AccessVBAパーフェクトマスター(Access2013完全対応 Access2010/2007対応)

概 要

Accessで作ったデータベースの管理をVBAで自動化する全手法を解説した入門書です。Accessの作業ミス・作業時間を減らすにはVBAで自動化するのが一番です。本書は、Accessの基本操作を習得し、次のステップへ進みたい人を対象にエディターの使い方、VBAプログラミングの基本的な文法、デバッグ機能の使い方、プロージャの定義やモジュールの作成、オブジェクトの操作、各種VBAプロージャの使い方、データベースとの連携方法、SQL文の文法までを丁寧にを解説しています。よく使われる機能を中心に、あまりに煩雑なプログラムは避けて解説しているので初心者にもわかりやすく、すぐに実務に使えます。サンプルプログラムのダウンロードサービス付き。

著者 岩田宗之
価格 本体3000円(税別)
ISBN 978-4-7980-4018-9
発売日 2013/12/25
判型 B5変
色数 4色
ページ数 840
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ パーフェクトマスター
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

● Chapter 1 VBEの使い方

1.1 ●VBEの起動と基本操作

1.1.1 VBEを起動する

VBEを起動するには(Access2007~2013)

VBEを起動するには(Access2003以前)

1.1.2 コードを追加する

イベントのコードを追加する

マクロをVBAに変換する

コラム コードのたたき台をつくる

1.1.3 VBEのウィンドウ構成

VBEの構成

ウィンドウを閉じる

ウィンドウを開く

ウィンドウの配置を変える

1.1.4 Accessに切り替える

Accessに切り替える

VBEを終了する

1.2 ●モジュールの操作

1.2.1 モジュールを追加する

Access画面でモジュールを追加する

VBE画面でモジュールを追加する

モジュールを開く

モジュールを保存する

コラム Accessにおけるモジュールファイル

コラム 複数のモジュールを保存する

1.2.2 プロシージャを追加する

プロシージャを追加する

イベントコードを追加する

1.2.3 モジュールを操作する

モジュールを削除する

モジュールの名前を変更する

モジュールをエクスポートする

モジュールをインポートする

1.2.4 印刷する

モジュールのコードを印刷する

すべてのモジュールのコードを印刷する

1.3 ●コードの編集

1.3.1 直前の編集を取り消す

直前の編集を取り消す

取り消した操作をやり直す

1.3.2 テキストをコピーする

テキストを範囲選択する

1行選択する

単語を選択する

プロシージャを選択する

テキストを移動させる

テキストをコピーする

1.3.3 テキストを検索、置換する

テキストを検索する

コラム パターンマッチング

テキストを置換する

1.3.4 インデントを付ける

インデントを付ける

インデントを解除する

1.3.5 コメントブロック

コメントブロック

非コメントブロック

1.4 ●効率的な移動

1.4.1 ブックマークを使う

ブックマークを付ける

ブックマークに移動する

ブックマークを解除する

ブックマークをすべて解除する

1.4.2 プロシージャに移動する

プロシージャボックス

定義に移動する

元に戻る

1.5 ●コードアシスト機能

1.5.1 入力の補完

メソッドの一覧

定数の一覧

入力候補

1.5.2 ヒントを表示する

クイックヒント

1.6 ●オブジェクトブラウザー

1.6.1 オブジェクトブラウザーの基礎

オブジェクトブラウザーを起動する

オブジェクトブラウザーの構成

ライブラリを選択する

メンバーを表示する

表示履歴をたどる

1.6.2 オブジェクトブラウザーの操作

クラスやメンバーを検索する

定義へ移動する

名前をコピーする

ヘルプを表示する

コラム オブジェクトブラウザーの重要性

1.7 ●ヘルプ

1.7.1 ヘルプを開く

ヘルプを開く

質問を入力する

関数やクラスのヘルプを開く

MSDNホームページを開く

コラム MSDNを使う

1.7.2 ヘルプの構成

ヘルプの構成

メンバーのヘルプ(1)

