図解入門業界研究 最新食品業界の動向とカラクリがよーくわかる本[第3版]

概 要

食品業界の全体像や最新情報、各食品メーカーの特徴などをわかりやすく解説した業界入門書です。人口減少による食料需要の減少、少子高齢化や高齢者単身世帯の増加による食品業界を取り巻く環境の変化、また近年では「食の安全、安心」が強く問われるようになり食品安全基本法や食品衛生法ができるなど、食品業界は変化を続けています。本書は、食品業界の動向から経営の仕組み、味の素株式会社や明治ホールディングス、日本水産株式会社などの国内食品会社の特徴、今後の展望や取り組むべき課題など、食品業界の全体像を図解でわかりやすく解説しています。食品業界で活躍している人、これから食品業界への就職や転職を考えている人におすすめします。

著者 福井晋、中村恵二、佐野陽子
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-3998-5
発売日 2013/11/30
判型 A5
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門業界研究
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 食品業界の現在を俯瞰する

1-1 食料消費支出の変化

1-2 エンゲル係数の変化

1-3 東日本大震災後の食品産業

1-4 食品業界を取り巻く市場環境と動向

1-5 人口動態と世帯数の変化が及ぼす影響

1-6 食品小売業の動向

1-7 食品卸売業界の動向

1-8 食品ダイレクトセールス市場

1-9 拡大続く高齢者向け食品と介護食品市場

1-10 混迷続く海外市場

1-11 食品業界とTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)

1-12 消費増税と食品業界の対応

1-13 食品ロス削減と食品業界

1-14 農業の六次産業化と食品業界

1-15 食品会社による食品偽装の原因と背景

第2章 国内食品メーカーの全容

2-1 食品産業の経営動向

2-2 食品業界とは

2-3 食品業界の発展史1

2-4 食品業界の発展史2

2-5 冷凍食品(業態と特徴1)

2-6 食肉加工品(業態と特徴2)

2-7 水産加工(業態と特徴3)

2-8 製粉(業態と特徴4)

2-9 パン(業態と特徴5)

2-10 麺類(業態と特徴6)

2-11 惣菜(業態と特徴7)

2-12 缶詰、レトルト(業態と特徴8)

2-13 菓子(業態と特徴9)

2-14 調味料全般(業態と特徴10)

2-15 味噌、醤油(業態と特徴11)

2-16 清涼飲料水、乳酸菌飲料(業態と特徴12)

2-17 酒類(業態と特徴13)

第3章 食品業界の仕事

3-1 食品メーカーの組織と仕事

3-2 研究開発・生産技術開発の仕事

3-3 マーケティング

3-4 生産管理・品質管理

3-5 営業・販売促進

3-6 経営管理

3-7 経理・人事・労務

3-8 資格が活きる仕事

第4章 食品業界に求められる社会的責任

4-1 食品の安全に対する国の取り組み

4-2 食品添加物(食品の安全確保1)

4-3 健康食品(食品の安全確保2)

4-4 残留農薬(食品の安全確保3)

4-5 汚染物質対策(食品の安全確保4)

4-6 牛海綿状脳症(BSE)対策(食品の安全確保5)

4-7 器具、容器包装(食品の安全確保6)

4-8 食品表示

第5章 食品グローバル企業の動向

5-1 ネスレS&A

5-2 ザ・コカ・コーラカンパニー

5-3 ペプシコ

5-4 クラフトフーズとモンデリーズ・インターナショナル

5-5 ハインツ

5-6 ダノングループ

5-7 世界のビール市場とメーカー

5-8 国内ビールメーカーの海外戦略

5-9 味の素グループの海外戦略

5-10 ヤクルト本社の海外戦略

5-11 キッコーマンの海外戦略

5-12 ロッテホールディングスの海外戦略

第6章 国内キーメーカーの特徴

6-1 味の素株式会社

6-2 明治ホールディングス

6-3 日本ハム株式会社

6-4 山崎製パン株式会社

6-5 株式会社マルハニチロホールディングス

6-6 敷島製パン株式会社

6-7 カルビー株式会社

6-8 株式会社ミツカングループ本社

6-9 森永製菓株式会社

6-10 日本水産株式会社

6-11 キユーピー株式会社

6-12 日清製粉グループ本社

6-13 日清食品ホールディングス

6-14 株式会社伊藤園

6-15 東洋水産株式会社

6-16 日清オイリオグループ株式会社

6-17 株式会社ヤクルト本社

6-18 江崎グリコ株式会社

6-19 キッコーマン株式会社

6-20 ハウス食品株式会社

6-21 エスビー食品株式会社

6-22 亀田製菓株式会社

6-23 理研ビタミン株式会社

6-24 エバラ食品工業株式会社

6-25 トオカツフーズ株式会社

6-26 株式会社神戸屋

6-27 フジッコ株式会社

6-28 株式会社中村屋

6-29 株式会社あじかん

6-30 株式会社雪国まいたけ

6-31 兵庫県手延素麺協同組合

6-32 太子食品工業株式会社

6-33 株式会社ヨックモック

6-34 三島食品株式会社

6-35 マロニー株式会社

コラム

地方発「再成形ソフト食」で世界市場へ

加工食品の原材料産地表示拡大へ 世界的な日本食ブーム―オール日本でビジネスチャンスを掴もう

伝統的な食品メーカーの魅力に気が付く若者たち

「学生力」が新商品開発のキーワード

サトウの切り餅訴訟に見る特許侵害問題

お口の恋人ロッテのCM戦略

コーラが巻き起こした第二次トクホブーム

昭和の食卓(1)クノールスープ

昭和の食卓(2)♪チョコレートは明治

昭和の食卓(3)皮なしウインナー ウイニー

昭和の食卓(4)リッツ(クラッカー)

昭和の食卓(5)魚肉ハム・ソーセージ

昭和の食卓(6)ニッスイラーメン

昭和の食卓(7)マヨネーズ対決

昭和の食卓(8)マ・マーマカロニ

昭和の食卓(9)カップ・ヌードル

昭和の食卓(10)缶入りウーロン茶

昭和の食卓(11)赤いきつねと緑のたぬき

昭和の食卓(12)ヤクルトのガラス瓶

昭和の食卓(13)一粒三〇〇メートル

昭和の食卓(14)キッコーマン卓上醤油瓶

昭和の食卓(15)バーモントカレー

昭和の食卓(16)インド人もびっくり印度カレー

昭和の食卓(17)柿の種

昭和の食卓(18)ふえるわかめちゃん

新しい消費スタイル「エシカル消費」

資料編

PR

秀和システム