IBM Domino Designer 9.0 Social Edition開発者ガイド

概 要

IBM Domino Designer 9.0 Social Editionの開発者向け書籍です。グループウェア用ミドルウェアであるLotusシリーズのサーバソフトウエアDominoが、9.0からLotusのブランド名が外れ、IBM Domino 9.0となりました。ソーシャル機能やモバイル機能が強化され、またIBM SametimeやIBM Connectionsといった関連商品との連携も一層強化されています。本書は、IBM Dominoの利用者がNotes/Dominoアプリケーションの開発に着手できるよう、新機能と基本的な使い方、Noteデータベースの各設計要素、プログラミング、クライアントアプリケーション開発手順、クライアントアプリケーションのWeb化、他システムとの連携やモバイル開発を実例を示しながら解説しています。

著者 佐藤権一、西塚麻弥、上ノ山俊秀、北楯良子
価格 本体4750円(税別)
ISBN 978-4-7980-4025-7
発売日 2013/12/25
判型 B5変
色数 1色
ページ数 1024
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Part I IBM Domino Designer入門

Chapter01 IBM Domino Designer 9.0の新機能

01-01 JAR設計要素

01-02 パレット状態保存機能

01-03 イメージリソース用のPNGファイルサポート

01-04 XPagesソースエディタのハイパーリンクナビゲーション機能

01-05 プリファレンスの変更

01-06 アプリケーションを閉じる機能

01-07 データソースの構成パネル

01-08 Domino Designerの使いやすさの向上

01-09 アプリケーションナビゲータの変更点と追加点

01-10 [作業セット内にないアプリケーション]機能

01-11 XPages

01-11-01 XPages拡張ライブラリ

01-11-02 モバイルサポート

01-12 サーバーサイドJavaScriptデバッガ

01-13 LotusScriptエディタでの自動インデントの設定

01-14 [メールの送信]シンプルアクションの追加

01-15 カレンダーとスケジュール

01-15-01 LotusScriptクラス

01-15-02 Javaクラス

Chapter02 Domino Designerの概要

02-01 Domino Designerの起動

02-01-01 スタートメニューからの起動

02-01-02 ショートカットアイコンから起動

02-01-03 Notesクライアントから起動

02-01-04 Domino Administratorのブックマークアイコンから起動

02-01-05 データベースを指定して起動

02-02 Domino Designerの画面(パースペクティブ)

Chapter03 ヘルプ文書の参照方法

Part II Notesアプリケーションの設計要素

Chapter04 Notesアプリケーションの概要

04-01 アプリケーション

04-02 データベース

Chapter05 Notesアプリケーションの作成

05-01 テンプレートを使ったアプリケーションの作成

05-02 既存のデータベースをコピー

05-03 データベースを最初から作成

Chapter06 フォーム

06-01 フォームで収集する情報の検討

06-02 フォームの作成

06-03 フォームのプロパティ

06-04 サブフォーム

06-05 レイアウト領域・レイヤー

06-06 セクション

06-07 表

06-08 埋め込み設計要素・埋め込みコントロール

06-09 イメージ

06-10 プロフィールフォーム

Chapter07 フィールド

07-01 フィールドの作成

07-01-01 単独で使用するフィールドの作成

07-01-02 共有フィールドの作成

07-02 フィールドの作成例

07-02-01 掲示板によく使われるフィールド

07-02-02 編集可能フィールド

07-02-03 計算結果フィールド

07-02-04 フィールドの表示・非表示のコントロール

Chapter08 ビュー・フォルダ・ナビゲータ

08-01 ビューとフォルダ

08-01-01 アウトラインビューとカレンダービュー

08-01-02 共有ビューと個人ビュー

08-01-03 ビューに表示する文書の選択

08-01-04 列

08-01-05 ビューのスタイル

08-01-06 カテゴリ

08-01-07 デフォルトビュー

08-01-08 フォルダの設計

08-02 ナビゲータ

Chapter09 フレームセット・ページ・アウトライン

09-01 フレームセット

09-02 ページ

09-03 アウトライン

Chapter10 アクション・ボタン・ホットスポット

10-01 アクション

10-02 ボタン

10-03 ホットスポット

Chapter11 共有設計要素

11-01 共有アクション

11-02 イメージ

11-03 スクリプトライブラリ

11-04 共有Javaファイル

11-05 CSS(カスケードスタイルシート)