メンバーのヘルプ(2)

1.8 ●設定とカスタマイズ

1.8.1 参照設定をする

参照設定ダイアログを開く

参照設定を追加する

ファイルへの参照を追加する

1.8.2 オプション設定

オプション画面を開く

編集の設定

テキストエディターの設定

全般設定

ウィンドウのドッキング設定

コラム ドッキングとは

1.8.3 ツールバーを設定する

ツールバーを表示する

コマンドを追加する

ツールバーを追加する

コマンドの配置をカスタマイズする

ツールバーの設定をする

Q&A

●Chapter 2 デバッグ

2.1 ●コードの実行制御

2.1.1 コードを実行する

フォームを実行する

現在表示しているプロシージャを実行する

マクロとして実行する

実行するコードを直接入力する

2.1.2 実行を中断する

実行を中断する

実行を終了する

ブレークポイントを設定する

ブレークポイントをすべて解除する

コラム 実行中の編集

2.1.3 実行を再開する

実行を再開する

ステップ実行する

指定行まで実行する

現在実行中のステートメントを表示する

次のステートメントを設定する

2.2 ●状態を確認する

2.2.1 ローカルウィンドウの操作

ローカルウィンドウとは

変数の値を変更する

2.2.2 ウォッチウィンドウの操作

ウォッチウィンドウとは

ウォッチ式を設定する

ウォッチ式の編集

ウォッチ式の削除

クイックウォッチ

2.2.3 呼び出し履歴の操作

呼び出し履歴を表示する

呼び出し元を表示する

コラム デバックの時間を短縮するために心がけること

2.2.4 ウォッチで実行を中断する

指定した条件で実行を中断する

値が変化したとき実行を中断する

コラム ループの内側をデバッグする

2.3 ●デバッグ用のコード

2.3.1 値を表示する

値をイミディエイトペインに表示する

2.3.2 値が真であることを確認する

コラム アサーションとは

値が真であることを確認する

2.3.3 実行を中断する

実行を中断する

コラム プリントデバッグ

Q&A

●Chapter 3 VBAの基本構文

3.1 ●VBAの文法

3.1.1 VBAの構造

3.1.2 ステートメント

3.1.3 式

3.1.4 識別子

コラム 行継続文字

3.2 ●VBAのデータ型

3.2.1 整数型

3.2.2 浮動小数点数型

コラム 浮動小数点数形式とは

3.2.3 通貨型

3.2.4 日付型

コラム 日付型の内部表現

3.2.5 論理型

コラム 数値型との相互変換

3.2.6 文字列型

3.2.7 バリアント型

3.3 ●変数を使う

3.3.1 変数を定義する

コラム 暗黙的な宣言

変数を使う

コラム 変数の名前

コラム 変数の初期値

3.3.2 定数を定義する

定数を使う

3.3.3 静的変数を定義する

コラム リセット

静的変数を使う

3.3.4 空値を判別する

空値を使う

3.3.5 ヌル値を判別する

ヌル値を使う

コラム ヌル値と空値の違い

3.4 ●演算子

3.4.1 数値計算をする

コラム 日付や論理値の数値計算

数値計算の結果を確認する

コラム 演算子の優先順位

3.4.2 文字列の連結

文字列連結の結果を確認する

3.4.3 比較

コラム 文字列の大小比較

比較演算子の結果を確認する

3.4.4 論理演算子

コラム Trueの値

論理演算子の結果を確認する

3.5 ●制御構文

3.5.1 条件判断をする

If文の動作を確認する

3.5.2 指定箇所に実行を移す

GoTo文の動作を確認する

3.5.3 値に応じて処理を切り替える

コラム Case文を省略しない

Select Case文の動作を確認する

3.5.4 値に応じた飛び先へ移動する

3.5.5 指定回数繰り返す

For文の動作を確認する

3.5.6 指定条件を満たすまで繰り返す

Do文の動作を確認する

3.5.7 繰り返し処理を中断する

Exit文の動作を確認する

3.6 ●配列を使う

