臨床心理士試験対策心理学標準テキスト(指定大学院入試対応!) '14~'15年版

概 要

臨床心理士指定大学院の受験および臨床心理士資格試験に使える、試験対策教科書です。臨床心理士資格試験を受験するには、臨床心理士専門職大学院か第一種臨床心理士指定大学院を修了するか、第二種臨床心理士指定大学院を終了後、1年以上の実務を経験しなければなりません。本書は、専門職および指定大学院試験と臨床心理士資格試験に対応し、認知心理学や社会心理学といった心理学の一般知識から、臨床心理学、心理学的研究法と心理統計の知識、精神医学、関連法までわかりやすく解説しています。またインターネットの特設サイトに無料の実践問題を多数用意し、受験生が苦手とするロールシャッハ・テストや法律対策の部分も充実させています。赤シート対応。

著者 浅井伸彦ほか(編著)
価格 本体2200円(税別)
ISBN 978-4-7980-4077-6
発売日 2014/3/12
判型 A5
色数 2色
ページ数 344
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ 資格試験
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

・監修者前書き

・編著者前書き

・本書の特長

・臨床心理士資格と、臨床心理士資格試験について

・臨床心理士指定大学院受験について

・第一種指定大学院と第二種指定大学院、専門職大学院の違い

・臨床心理士資格試験の試験内容

・臨床心理士資格試験をクリアするための本書の使い方

・本書を利用した学習スケジュール例(大学からのストレート受験)

・本書を利用した学習スケジュール例(社会人からの受験[大卒資格あり])

・臨床心理士指定大学院の試験内容/臨床心理士指定大学院入試をクリアするための本書の使い方

・臨床心理士資格試験の口述試験対策(面接対策)

・臨床心理士指定大学院入試の口述試験対策(面接対策)

・インターネット上無料コンテンツのお知らせ

・臨床心理学や臨床心理士がさらに用いられるために

・前記「スーパーバイザーサーチ」について

●第1章 「心理学一般」

1-1 心理学の歴史

1-2 認知心理学

1-3 社会心理学

1-4 発達心理学

1-5 教育・学習心理学

1-6 感覚・知覚

1-7 リーダーシップ理論

1-8 ストレスと心的葛藤とは

1-9 パーソナリティ論

1-10 記憶と脳

章末問題

●第2章 「臨床心理学」

2-1 心理臨床面接

2-2 精神分析的心理療法

2-3 ユング心理学

2-4 行動療法・認知療法とは

2-5 人間性心理学

2-6 家族療法

2-7 遊戯療法・箱庭療法

2-8 心理教育と集団に対するアプローチ

2-9 その他の心理療法

章末問題

●第3章 「心理査定」

3-1 心理査定

3-2 質問紙法の心理検査

3-3 投映法の心理検査

3-4 ロールシャッハ・テスト

3-5 知能検査・発達検査

3-6 高次脳機能障害の神経心理学的検査

3-7 家族アセスメント

3-8 心理検査の使い分けとテストバッテリー

章末問題

●第4章 「心理学的研究法と心理統計」

4-1 推測統計学とは

4-2 尺度水準と分布

4-3 信頼性と妥当性

4-4 心理学的研究法

4-5 相関係数とノンパラメトリック検定

4-6 t検定と分散分析

4-7 因子分析と主成分分析

4-8 回帰分析

4-9 共分散構造分析とその他の量的分析

4-10 質的研究法による分析法

●第5章 「精神医学・心身医学」

5-1 精神医学

5-2 気分障害、不安障害、恐怖症

5-3 トラウマ関連障害

5-4 心身症、摂食障害と心気症

5-5 パーソナリティ障害

5-6 統合失調症

5-7 発達障害

5-8 こどもにみられるその他の障害

5-9 高齢者に関する障害と問題

5-10 その他の障害

章末問題

●第6章 「地域援助」

6-1 地域援助とは

6-2 スクールカウンセリング

6-3 諸分野における心理臨床

●第7章 「心理職に関する法律と倫理」

7-1 精神保健・心理臨床に関する法律

7-2 臨床心理士としての倫理

7-3 スーパーヴィジョンと研修

PR

秀和システム