ドラッカーさんに教わった IT技術者が変わる50の習慣

概 要

普通のITエンジニアから、デキるITプロフェッショナルに成長するために、経営学の父ドラッカーから学ぶ50の習慣術です。技術者は会社から「技術」のことは教えてもらえますが、どうやったら「仕事」がうまくいくのかは教えてもらえません。とにかく仕事が遅いと責められる、仕事にミスが多いと指摘される、協調して仕事をすすめるのが苦手など、IT技術者がかかえる悩みをドラッカー流に解決しましょう。本書は、ドラッカーの考え方をもとにITエンジニアに必要なスキル向上のポイント、お客様との話し方、プロジェクトの準備、リーダーの役割など50の項目についてわかりやすく解説しています。ドラッカーの教えを学ぶことで、自分を成長させ、社会に貢献しましょう。

著者 恒川裕康
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4036-3
発売日 2013/12/27
判型 四六
色数 1色
ページ数 296
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 スキル向上の秘訣

知識労働者としての特性を意識する

人間スキルを磨く

社会のために働く

成長の目標を設定する

意識せずに使えることを目指す

早くスキルを身につけるための習慣

先の仕事を予測して技術を学ぶ

論理的に考えるために事実と感情を分ける

仕事に楽しみを見出す

強みにフォーカスする

未経験をチャンスだと考えよう

第2章 生産性向上の秘訣

基本的なスキルであるタイピングを上達させる

現状の効率に満足することなく改善し続ける

重要度、緊急度、難易度を考えて仕事の順番を決める

未完了を減らす

時間泥棒―どこで時間を無駄に食っているかを見つける

仕事を細分化して、より詳細をイメージする

仕事の組み立てを考えて効率をあげる

計画・準備、実行、確認の順に仕事を組み立てる

仕事の品質を向上させる

リスクを意識する

オープンソース型開発を実践する

第3章 コミュニケーション力アップの秘訣

まず人の話を聴くという姿勢であたる

聞き返す習慣を身につける

結論から伝える

自己主張のスキルを身につける

行動や判断について話す

誤りを誠実に謝罪する

第4章 成功するプロジェクト管理の秘訣

プロジェクトの開始前に入念に準備する

プロジェクトの目的を決め、常に意識する

顧客のニーズから始める

プロジェクトの価値を意識する

メンバーが参画してプロジェクトの計画を決める

メンバーの目標を設定する

良い仕事とは何かを定義する

個々のメンバーが、回り道をしていないかをチェックする

メンバーのプロセスを管理する

プロジェクトのリスクと向き合う

定期的にリフレクションを行い、成功体験を共有する

会議ではアイデアを出し尽くす

いろいろな意見を議論し一番良い方法を選ぶ

「私たち」を主語にして議論する

第5章 よいリーダーシップと育成の秘訣

リーダーシップを学び続ける

メンバーに担ってほしい役割を伝える

初心者へは、仕事を教える

中級者はモチベーションを管理する

上級者へは向上を促す

重要度・難易度と緊急度を考えて、仕事を任せる

環境と行動にフォーカスする

終わりに~求められる勇気と倫理

専門家としての自負と勇気を持って働く

PR

秀和システム