仕事でシアワセをつかむ本 就活のための業界幸福度マップ

概 要

あなたは長期就活のドロ沼で悩んでいませんか? 仕事と幸せの関係、仕事を選ぶときの考え方、業界や仕事の特徴、自分がなりたい仕事の分析方法などを解説した就活入門書です。長引く不況で長期雇用は破綻し、グローバル市場における新しい労働者像が求められ、就活をする人にとって本当に苦しい時代になりました。本書は、就職活動に悩んでいる方、せっかく就職したけれど仕事が面白くない方、結婚などで人生の岐路に立った方向けに、これからの人生を幸せにおくるために自分にあった仕事をどうやって選ぶのかをわかりやすく解説しています。就活に悩む前に、本書を読んで自分を幸せにする会社とはなにか、幸せになれる業界はどこかをしっかり考えましょう!

著者 廣川州伸
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-4040-0
発売日 2014/2/8
判型 四六
色数 2色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 そんな就活で幸せになれるのか

・誰もがスポーツ選手になれるわけではない

・長期雇用を求めてはいけない

・三年で三割が退職する現実

・誇張一〇倍のネット情報

・天職は仕事を通して気づくもの

・ほんとうの自分はよくわからない

・会社を通して業界がわかる

・どんな仕事がしたいのか

・可能性を秘めているからこそ考える

・夢やビジョンをもとう

・性格は変わるし変えられる

・担当者は正直な気持ちを感じとりたい

・日本の労働環境は特殊

・グローバル市場の労働者の姿

・熟練工が消えた

・仕事のできる人材だけで戦う時代

・とっくに破綻した長期雇用

・九割は終身雇用を望んでいるが…

・「詐欺師の顔をしてるんだよ」

・真剣に働く人は美しい

・大人こそ「さとり」をひらいた顔してる

・本当の就活とは

・会社の夢が自分の夢

・漁師の幸福度は、漁師しかわからない

Data 平均勤続年数が長い会社

Memo 海賊とよばれた男(出光興産)

Data 有給休暇を取得しやすい会社

Memo 取得率93%(ダイキン工業)

Column 仕事で幸せと感じるとき

第2章 仕事と幸せの関係

・モノサシがまちまちな幸福度

・日本では幸せになれないのか

・人によって異なる幸福感

・幸せは状態のこと

・幸福度を知る方法はあるのか

・幸福度を高める法則とは

・尽くす人は美しい

・働いてみてわかるもの

・幸せを想像する

・苦役があって楽役がある

・幸福は相互作用

・自分の意思で歩む

・天職は空からふってくるものではない

・会社は祈るように見守っている

・仕事とは協力し合うこと

Column 書くことが夢だった

Column 成長できる場所を探そう

第3章 仕事を選ぶための基本的な考え方

・「業界」のまわりで働いてみる

・なりたい「顔」で業界を選ぶ

・平均という数値に意味はない

・ゴールは自分で決める

・働く人の顔を見る

・先輩が幸せであればチャレンジ(個人軸)

・早期の職業教育はナンセンス

・業界という視点をもつ

・待遇だけで幸せが決まるわけではない

・ポジショニングマップは便利

・自分を満足させる(個人軸)

・いっしょに働いてみたい(組織軸)

・幸せの大きさを測る

・仲間がいるから幸福感が増える

・幸せのモノサシは自分で作る

・お客様が目を輝かせたとき

・業界が人を作る

・倒れた人を助けないクライアントを信用しますか

Column 若いみなさんへのメッセージ

第4章 幸福度で就活しよう

・まず、やりたい仕事を考える

・ゴールは新たな生活のスタート

・何をする業界かで分ける

・業界をポジショニング

・幸せマップを描いてみる

・作る仕事で生きたい人へ

・作る業界の例(自動車業界)

・作る業界の例(生活家電業界)

・作る業界の例(食品業界)

・作る業界の例(医薬品業界)

・モノづくりの現場を忘れない東洋システム(作る企業の事例)

Data 女性の採用に積極的な会社

Memo アスリートたちの食事(LEOC)

Data 女性が結婚しても勤務している会社

Memo 長く勤められる工夫(YKK)

Data 女性の管理職を多く輩出している会社

Memo キャリアママチーム(パソナグループ)

・売る仕事で生きたい人へ

・売る業界の例(商社業界)

・売る業界の例(流通業界)

・売る業界の例(アパレル業界)

・売る業界の例(旅行・ホテル業界)

・半径五〇〇mをシアワセにするダイシン百貨店(売る企業の事例)

Column カメだからこそ成長することも

・支える仕事で生きたい人へ

・支える業界の例(ICTサービス業界)

・支える業界の例(マスコミ業界)

・乗る時間をブランド化したいすみ鉄道(支える企業の事例)

Column 掃除で人がわかる

Data 若手への研修が充実している会社

Memo 社員意識調査(ソニー)

エピローグ 再び、仕事で幸せになろう

・幸せのモノサシ

・小手先の技は効かない

・数多くの「ふつう」がある

PR

秀和システム