11-06 ファイルリソース

Chapter12 XPages

Chapter13 エージェント

13-01 エージェントの作成

13-02 スケジュールで実行するエージェント

13-03 イベントをトリガーとして実行するエージェント

13-04 エージェントの実行とセキュリティ

13-04-01 データベースのACL

13-04-02 エージェントのプロパティ

13-04-03 サーバー文書の設定

13-04-04 制限付きクラスおよびメソッド

13-04-05 制限付きプログラミング言語操作

13-05 エージェントの作成例

13-05-01 シンプルアクションのエージェント

13-05-02 式のエージェント

13-05-03 LotusScriptのエージェント

Part III プログラミング

Chapter14 プログラミングの概要

Chapter15 Domino Designerを利用したプログラミング

15-01 式とスクリプトを使用する場所のガイドライン

15-02 式やスクリプトの操作権限を制限する

Chapter16 式言語

16-01 構文規則

16-01-01 変数

16-01-02 定数

16-01-03 演算子

16-01-04 @関数、@コマンド

16-01-05 キーワード

16-02 使用できる場所とセキュリティ

16-02-01 @関数が使用できる場所

16-02-02 操作制御リスト(ECL)に影響される@関数と@コマンド

16-03 式言語の使用例

Chapter17 LotusScript言語

17-01 構文規則

17-01-01 ステートメント

17-01-02 リテラル

17-01-03 識別子、ラベル、キーワード、特殊文字

17-02 データ型、変数、定数

17-02-01 データ型の概要

17-02-02 変数と定数

17-02-03 型変換

17-02-03-01 自動または暗黙的な型変換

17-02-03-02 明示的な型変換

17-03 式と演算子

17-04 関数、サブルーチン、プロパティ

17-04-01 関数

17-04-02 サブルーチン

17-04-03 プロパティ

17-04-04 使用例

17-05 エラー処理

17-05-01 エラー情報の取得

17-05-02 エラー発生時の制御

17-06 LotusScript/COM/OLEクラス

17-06-01 Database(バックエンド)クラス

17-06-02 UI(フロントエンド)クラス

17-06-03 LotusScriptのクラスの使用例

17-07 ユーザー定義のデータ型とクラス

17-07-01 ユーザー定義のデータ型

17-07-02 ユーザー定義のクラス

Chapter18 JavaScriptの利用

18-01 JavaScriptで利用できるイベント

18-02 HTMLでのJavaScriptの利用

18-03 NotesクライアントでのJavaScriptの利用

18-04 JavaScriptライブラリの利用

Chapter19 Java/CORBAクラス

19-01 LotusScriptとの主な違い

19-02 lotus.dominoパッケージを利用するJava開発環境

19-03 lotus.dominoパッケージを利用するJava実行環境

19-04 Java言語で開発する際の留意事項

Part IV クライアントアプリケーションの開発

Chapter20 クライアントアプリケーション開発の概要

Chapter21 掲示板アプリケーションの作成

21-01 新規アプリケーションを作成する

21-02 フォームを作成する

21-02-01 新規フォームの作成

21-02-02 フィールドの作成

21-02-03 アクションボタンの作成

21-03 ビューを作成する

21-03-01 作成日順ビューの作成

21-03-02 作成日順ビューにアクションボタンを作成

21-03-03 残りのビューの作成

21-04 アウトラインの作成

21-05 ページを作成する

21-05-01 アウトラインページの作成

21-05-02 タイトルページの作成

21-06 フレームセットの作成

21-07 ACLを設定する

21-08 一時保存機能を追加する

21-08-01 読者フィールドと一時保存アクションの追加

21-08-02 フォームに文書の状態を表示するフィールドを追加

21-08-03 ビューに文書の状態を表示する列を追加

21-09 公開先指定機能を追加する

21-10 [保存]アクションと[閉じる]アクションの操作性を改善する

21-11 ウィンドウタイトルを設定する

21-12 キーワード選択機能を改善する

21-13 管理者機能の追加

Chapter22 ワークフローアプリケーションの作成

22-01 作成の準備

22-02 承認者フィールドの追加

22-03 申請アクションの追加

22-04 承認・否認アクションの追加

22-05 再申請アクションの追加

22-06 申請中・承認済文書の編集制限

22-07 ワークフローの動作確認

22-08 作成者の編集制御

Chapter23 文書管理アプリケーションの作成

23-01 作成の準備

23-02 版管理フィールドの追加

23-03 改版アクションの追加

23-04 承認アクションの変更

23-05 最新版と旧版表示ビューの作成

23-06 アウトラインへのビューの追加

23-07 改版の動作確認

Chapter24 カレンダーのインポートとエクスポート

24-01 エクスポート

24-02 インポート

Chapter25 セキュリティ設定

25-01 アクセス制御リスト(ACL)

25-01-01 ACLのアクセスレベル

25-01-02 ACLのアクセスレベル権限

25-01-03 ユーザー、サーバー、グループのアクセス権の設定

25-01-04 ユーザーの種類

25-01-05 レプリカでACLを共通にする

25-01-06 フルアクセスアドミニストレーター権限

25-01-07 インターネット名とパスワードのアクセス制御

25-01-08 プログラムによるACLの変更

25-01-09 ACLの優先順位

25-02 設計のアクセス制御

25-02-01 ビューの制御

25-02-02 フォームでの制御

25-02-03 設計の非表示

25-03 文書のアクセス制御

25-03-01 [作成者]フィールド

25-03-02 [読者]フィールド

25-03-03 制限付きセクション

25-04 ロール

25-04-01 ロールの作成

25-04-02 ロールの利用

25-05 操作制御リスト(ECL)

