 コマンドボタン、トグルボタン(400~408)

400 コマンドボタンで処理を実行する

401 cキー/jキーで処理を実行する

402 コマンドボタンを有効/無効にする

403 コマンドボタンに埋め込まれた詳細情報を表示する

404 コマンドボタンのクリック後、フォーカスを持たないようにする

405 コマンドボタンに画像を表示する

406 アクセスキーで実行できるようにする

407 トグルボタンが変更されたときに処理を実行する

408 トグルボタンを淡色表示にする

9-4 テキストボックス(409~424)

409 入力モードを設定する

410 テキストボックスの文字列を取得/設定する

411 入力文字数を取得する

412 テキストボックスの文字を中央揃えにする

413 複数行を入力できるようにする

414 入力文字数を制限する

415 改行やタブの入力を有効にする

416 フォーカスの移動で文字列がすべて選択されているようにする

417 文字列の選択状態を保持する

418 テキストボックス内で左余白をあける

419 テキストボックス内を編集禁止にする

420 パスワードの入力を可能にする

421 テキストボックスにスクロールバーを表示する

422 セルの値をテキストボックスに表示する

423 テキストボックスを塗りつぶす

424 テキストボックスのデータだけをクリアする

9-5 コンボボックス、リストボックス(425~435)

425 コンボボックスに項目を追加する

426 コンボボックスの既定値を指定する

427 コンボボックスに複数の項目を表示する

428 コンボボックスに直接入力できないようにする

429 リストボックスに項目を追加する

430 リストボックスの項目にセルの範囲を設定する

431 リストボックスに複数の項目を表示する

432 項目が選択されているかどうかを調べる

433 選択されている項目を取得する

434 複数の項目を選択できるようにする

435 リストボックスから選択した項目を削除する

9-6 その他のコントロール(436~445)

436 フォーム上に画像を表示する

437 ラベルのフォントを設定する

438 チェックボックス/オプションボタンの状態を取得/設定する

439 コントロールの表示/非表示を切り替える

440 オプションボタンをグループ化する

441 タブストリップ/マルチページのページを追加する

442 タブストリップで選択されているタブを取得する

443 スクロールバーの最大値・最小値を設定する

444 スピンボタンとテキストボックスを連動させる

445 ワークシート上でコントロールを利用する

第10章 印刷の極意

10-1 印刷(446~448)

446 印刷を実行する

447 印刷プレビューを表示する

448 アクティブプリンターを切り替える

10-2 印刷の設定(449~462)

449 用紙サイズ、印刷の向きを変更する

450 事前に印刷されるページ数を確認する

451 印刷範囲を指定ページ数におさめる

452 ページの余白をセンチメートル単位で設定する

453 印刷位置をページ中央に設定する

454 ヘッダーを取得/設定する

455 フッターを取得/設定する

456 ヘッダー/フッターに画像を表示する

457 行タイトルと列タイトルを取得/設定する

458 白黒印刷を行う

459 オブジェクトのみ印刷する

460 印刷範囲を設定する

461 印刷倍率を設定する

462 セルの枠線を印刷する

第11章 ファイルとフォルダの極意

11-1 ファイルの操作(463~473)

463 ファイル・フォルダの存在を確認する

464 ファイルサイズを取得する

465 ファイルの属性を取得/設定する

466 ファイルの作成日時を取得する

467 ファイルをコピーする

468 ファイルを移動する

469 ファイルを削除する

470 ファイル名やフォルダ名を変更する

471 フルパスからファイル名を取り出す

472 様々な条件でファイルを検索する

473 最近使ったファイルを取得する

11-2 フォルダの操作(474~478)

474 新規フォルダを作成する

475 フォルダを削除する

476 カレントドライブを変更する

477 カレントフォルダを取得する

478 カレントフォルダを別のフォルダに変更する

11-3 File System Objectオブジェクトによるファイル・フォルダの操作(479~497)

479 File System Objectオブジェクトを使用する

480 ファイルの存在を調べる

481 ファイルをコピーする

482 ファイルを移動する

483 ファイルを削除する

484 ファイルの属性を調べる

485 ファイル名を取得する

486 ファイルのパスを取得する

487 ファイルの拡張子を取得する

488 フォルダの存在を調べる

489 フォルダを作成する

490 フォルダをコピーする

491 フォルダを移動する

492 フォルダを削除する

493 フォルダの属性を調べる

494 すべてのファイルを取得する

495 ドライブの総容量と空き容量を調べて使用容量を計算する

496 すべてのドライブの種類を調べる

497 ドライブのファイルシステムの種類を調べる

第12章 データ連携の極意(他のアプリケーションとの連携)

12-1 テキストファイルとの連携(498~507)

498 テキストファイルを開く

499 固定長フィールド形式のテキストファイルを開く

500 数値データを文字データに変換してテキストファイルを開く

501 テキストファイルのデータを読み込む

502 テキストファイルを1行ずつ読み込む

503 ワークシートの内容をカンマ区切りでテキストファイルに書き込む

504 ワークシートの内容を行単位でテキストファイルに書き込む

505 テキストファイルの指定した位置からデータを読み込む

506 ファイルの指定した位置にデータを書き込む

507 高速にテキストファイルを読み込む

12-2 他のアプリケーションとの連携(508~525)