3.6.1 配列の宣言と使用

配列の動作を確認する

3.6.2 動的配列

動的配列の動作を確認する

バリアント変数に動的配列を格納する

3.6.3 多次元配列

多次元配列の動作を確認する

3.6.4 配列を消去する

3.6.5 配列の大きさを取得する

LBound関数とUBound関数の動作を確認する

3.6.6 配列の要素に対して繰り返し処理をする

For Each文の動作を確認する

コラム 配列とコレクションの違い

3.7 ●エラー処理をする

3.7.1 エラー時の処理を指定する

On Error文の動作を確認する

3.7.2 エラーから復帰する

Resume文の動作を確認する

3.7.3 エラー情報を取得する

コラム エラー処理の分類

Errオブジェクトの動作を確認する

3.7.4 エラーを発生させる

コラム ユーザー定義のエラー番号

エラーを発生させる文の動作を確認する

Q&A

●Chapter 4 モジュールとプロシージャ

4.1 ●プロシージャの定義と呼び出し

4.1.1 プロシージャを呼び出す

コラム 引数の省略

4.1.2 プロシージャを定義する

コラム 関数の返値

コラム 引数とは

引数のある関数を定義する

アクセス制限の効果を確認する

4.1.3 値渡しと参照渡し

参照渡しと値渡しの違いを確認する

4.1.4 引数を省略する

引数を省略したときの動作を確認する

4.1.5 引数をまとめて受け取る

ParamArrayキーワードの動作を確認する

4.2 ●モジュールごとの定義

4.2.1 モジュール変数を定義する

モジュール変数の動作を確認する

4.2.2 列挙型を定義する

Enum文の動作を確認する

列挙型をオプション値として用いる

4.2.3 ユーザー定義型

Type文の動作を確認する

4.3 ●モジュール設定

4.3.1 配列の添字の始まりを設定する

コラム 下限を1に設定する意味

Option Base文の動作を確認する

4.3.2 文字列の比較方法を設定する

Option Compare文の動作を確認する

4.3.3 変数の暗黙定義の有無を設定する Option Explicit

Option Explicit文の動作を確認する

4.3.4 アクセス制限を設定する

Q&A

●Chapter 5 オブジェクト

5.1 ●オブジェクトの操作

5.1.1 オブジェクトを作成する New

オブジェクト作成の動作を確認する

5.1.2 変数に代入する

コラム オブジェクトとは

Set文の動作を確認する

5.1.3 プロパティとメソッドを使う

コラム 既定のプロパティ

プロパティとメソッドの動作を確認する

5.1.4 同じオブジェクトに一連の処理をする

With文の動作を確認する

5.1.5 メソッド名などを動的に指定する

コラム リフレクション

データ型変換関数の動作を確認する

5.2 ●オブジェクトの定義

5.2.1 プロパティを定義する

プロパティの定義をする

コラム モジュールとオブジェクト

5.2.2 メソッドを定義する

メソッドの動作を確認する

5.3 ●イベントの定義と使用

5.3.1 イベントを定義する

イベントの定義をする

5.3.2 イベントを受け取る

イベントを受け取る動作を確認する

5.4 ●コレクション

5.4.1 値を追加、削除する

コレクションへの要素の追加、削除を確認する

5.4.2 要素を取得する

Itemメソッドの動作を確認する

コラム 既定のメソッド

コラム !記号を使う

Q&A

●Chapter 6 VBAのプロシージャ

6.1 ●データ型

6.1.1 データ型を変換する

データ型変換関数の動作を確認する

6.1.2 データ型を判定する

データ型判定関数の動作を確認する

6.1.3 データ型を取得するTypeName,VarType

データ型取得関数の動作を確認する

6.2 ●数値計算

6.2.1 数学関数を使う

数学関数の動作を確認する

6.2.2 数値の符号を操作する

符号を操作する関数の動作を確認する