25-05-01 ECLの設定方法

25-05-02 ECLの影響を受ける式言語

25-05-03 ECLの影響を受けるスクリプト

Chapter26 ヘルプ

26-01 ポリシー文書や使用法文書の作成手順

26-02 ポリシー文書

26-03 使用法文書

Part V Webアプリケーションの開発

Chapter27 Dominoサーバーの設定

27-01 Dominoサーバーの設定

27-01-01 Dominoサーバー起動時にHTTPタスクを自動で起動

27-01-02 Dominoサーバー動作中にHTTPタスクを手動で起動

27-02 Webユーザーの登録

27-03 HTTPセッション認証の設定

27-04 ホームURLのマッピング

Chapter28 Webセキュリティの設定

28-01 データベースのURL参照の禁止設定

28-02 匿名ユーザーの設定

28-02-01 データベース単位での匿名ユーザーのアクセス権限設定

28-02-02 サーバー単位での匿名ユーザーのアクセス権限設定

28-03 Webユーザーのアクセス上限の設定

28-04 エージェント実行権限の設定

28-04-01 Dominoサーバーのセキュリティ設定

28-04-02 データベースのエージェント設定

28-05 ログイン画面のカスタマイズ

Chapter29 従来のWebアプリケーションの開発

29-01 開発前の準備

29-02 Webアプリケーションを開発する場合の開発言語の注意

29-02-01 @Command

29-02-02 @関数

29-02-03 LotusScript

29-03 Webアプリケーションを開発する場合に注意が必要な設計要素

29-03-01 フォーム

29-03-02 アクション

29-03-03 フィールド

29-03-04 表

29-03-05 文字

29-03-06 ビュー

29-03-07 ビューアプレット

29-03-08 フレーム

29-03-09 ナビゲータ

29-03-10 エージェント

29-04 Domino URLコマンド

29-04-01 データベースの認証URLコマンド

29-04-02 データベースを開くURLコマンド

29-04-03 ビューを開くURLコマンド

29-04-04 フォームを表示するURLコマンド

29-04-05 文字検索のURLコマンド

29-04-06 その他のURLコマンド

29-05 CGI変数

29-06 混在環境での注意

Chapter30 XPages

30-01 XPagesでの開発

30-01-01 開発環境

30-01-02 特徴と利点

30-01-03 アプリケーション開発における新機能

30-01-04 XPages拡張ライブラリのコントロール

30-01-05 SSJSで利用可能な@関数

30-01-06 SSJSで利用可能なDominoオブジェクトクラス

30-01-07 SSJSで利用可能なXSPオブジェクトクラス

30-01-08 バージョンアップによるXPagesの互換性について

30-02 OneUIの利用

30-02-01 OneUIテーマの種類

30-02-02 ページレイアウトの構成

30-03 サンプルアプリケーション

30-03-01 開発開始前の設定

30-03-02 ページの作成

30-03-03 ビューの作成

30-03-04 ナビゲータの作成

30-03-05 フォームの作成

30-03-06 スクリプトライブラリの作成

30-03-07 ボタンの作成

30-03-08 画面レイアウトの作成

30-03-09 XPageの作成

30-03-10 アプリケーションのプロパティの設定

Chapter31 WebDAVの利用

31-01 Dominoサーバーの設定

31-02 Notesデータベースの設定

31-03 WebDAVクライアントの設定

Chapter32 Domino XMLの利用

32-01 Domino DesignerのXMLツール

32-01-01 エクスポータ

32-01-02 ビューアー

32-01-03 トランスフォーマー

32-01-04 Domino設計要素をDXLで編集

32-02 DominoデータのXML出力

32-02-01 フォームを利用したXML出力

32-02-02 ビューを利用したXML出力

32-02-02-01 "?ReadViewEntries"URLコマンドの利用

32-02-02-02 パススルーHTMLの利用

32-02-03 LotusScriptやJavaを利用したXML出力

32-03 Domino Object Modelの利用

Chapter33 Webサービス

33-01 Webサービスの基本的知識

33-01-01 Webサービスの基本技術

33-01-02 Webサービスの提供と利用方法

33-02 Webサービスの利用

33-03 Webサービスの構築

Chapter34 RSSフィードの活用

34-01 RSS Feed Generatorデータベースを使用したRSSフィールド

34-01-01 Dominoサーバーの出力エンコード設定

34-01-02 RSS Feed Generatorデータベースの作成

34-01-03 RSS Feed Generatorデータベースに対象のデータベースを登録

34-02 RSSフィードの購読

34-02-01 WebブラウザーからRSSフィードを購読する

34-02-02 NotesクライアントからRSSフィードを購読する

34-03 NotesデータベースにRSSフィード用ページを追加

34-03-01 開発するRSSフィードの概要

34-03-02 RSSフィードを生成するビューを作成する

34-03-03 RSSフィードを生成するページを作成する

Part VI ソリューション開発

Chapter35 基幹データへの接続

35-01 ODBCデータソースへの@Dbコマンド

35-01-01 ODBCデータソースの作成

35-01-02 ODBCデータソースへの@DbColumnコマンド

35-01-03 ODBCデータソースへの@DbLookupコマンド

35-01-04 ODBCデータソースへの@DbCommandコマンド

35-01-05 ODBC接続の無効化

35-02 LotusScriptデータオブジェクト(LS:DO)

35-03 DECS

35-03-01 DECSを利用する際の手順の概要

35-03-02 DominoサーバーでのDECSの設定

35-03-03 NotesクライアントへのDECSのインストール

35-03-04 データソースへの接続テスト

35-03-05 DECS AdministratorデータベースにConnection文書を作成

35-03-06 DECS AdministratorデータベースでActivity文書を作成

35-03-07 Activityの実行

35-04 DCR

35-04-01 データベースでDCRを有効化

35-04-02 データコネクションリソースの作成

35-04-03 DCRで連携するフォーム設計

35-04-04 外部レコードのインポート

35-04-05 データコネクションの動作確認

35-05 LSX for Lotus Connectors(LC LSX)

35-06 IBM Enterprise Integrator(IEI)

