不安解消! 親の入院・介護のしくみと手続きがすぐわかる本

概 要

親が入院したり、介護が必要になった時に備えて、お金の問題や支援制度、認知症の理解などをわかりやすく解説した一般向け介護の入門書です。日本は超高齢化社会となりましたが、入院や介護にどのくらいのお金がかかり、医療保険や介護保険などの支援制度や手続きにどのようなものがあるかは意外と知られていません。本書は、親の入院や介護に直面している方のために、介護保険や医療保険などの仕組みや利用手続きをわかりやすく解説しています。「親が倒れたときにどう行動すればいいのか?」「親が認知症かもしれないが、どうすればいいのかわからない」「高齢者向け住宅や施設はどう選べばいいのか?」などのよくある疑問や不安を手早く解消します。

著者 城島明彦、大津佳明
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4079-0
発売日 2014/3/14
判型 A5
色数 2色
ページ数 256
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 親が元気なうちにやっておきたい事前の備え

1 突然、親が倒れたらどうする?

2 「かかりつけ医」はいますか?

3 親の預金口座や生命保険を知っていますか?

4 親の「住民票」は移す? 移さなくてもいい?

第2章 急変から入院・退院まで

1 親が倒れたら、どう行動したらいい?

2 救急車の上手な呼び方

3 救急車が到着するまでに、やるべきこと

4 「入院手続き」に必要なものは?

5 手術・検査・治療には「同意書」が必要

6 知っていますか? 医療機関の種類と役割

7 「転院するか、入院し続けるか」で迷ったら

8 わかったつもりの「入院知識」、それで大丈夫?

9 退院は介護のはじまり

第3章 医療費のしくみと負担を減らす制度

1 医療保険制度のしくみと種類

2 医療費には、保険適用とそうでない場合がある

3 入院中の「食事代」や「部屋代」に保険はきくのか?

4 医療費が高額になったら、どうすればいいか?

5 「高額療養費」の現金払いを少なくする「認定証」

6 「高額療養費」には「無利子融資」もある

7 「医療費」と「介護費」は合算できる

8 こんな費用にも「医療保険」が適用されている

9 医療費がただになる特別な病気とは?

10 「確定申告」すると、戻ってくる医療費がある

第4章 介護保険制度のアウトライン

1 大まかに理解する「介護保険制度」のしくみ

2 「介護保険サービス」を手っ取り早く理解するには?

3 どんなサービスがよく利用されている?

4 介護保険サービスを受けるにはどうすればいい?

5 「要介護認定までの流れ」をわかりやすく知りたい

6 「聞き取り調査」を受ける前に知っておきたいこと

7 「地域包括ケア」と「地域包括支援センター」の関係は?

8 「地域密着型サービス」って、何?

9 介護保険のサービス費用は地域で異なる

10 要介護1?5と要支援1・2は、どこで区分する?

11 「居宅介護支援事業所」の選び方で気をつけたいこと

12 ケアマネジャー(介護支援専門員)の選び方

13 「ケアプラン」とは?

第5章 介護保険で受けられるサービス

1 介護保険サービスには、どんなものがある?

2 「地域密着型サービス」一覧

3 訪問介護

4 訪問入浴介護

5 訪問看護

6 訪問リハビリテーション

7 居宅療養管理指導

8 夜間対応型訪問介護

9 定期巡回・随時対応型訪問介護看護

10 通所介護(デイサービス)

11 通所リハビリテーション(デイケア)

12 認知症対応型通所介護(デイサービス)

13 認知症対応型共同生活介護(グループホーム短期利用)

14 短期入所生活介護(ショートステイ)

15 地域密着型特定施設入居者生活介護/地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

16 福祉用具貸与・販売

17 住宅改修

18 介護老人福祉施設(特養)/介護老人保健施設(老健)/介護療養型医療施設

19 小規模多機能型居宅介護

20 複合型サービス

第6章 介護費用の負担を減らす制度の活用法

1 介護保険には「利用者負担軽減制度」がいくつもある

2 介護保険の「高額介護サービス費」でお金が戻る

3 障害者の「自己負担額」が軽くなる制度

4 低所得者向けの「居住費+食費」軽減サービス

5 「高齢夫婦世帯」と「被災者」向けの負担減免制度

6 生活保護の一歩手前の人が利用できる制度

7 税金や所得から控除できる介護費用

第7章 在宅医療の賢い受け方

1 医療・介護は「地域包括ケア」へ

2 在宅で受けられる各種医療サービス

3 在宅で医療サービスを受けるには?

4 訪問診療・往診・居宅療養管理指導の違いは?

5 在宅療養支援診療所

6 訪問看護の「医療保険」と「介護保険」の基礎知識

7 「医療サービス」と「介護サービス」の上手な使い分け

8 在宅での「看取り介護」

9 「在宅ホスピス」「緩和ケア病棟」を利用するには?

第8章 認知症の理解と、認知症への支援

1 「認知症かも?」と思ったら

2 「認知症」とは、どんな病気か?

3 認知症の種類と特徴

4 認知症の人と接するときの心得

5 「認知症」に関する相談窓口とサポーター

6 「認知症」の医療機関のいろいろ

7 「精神障害者保健福祉手帳」をもらう方法

8 「自立支援医療制度」(精神科通院医療)の利用のしかた

9 「特別障害者手当」の受給方法

10 「成年後見制度」(法定後見制度と任意後見制度)の知識

11 「任意後見制度」を利用すれば、認知症になっても安心

12 社協の高齢者サポート事業は民間版の成年後見制度

13 「認知症のケア」で家族が悩まないために

14 「若年性認知症」のことも知っておきたい

第9章 高齢者向け住まいの知識

1 「高齢者向け住居選び」で迷わないために

2 「特別養護老人ホーム」(特養)の基礎知識

3 「有料老人ホーム」は3種類ある

4 「高齢者施設」を洗いざらいチェックできる12項目

5 「サ高住」(サービス付き高齢者向け住宅)とは?

6 「ケアハウス」は「軽費老人ホーム」のひとつ

第10章 その他の知識

1 やさしくわかる「生活福祉資金貸付制度」

2 自宅を担保にして年金をもらう「リバースモーゲージ」

巻末資料

1 介護保険・医療保険・周辺制度早わかり分類表

2 福祉機器ミニ事典

3 介護保険サービス 素朴な疑問

PR

秀和システム