6.2.3 値を丸める処理

丸め関数の動作を確認する

6.2.4 乱数を使う

コラム 乱数とシード

乱数の動作を確認する

6.2.5 数値がどの範囲に入るかを調べる

Partition関数の動作を確認する

6.3 ●文字列操作

6.3.1 文字数を数える

コラム 後ろにBの付く関数

Len関数の動作を確認する

6.3.2 部分文字列を取得する

部分文字列の取得関数の動作を確認する

6.3.3 部分文字列を置き換える

コラム $が付いた関数

データ型変換関数の動作を確認する

6.3.4 空白を除去する

空白を除去する関数の動作を確認する

6.3.5 文字列を検索する

文字列検索関数の動作を確認する

6.3.6 文字列を置換する

文字列置換関数の動作を確認する

6.3.7 指定したパターンに合致するかどうかを調べる

コラム 文字リストの指定

パターンマッチの動作を確認する

6.3.8 文字列の切り分けと連結

切り分けと連結関数の動作を確認する

6.3.9 文字列を比較するStrComp

文字列の比較関数の動作を確認する

コラム 文字列を比較する

6.3.10 その他の文字列操作関数

その他の文字列操作関数の動作を確認する

6.4 ●表記の変換

6.4.1 16進/8進数に変換する

16進/8進への変換の動作を確認する

6.4.2 文字コードと文字を相互変換する

コラム Asc関数とChr関数のバリエーション

コラム 特殊文字の文字コード

文字列の中に改行を埋め込む

コード系による動作の違いを確認する

6.4.3 数値を文字列で表記する

コラム ロケールとは

数値の表記関数の動作を確認する

6.4.4 日付を文字列で表記する

コラム データの表記で気を付けること

日付の表記関数の動作を確認する

6.4.5 書式を細かく指定する

コラム 数値の書式指定

コラム 文字列の書式指定

コラム 日付の書式指定

コラム 一般的な書式指定文字

Format関数の動作を確認する

6.4.6 大文字/小文字にする

大文字/小文字の変換関数の動作を確認する

6.4.7 文字の種別を変換する

文字種変換関数の動作を確認する

6.5 ●条件判断の関数

6.5.1 条件によって値を選択する

IIf関数の動作を確認する

6.5.2 リストから値を選択する

Choose関数の動作を確認する

6.5.3 条件に対応する値を取得する

Switch関数の動作を確認する

6.6 ●日付の関数

6.6.1 現在の日付や時刻を取得する

現在時刻の取得関数の動作を確認する

6.6.2 日付や時刻の各要素を取得する

日付の要素取得関数の動作を確認する

6.6.3 曜日や月の名前を取得する

曜日の名前を取得する関数の動作を確認する

6.6.4 時刻を加算する

DateAdd関数の動作を確認する

コラム 月末を求める

6.6.5 時刻の差を求める

DateDiff関数の動作を確認する

6.6.6 日付や時刻を作成する

日付や時刻の作成関数の動作を確認する

6.6.7 文字列を日付に変換する

文字列から日付への変換動作を確認する

コラム 年の省略

6.7 ●財務計算の関数

6.7.1 減価償却を計算する

減価償却の計算を確認する

6.7.2 複利計算をする

コラム FV関数の符号の扱い

コラム PV関数の使い方

複利計算の関数の動作を確認する

6.7.3 支払額を計算する

コラム 複利計算とは

ローンの支払額を計算する

6.7.4 キャッシュフローを計算するIRR,MIRR,NPV

コラム キャッシュフローと内部利益率

キャッシュフロー関数の動作を確認する

6.8 ●システム

6.8.1 メッセージを出力する

メッセージダイアログを表示する

6.8.2 値を入力するダイアログを出力するInputBox

ユーザー入力ダイアログを表示する

6.8.3 音を鳴らす

警告音を鳴らす動作を確認する

6.8.4 イベントキューを実行する

コラム イベントキューとは

イベント処理の動作を確認する