35-06-01 IEIを利用する際の手順の概要

35-06-02 IEIの入手とインストール

35-06-03 DominoサーバーでのIEIの設定

35-06-04 Connection文書の作成

35-06-05 Activity文書の作成

35-06-06 Activityの実行

35-07 Notes SQL

35-07-01 Notes SQLの入手

35-07-02 Notes SQLの初期設定

35-07-03 Notes SQLを利用したNotesアプリケーションへの接続の実際

Chapter36 C/C++ API Toolkit

36-01 C/C++ API Toolkitの概要

36-02 C/C++ API Toolkitの入手

36-03 C API Toolkitの環境設定

36-03-01 環境変数の設定

36-03-02 コンパイラオプションの指定

36-03-03 リンカーの設定

36-03-04 ソースコードの設定

36-04 Visual Studio 2012とC API Toolkitを用いた開発の実際

36-04-01 開発するサンプルプログラムの概要

36-04-02 プロジェクトの作成

36-04-03 プロジェクトプロパティの設定

36-04-04 ソースコードの入力

36-04-05 ソリューションのビルド

36-04-06 ロードモジュール(.exe)の実行

36-04-07 リリース版ロードモジュールの作成

Chapter37 インスタントメッセージ機能の追加

37-01 フィールドでインスタントメッセージ機能を有効にする

37-02 ビュー画面でインスタントメッセージ機能を有効にする

Chapter38 Microsoft Component Object Modelの利用

38-01 COMを利用したIBM Notes/Dominoのアクセス

38-01-01 COMを利用するためのSessionオブジェクトの作成

38-01-02 COMを利用したMicrosoft ExcelからのNotes/Dominoのアクセス

38-02 Notes/DominoからのCOMの利用

Chapter39 モバイルデバイス用のアプリケーションの開発

39-01 Domino Data Serviceの利用

39-01-01 Domino Data Service利用の準備

39-01-02 Database Collectionリソース(GET)

39-01-03 View/Folder Collectionリソース(GET)

39-01-04 View/Folder Designリソース(GET)