508 他のアプリケーションを起動する

509 他のアプリケーションをキーコードで操作する

510 他のアプリケーションを使用する

511 起動しているアプリケーションを参照する

512 Wordで文書を新規作成する

513 Wordに文字列を追加する

514 WordにExcelの表を貼り付ける

515 ExcelのグラフをWordに図として貼り付ける

516 PowerPointのスライドを新規に作成する

517 PowerPointのスライドショーを開始する

518 ExcelのグラフをPowerPointに図として貼り付ける

519 OutlookでExcelの住所録を元にメールを送信する

520 ワークシート上に受信メール一覧を作成する

521 Accessのレポートを印刷する

522 ブラウザを起動し、ホームページを表示する

523 実行中のホームページのリンク先を取得する

524 XMLスプレッドシートとして保存する

525 XMLスプレッドシートを開く

12-3 データベースとの連携(526~537)

526 Excelからデータベースに接続/解除する

527 データベースのデータを取得する

528 テーブルのデータをワークシートにコピーする

529 テーブルのレコード件数を取得する

530 SQL文を利用してデータを抽出する(1)

531 SQL文を利用してデータを抽出する(2)

532 データベースファイルのテーブルリストを取得する

533 指定した名前でデータベースファイルを作成する

534 テーブルのデータを検索する

535 指定したレコードを更新する

536 指定したレコードを削除する

537 トランザクション処理を行う

第13章 イベントの極意

13-1 イベントプロシージャ(538~561)

538 イベントプロシージャを理解する

539 イベントプロシージャを作成する

540 ブックを開いたときに処理を行う

541 ブックを閉じる直前に処理を行う

542 ブックがアクティブになったときに処理を行う

543 ブックがアクティブでなくなったときに処理を行う

544 ブックをアドインとして組み込んだときに処理を行う

545 印刷する直前に処理を行う

546 ブックを保存する直前に処理を行う

547 ブックを保存後に処理を行う

548 ワークシートがアクティブになったときに処理を行う

549 セルの内容が変更されたときに処理を行う

550 セルを選択した時に処理を行う

551 新しいワークシートを作成したときに処理を行う

552 ワークシートのセルをダブルクリックしたときに処理を行う

553 ワークシート上を右クリックしたときに処理を行う

554 ハイパーリンクをクリックしたときに処理を行う

555 再計算を行ったときに処理を行う

556 ウィンドウがアクティブになったときに処理を行う

557 ウィンドウサイズが変更になった時に処理を行う

558 ピボットテーブルが更新された時に処理を行う

559 イベントを発生しないようにする

560 イベントをハンドルする

561 独自のイベントを作成する

第14章 バージョンアップ・トラブルシューティングの極意

14-1 Excelのバージョンアップ(562~568)

562 Excelのバージョンを取得する

563 OSのバージョンを取得する

564 VBAのバージョンに応じて処理を分ける

565 OSの種類に応じて処理を分ける

566 セルの数をカウントする際に発生するエラーを回避する

567 ワークシートのサイズ変更に対応する

568 参照しているライブラリの一覧を取得する

14-2 トラブルシューティング(569~574)

569 オートフィルタで日付がうまく抽出できない現象を回避する

570 ワークシートを大量にコピーしたときに発生するエラーを回避する

571 非表示のシートとActivesheetプロパティの動作の違いを回避する

572 大量の文字列を含む配列をセルに貼り付ける際のセラーを回避する

573 ファイルを開くときに表示される「名前の重複」ダイアログボックスを自動で閉じる

574 Excel2007以降で拡張子「.xls」のファイルを保存した際のトラブルを回避する

第15章 その他のテクニックの極意

15-1 Excelの機能に関するテクニック(575~600)

575 条件付き書式を設定・削除する

576 条件付き書式の設定を変更する

577 設定されている条件付き書式の数を調べる

578 条件付き書式のルールの優先順位を変更する

579 データバーを表示する

580 カラースケールの条件付き書式を設定する

581 アイコンセットの条件付き書式を設定する

582 マイナスのデータバーを設定する

583 セル範囲に名前を定義する

584 セル範囲に付いている名前を編集する

585 セル範囲に付いている名前を削除する

586 ブック内に定義されているすべての名前を削除する

587 コメントを挿入する

588 すべてのコメントを表示する

589 コメントを指定して表示する

590 コメントを削除する

591 マクロにショートカットキーを割り当てる

592 処理時間を計測する

593 確認のメッセージを表示しないようにする

594 プロシージャの実行を中断する

595 指定した時間にプロシージャを実行する

596 プロシージャの実行中にWindowsに制御を返す

597 ハイパーリンクを作成する

598 ハイパーリンクを削除する

599 ハイパーリンクを実行する

600 ショートカットメニューを作成する

15-2 その他のテクニック(601~616)

601 正規表現を使用する

602 正規表現を使用して文字列の存在チェックを行う

603 正規表現を使用して文字列を検索する

604 正規表現を使用して文字列を置換する

605 連想配列でデータを管理する

606 連想配列で重複しないデータを取得する

607 連想配列の値を検索する

608 コレクションを使用する

609 コレクションを使用して重複のないリストを作成する

610 コレクションのデータを削除する

611 ワークシートのコードネームを取得する

612 VBSで他のアプリケーションを起動する

613 ショートカットを作成する

614 WindowsAPIを利用して時間を測定する

615 WindowsAPIを利用してウィンドウを取得する

616 ユーザーフォームの閉じるボタンを非表示にする

15-3 Excel2013の新機能に関するテクニック(617~620)

617 フラッシュフィルを使用する

618 クイック分析を表示する

619 テーブルにスライサーを使用する

620 ピボットテーブルにタイムラインを使用する

PR

秀和システム