6.8.5 他のアプリケーションを起動する

他のアプリケーションを起動させる動作を確認する

6.8.6 キーボードからの入力を発生させる

キー入力を発生させる動作を確認する

6.8.7 IME状態を取得する

IME状態の取得動作を確認する

6.8.8 環境変数を取得する

環境関数を取得する

コラム 環境変数の利用

Q&A

●Chapter 7 ファイルとシステム

7.1 ●フォルダーの操作

7.1.1 カレントフォルダーを操作する

コラム カレントフォルダーの仕組み

カレントフォルダーの変更動作を確認する

7.1.2 ファイルのリストを取得する

ファイルリストの取得動作を確認する

7.1.3 フォルダーを作成、削除する

フォルダー作成の動作を確認する

フォルダー削除の動作を確認する

7.2 ●ファイル操作

7.2.1 ファイルをコピーする

ファイルのコピー動作を確認する

7.2.2 ファイルの名前を変更する

ファイル名の変更動作を確認する

7.2.3 ファイルを削除する

ファイルの削除動作を確認する

7.2.4 ファイルの情報を取得する

ファイル情報の取得関数の動作を確認する

7.2.5 ファイルの属性を取得・設定する

ファイルの属性設定動作を確認する

ファイルの属性取得の動作を確認する

7.3 ●ファイル入出力

7.3.1 ファイルにテキストを書き込む

Print#文の動作を確認する

Write#文の動作を確認する

7.3.2 桁数を割り当てる

桁数の割り当て動作を確認する

7.3.3 ファイルからテキストを読み込む

Line Input#文の動作を確認する

Input#文の動作を確認する

7.3.4 バイナリファイルを読み書きする

コラム データ型と格納形式

コラム ファイルのバッファリング

バイナリファイルへの書き込み動作を確認する

バイナリファイルからの読み込み動作を確認する

バイナリモードでのデータ取得動作を確認する

7.3.5 現在位置を取得・設定する

現在位置の設定動作を確認する

7.3.6 ファイルをロックする Lock,UnLock

ファイル書き込み時のロック動作を確認する

7.4 ●レジストリ

7.4.1 レジストリに値を設定する

レジストリの設定動作を確認する

7.4.2 レジストリの値を取得する

レジストリの取得動作を確認する

7.4.3 レジストリの値を削除する DeleteSetting

レジストリの削除動作を確認する

コラム レジストリとは

Q&A

●Chapter 8 フォーム

8.1 ●フォームの基本操作

8.1.1 フォームを開く

フォームを開く動作を確認する

ダイアログとしてフォームを開く動作を確認する

8.1.2 フォームを取得する

フォームの取得動作を確認する

8.1.3 フォームを閉じる Close

フォームを閉じる動作を確認する

8.1.4 フォームの基本情報を取得、設定する

フォームを不可視にする動作を確認する

タグとフォーム引数を使う

8.1.5 フォームを開くときのイベント

コラム フォームの初期化処理

フォームを開くときのイベントを確認する

8.1.6 フォームを閉じるときのイベント

フォームを閉じるときのイベントを確認する

8.1.7 アクティブウィンドウの変更に対するイベント

アクティブウィンドウの変更に対するイベントの動作を確認する

コラム タブ付きドキュメントによる表示

8.2 ●フォームの表示スタイルを変更する

8.2.1 フォームの表示方法を変更する

コラム 独自のダイアログフォームを作成する

フォームのタイトルを変更する

8.2.2 レコードの表示方法を指定する

レコードの表示方法を変更する

8.2.3 背景画像を設定する

背景画像を動的に変更する

8.3 ●フォームの各種設定をする

8.3.1 フォームの操作を限定する

ユーザーの操作を限定する

8.3.2 ビューを限定する

コラム ビューとは

8.3.3 分割ビューを設定する

分割フォームの分割位置を変更する

8.3.4 エラー時の処理を変更する