39-01-05 View/Folder Entriesリソース

39-01-06 View/Folder Entryリソース

39-01-07 Document Collectionリソース

39-01-08 Documentリソース

39-02 XPagesモバイルコントロールの利用

39-02-01 XPagesモバイルコントロールの概要

39-02-02 XPagesモバイルコントロールの利用の準備

39-02-03 XPagesモバイルコントロールを利用したアプリケーションの開発

Chapter40 ウィジェットとLive Text

40-01 ウィジェットとLive Text利用の準備

40-02 ウィジェットの作成

40-02-01 Googleガジェットを例にしたウィジェットの作成

40-02-02 検索エンジンの追加

40-03 テキストコンテンツとウィジェットのワイヤリング

40-04 Live Textとウィジェットとワイヤリング

40-04-01 Live Text認識機能の構成

40-04-02 Live Textで認識したテキストとウィジェットのワイヤリング

40-05 ウィジェットカタログを利用しないウィジェットの配布

40-05-01 ウィジェットをメールで配布

40-05-02 ウィジェットをXMLファイルで配布

40-06 ウィジェットカタログを利用したウィジェットの配布

40-06-01 ウィジェットカタログアプリケーション利用の準備

40-06-02 ウィジェットカタログを利用したウィジェットの配布

40-06-03 ウィジェットカタログで配布したウィジェットの変更

40-06-04 ウィジェットカタログで配布したウィジェットの削除

40-07 Web化したNotesアプリケーションの認証情報を引き継ぐ

Chapter41 Open Socialアプリケーションの開発

41-01 Open Social APIを利用するための準備

41-01-01 Dominoディレクトリの要件

41-01-02 Notesクライアントの設定

41-01-03 Dominoサーバーの設定

41-01-04 oAuthトークンアプリケーションのセットアップ

41-01-05 ウィジェットカタログアプリケーションの設定

41-01-06 Web SSO文書の設定

41-01-07 管理アカウントの作成

41-01-08 ポリシーのセットアップ

41-02 Open Socialガジェット

41-02-01 ガジェットXMLファイルの概要

41-02-02 Open Socialガジェットの作成

41-02-03 Gadject XMLファイルの構文

41-03 メールでのEmbeted Experience

41-03-01 Open Socialガジェットを利用したEmbeted Experienceメール

41-03-02 Webページ(URL)を利用したEmbeted Experienceメール

41-04 IBM ConnectionsのActivity StreamとEmbeted Experience

Part VII アプリケーションの展開と保守

Chapter42 アプリケーションの展開

42-01 アプリケーションのバージョン管理

42-01-01 アプリケーションのポリシー文書の利用

42-01-02 設計テンプレートの“$TemplateBuild”共有フィールドの利用

42-01-03 バージョン情報フォームを作成

42-02 設計テンプレートの作成

42-02-01 設計テンプレートの作成

42-02-02 設計テンプレートからのACL設定

42-03 設計の隠ぺい

42-03-01 Notesアプリケーションの設計を隠す

42-03-02 LotusScriptのコードを隠す

42-04 アプリケーションの作成

42-04-01 設計テンプレートをクライアントPCにコピーする

42-04-02 設計テンプレートに署名する

42-04-03 設計テンプレートのACLを設定する

42-04-04 設計テンプレートをDominoサーバーにコピーする(任意)

42-04-05 Dominoサーバーにデータベースを作成する

42-04-06 Dominoサーバーに作成したアプリケーションのACLを設定する

42-04-07 データベースのプロパティを設定する(任意)

42-04-08 Notesアプリケーションの全文索引を作成する(任意)

42-04-09 Notesアプリケーション固有の環境設定を行う

42-04-10 定期実行エージェントをスケジュールする(任意)

42-04-11 利用者に作成したNotesアプリケーションを周知する

42-05 アプリケーションの設計置換

42-05-01 designサーバータスクによる再設計

42-05-02 convertサーバータスクによる設計置換

42-05-03 Notesクライアントによる再設計

42-05-04 Notesクライアントによる設計の置換

42-06 データベースの再配置

42-06-01 システム管理プロセスを利用してデータベースファイルを移動する

42-06-02 システム管理プロセスを利用せずに別サーバーにデータベースファイルを移動する

42-06-03 システム管理プロセスを利用せずに同一サーバーにデータベースファイルを移動する

42-06-04 ディレクトリリンクやデータベースリンクの利用

Chapter43 データベースの保守管理

43-01 データベースの一覧

43-01-01 Domino Administratorの[ファイル]タブの利用

43-01-02 カタログ(catalog.nsf)の利用

43-01-03 show directory サーバーコマンドの利用

43-01-04 アプリケーションライブラリデータベース(dblib4.ntf)の利用

43-02 データベースの使用状況の調査

43-02-01 [ユーザーの使用状況]ダイアログの利用

43-02-02 ログデータベース(log.nsf)の利用

43-02-03 コンソールログファイル(console.log)の利用

43-02-04 Webサーバーログ(domlog.nsf)の利用

43-03 アカウントの調査

43-03-01 アプリケーションでアカウントの権限を調査

43-03-02 グループ階層の調査

43-03-03 アカウント使用箇所の調査

43-04 データベースの分析

43-05 データベースの圧縮

43-06 データベースの修復

43-06-01 ビュー索引と全文索引の修復

43-06-02 破損したデータベースや破損した文書の修復

43-06-03 破損した文書の排除

43-07 フォームの設計変更の影響を受けた文書の更新

43-07-01 計算結果フィールドを再計算するには

43-07-02 フィールドを追加するには

43-07-03 フィールドを削除したい場合には

43-07-04 フィールド名を変更したい場合には

43-07-05 文書を別のフォームに割り当て直す

Chapter44 アプリケーションのデータ管理

44-01 データのインポート

44-01-01 ビュー画面で複数文書のインポート

44-01-02 リッチテキストフィールドにファイルをインポート

44-02 データのエクスポート

44-02-01 ビュー画面で複数文書をエクスポート

44-02-02 ビュー画面で複数文書を表としてコピー

44-02-03 フォーム画面で文書をエクスポート

44-03 データのコピー

44-03-01 クリップボードを利用して文書をコピー

44-03-02 Notesデータベースをファイルとしてコピー

Chapter45 デバッグ手法

45-01 設計の一覧

45-01-01 設計要素の一覧

45-01-02 データベース情報の一覧

45-02 ログオプションの利用

45-02-01 メールルーティングのログを取得する

45-02-02 複製のログを取得する

45-02-03 エージェントマネージャの実行ログを取得する

45-02-04 ユーザーセッションのログを取得する

45-02-05 ビューイベントのログを取得する

45-02-06 コネクションログを取得する

45-03 デバッグパラメータの設定

45-03-01 エージェントマネージャの詳細ログ表示

45-03-02 データベースのACL照会ログを表示

45-03-03 データベースオープンログを表示

45-03-04 httpリクエストのログを表示