エラーメッセージを独自のものに置き換える

8.3.5 一定周期で処理をする

一定周期で処理を実行させる

8.4 ●レコードの設定と操作

8.4.1 レコードソースを設定する

レコードソースを切り替える

コラム 編集不可能になるレコードソース

8.4.2 レコードの状態を取得する

レコードの状態を見分ける

8.4.3 レコードを選択する

選択範囲を取得して一括操作を行う

8.4.4 レコードを移動する

特定のレコードへ移動する

特定のレコードを検索する

8.4.5 フィルターを設定する

コラム 読み込み時にフィルターを適用

フィルターを設定する

8.4.6 並べ替えを設定する

コラム 並べ替え順序の指定

並べ替えを設定する

8.4.7 レコードを編集する

レコードの編集を確定/取り消しする

8.4.8 レコード操作時のイベント

特定の条件で編集を禁止する

レコードの入力チェックをする

8.5 ●セクション

8.5.1 セクションを取得する

8.5.2 セクションの基本情報

セクションの背景色を変更する

8.6 ●ユーザー入力の処理

8.6.1 マウス入力を処理する

マウスクリック時に処理を行う

マウスの移動時に処理を行う

8.6.2 キー入力を処理する

コラム KeyDownイベントとKeyPressイベントの違い

キーが押されたときに処理を行う

コラム 代表的なキーコード

8.7 ●描画

8.7.1 再描画する

コラム ウィンドウの再描画

8.7.2 フォームの大きさの変化に対応する

ウィンドウの大きさが変わったときに処理を行う

Q&A

●Chapter 9 レポート

9.1 ●レポートの基本的な操作と設定

9.1.1 レポートを開く

レポートを開く動作を確認する

9.1.2 レポートを参照する

レポートを参照する動作を確認する

9.1.3 ビューを参照/設定する

9.1.4 空データを検出する

空データを検出する動作を確認する

9.1.5 セクション538

9.2 ●表示をカスタマイズする

9.2.1 ページフォーマット時に発生するイベント

特定のレコードのフォーマットを変更する

特定のレコードの書式を変更する

9.2.2 レポートビューで発生するイベント

レポートビューでの表示を変更する

コラム レポートビューとは

9.2.3 ページに関するプロパティ

改ページを動的に挿入する

9.2.4 グループを使う

コラム グループレベル情報

グループを動的に切り替える

9.3 ●独自の描画をする

9.3.1 図形を描画する

コラム 座標の指定方法

レポートに長方形を描画する

9.3.2 テキストを描画する

レポートに独自のテキストを描画する

9.3.3 色を指定する

色の指定関数の動作を確認する

コラム 光の三原色

9.3.4 線の設定をする

コラム 各演算の意味

線の描画設定による動作の違いを確認する

9.3.5 塗りつぶしの設定をする

塗りつぶしの設定動作を確認する

9.3.6 座標系を設定する

レポートに座標系を設定する

9.3.7 その他の描画設定

コラム 相対座標指定を使いこなす

Q&A

● Chapter 10 コントロール

10.1 ●コントロールの基本操作

10.1.1 コントロールを取得する

コントロールの取得動作を確認する

10.1.2 基本的なプロパティ

コントロールを不可視にする

10.1.3 フォーカスに関する処理

フォーカスを移動させる

10.1.4 配置を変更する

コントロールを動的に配置する

コラム レイアウト機能

10.1.5 表示方法を変更する

コントロールの前景色を変える

10.1.6 背景を設定する

コントロールの背景色を変える

10.1.7 境界線を設定する

コントロールの境界線を変える

10.1.8 表形式レイアウトの表示を変更する

表形式レイアウトの境界線を変える

10.1.9 テキストの表示を設定する

文字の太さを変える

10.1.10 ハイパーリンクを設定する

ボタンにハイパーリンクを設定する

10.2 ●表示をするコントロール