45-03-05 Web認証ログの取得

45-04 式のデバッグ

45-04-01 @Prompt関数を使った式のデバッグ

45-04-02 式のコメントアウト

45-05 LotusScriptのデバッグ

45-05-01 LotusScriptデバッガの起動と終了

45-05-02 LotusScriptデバッガを利用したデバッグ

45-05-03 LotusScriptコードのコメントアウト

45-05-04 LotusScriptのトレース

45-06 スケジュールしたエージェントのデバッグ

45-06-01 ログデータベース(log.nsf)の利用

45-06-02 エージェントログの利用

45-06-03 Dominoサーバーコマンドの利用

45-06-04 スケジュールしたエージェントのトラブルシューティング

45-06-05 LotusScriptで作成した定期実行エージェントのリモートデバッグ

45-07 クライアントサイドJavaScriptのデバッグ

45-07-01 Microsoft Internet Explorerの開発者ツール

45-07-02 Google Chromeの開発者ツール

45-07-03 Firefoxの開発者ツール

45-07-04 Safariの開発者ツール

45-08 モバイルデバイスのデバッグ

45-08-01 iOSデバイス

45-08-02 Androidデバイス

45-09 サーバーサイドJavaScriptのデバッグ

45-09-01 サーバーサイドJavaScriptのデバッグの準備

45-09-02 サーバーサイドJavaScriptデバッグの開始と終了

45-09-03 [デバッグ]パースペクティブを利用したJavaScriptのデバッグ

45-09-04 XPage実行時エラーページの有効化

45-10 Javaのデバッグ

45-10-01 JavaプログラムをDomino Designerでデバッグするための準備

45-10-02 Domino DesignerでJavaプログラムのデバッグを行う

45-10-03 Javaコードのコメントアウト

45-10-04 Javaコードのトレース

Chapter46 パフォーマンスチューニング

46-01 パフォーマンスを最適化するデータベースのプロパティ

46-01-01 未読マークを使用しない

46-01-02 Last Accessedプロパティを保持

46-01-03 文書の階層情報を使用しない

46-01-04 トランザクションログを無効

46-01-05 文書テーブルマップの最適化

46-02 フォーム設計時の留意点

46-02-01 大量のフィールドの使用

46-02-02 過度のグラフィックの使用

46-02-03 文書にフォームを格納

46-02-04 フィールドの自動更新

46-02-05 共有設計要素の多用

46-03 ビュー設計時の留意点

46-03-01 大量の文書

46-03-02 ビューでの@Now関数または@Today関数の利用

46-03-03 不要な設計要素

46-03-04 非常に複雑な式

46-03-05 複数のカテゴリの使いすぎや過度の索引作成

46-03-06 読者フィールド

46-03-07 最初は個人共有ビュー

46-04 式やコード設計時の留意点

46-04-01 @DbLookUpと@DbColumnの不必要な使用

46-04-02 コレクションの取得方法

46-04-03 フォームやビューでアクションのコードが多すぎる

46-04-04 スクリプトライブラリが多すぎる

46-04-05 負荷の高い処理の繰り返し

46-04-06 文書の検索方法

46-05 低速回線対応時の留意点

46-05-01 文書のロード後にイメージを表示する

46-05-02 クライアントをWebブラウザーにする

46-06 エージェントやWebサービスのパフォーマンス計測

PR

秀和システム