10.2.1 ラベルコントロール

ラベルのテキストを変更する

10.2.2 図形を描画するコントロール

図形コントロールを使う

10.3 ●データを表示、入力するコントロール

10.3.1 基本的なプロパティ

コントロールの値を参照する

コントロールを使用不可にする

10.3.2 データの設定

コラム 入力規則の記述方法

コントロールソースを設定する

入力規則を設定する

10.3.3 データ入力に対するイベント

入力開始時に処理をする

入力チェックをする

10.3.4 タブ順を設定する

タブストップを設定する

10.4 ●テキストボックス

10.4.1 書式を変更する

コラム 定型入力の指定

書式を動的に変更する

入力規則を動的に変更する

10.4.2 テキストボックス独自のイベント

テキスト入力を動的にチェックする

10.4.3 日本語入力の機能

IMEの設定を動的に変更する

10.4.4 その他のプロパティ

テキストボックスの選択状態を変更する

10.5 ●ボタンコントロール

10.5.1 ボタンの外観を設定する

ボタンのテキストを変更する

10.5.2 コマンドボタンを使う

コマンドボタンの役割を変更する

10.5.3 データを表示するボタン

コラム オプショングループとは

ボタンの値を設定する

コラム オプショングループをデータと連動させる

10.6 ●リストを表示するコントロール

10.6.1 リスト項目を設定する

リスト項目の設定を変更する

リスト項目を動的に作成する

10.6.2 複数列のリストを扱う

リストの列数を変更する

コラム Access 2007のコンボボックスの変更点

10.6.3 リスト項目の内容を取得/設定する

リストの値を取得する

10.6.4 リストの選択状態を取得する

リストの値を取得する

10.6.5 リストの表示方法を設定する

10.6.6 コンボボックスを操作する

コンボボックスのドロップダウン状態を制御する

リストにない値が入力されたときの処理をする

10.7 ●その他のコントロール

10.7.1 タブコントロール

コラム Pageオブジェクト

タブコントロールのページの見え方を制御する

10.7.2 サブフォームとサブレポート

サブフォームの対象を切り替える

コラム サブフォームのデザイン時の注意

10.7.3 オブジェクトフレームを設定する

オブジェクトの表示方法を切り替える

10.7.4 オブジェクトフレームからデータを取得する

OLEオブジェクトの内容を変更する

10.7.5 オブジェクトフレームの操作

OLEオブジェクトを操作する

OLEオブジェクトを追加する

10.7.6 添付ファイルコントロール

コラム 添付ファイル型のデータにアクセスする

添付ファイルを追加する

添付ファイルの内容を参照する

Q&A

●Chapter 11 データベースへのアクセス

11.1 ●データベースへの簡易アクセス

11.1.1 データベースからデータを取り出す

データベースからのデータ取得動作を確認する

11.1.2 クエリを実行する

クエリの実行動作を確認する

SQL文の実行動作を確認する

11.2 ●データベース上のデータを処理する

11.2.1 データベースを開く

他のデータベースを開く動作を確認する

11.2.2 クエリを実行する

コラム レコードセット種別

コラム ロック種別

クエリの実行動作を確認する

Accessクエリの実行動作を確認する

レコードセットの取得動作を確認する

11.2.3 クエリの設定をする

パラメーター付きクエリの実行動作を確認する

11.2.4 SQL文を実行する

SQL文の実行動作を確認する

レコードセットの取得動作を確認する

11.3 ●レコードセットを操作する

11.3.1 カーソルの位置を調べる

レコードが含まれているかどうかを判別する

11.3.2 ブックマークを使う

ブックマークの取得動作を確認する

11.3.3 カーソルを移動する

レコードセットの内容を順番に処理する

11.3.4 レコードにアクセスする

レコードセットの内容を修正する

11.3.5 レコードを追加、削除する

レコードを追加する

レコードを削除する

11.3.6 レコードを検索する

レコードを検索する

テーブルの内容を検索する

11.3.7 レコードセットの設定と操作

再クエリの動作を確認する

Q&A

●Chapter 12 アプリケーション全体の設定と操作

12.1 ●アクションを実行する

12.1.1 外部に出力する

コラム DoCmdオブジェクト

ファイルへの出力動作を確認する

プリンターへの出力動作を確認する

12.1.2 ウィンドウを操作する

ウィンドウの操作を確認する

12.1.3 その他のアクション

カーソル形状の変更動作を確認する

12.2 ●プリンターの設定をする

12.2.1 プリンターを取得する

プリンターを設定する

12.2.2 プリンターの設定を取得する

プリンターの設定取得動作を確認する

12.2.3 印刷の設定をする

印刷設定を一時的に変更する

12.2.4 用紙を設定する

用紙設定を一時的に変更する

12.2.5 余白を設定する

余白設定を一時的に変更する

12.3 ●プロジェクトの設定を取得する

12.3.1 データベースファイルの情報を取得する

データベースファイルの情報取得動作を確認する

12.3.2 データベースオブジェクトにアクセスする

データベースオブジェクトの情報取得動作を確認する

12.4 ●アプリケーション全体の設定と操作

12.4.1 バージョン情報や環境情報を取得する

バージョン情報の取得動作を確認する

12.4.2 アプリケーション全体を操作する

コラム Applicationオブジェクト

アプリケーションを終了する

オプション設定を変更する

12.4.3 ファイルダイアログを表示する

ファイルダイアログの動作を確認する

12.4.4 Webと連携する

ウェブページを開く動作を確認する

12.4.5 ユーティリティ関数を実行する

指定した式を実行する

Q&A

●Chapter 13 他アプリケーションとの連携

13.1 ●DLLを使用する

13.1.1 DLL関数を宣言する

コラム WindowsのDLL

DLL関数の呼び出し動作を確認する

13.1.2 ハンドルや関数ポインターを指定する

コールバック関数の指定方法を確認する

ハンドルの指定方法を確認する

13.2 ●Excelと連携する

13.2.1 Excelを起動する

コラム ActiveXオブジェクトを開く簡単な方法

Excelを起動する781

Excelを起動する(参照設定)

13.2.2 Excelを操作する

Excelへの操作方法を確認する

13.2.3 Excelブックを操作する

Excelブックへの操作方法を確認する

13.2.4 Excelのセルにアクセスする

Excelシートへ値を書き込む方法を確認する

Q&A

●Chapter 14 SQL

14.1 ●データを取得する

14.1.1 SELECT文の基本

コラム SQL文の表記

SELECT文の動作を確認する

14.1.2 抽出条件を設定する

抽出条件を指定する

上位のレコードを抜き出す

重複を除外する

14.1.3 複数のテーブルを連結する

テーブル結合の動作を確認する

ユニオンの動作を確認する

14.1.4 グループ化と並べ替え

グループ化の動作を確認する

14.2 ●関数を使用する

14.2.1 SQL特有の演算子

SQL特有の関数の動作を確認する

14.2.2 集計関数

集計関数の動作を確認する

14.2.3 サブクエリ

サブクエリを使って他テーブルの値を参照する

サブクエリの動作を確認する

14.3 ●テーブルを操作する

14.3.1 レコードの追加

単一レコードの追加動作を確認する

複数レコードの追加動作を確認する

14.3.2 レコードの更新

レコードの更新動作を確認する

14.3.3 レコードの削除

レコードの削除動作を確認する

Q&A

PR

秀和システム