ポケット図解 QC七つ道具の基本がわかる本

概 要

事実を図表に表すことで、問題を見える形にし、品質管理や問題解決に役立てる「QC七つ道具」の使い方を、わかりやすく解説した入門書です。QC七つ道具は、パレート図、特性要因図、ヒストグラム、散布図、チェックシート、グラフ、管理図の七つがあります。本書は、企業内のあらゆる分野で活用できる初歩的な統計手法として「QC七つ道具」の基本的な手順やポイントを、豊富な図表と例題をまじえながら解説しています。特に、初心者には少し難しい、ヒストグラム、散布図、管理図については、概念や計算方法は丁寧に図解しています。品質管理と改善の基本的な考え方を理解して、現場の問題の見える化を実現しましょう。言語データ解析手法を章末に収録。

著者 今里健一郎
価格 本体800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4083-7
発売日 2014/4/4
判型 四六
色数 2色
ページ数 152
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ ポケット図解
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 QC七つ道具の活用

1-1 品質特性とデータ

1-2 事実による管理

1-3 QC七つ道具とは

1-4 QC的考え方とQC七つ道具

1-5 QC手法の有効活用

1-6 データの層別

コラム 【言語データ解析手法1】親和図

第2章 パレート図

2-1 パレート図とは

2-2 パレート図の作成手順

2-3 層別の検討

2-4 特性値の検討

2-5 データ収集のポイント

2-6 パレート図による効果の確認

コラム 【言語データ解析手法2】連関図

第3章 特性要因図

3-1 特性要因図とは

3-2 特性要因図の作成手順

3-3 なぜ?なぜ?の検討

3-4 特性要因図を有効活用する方法

3-5 データによる要因の検証

3-6 品質特性に対する要因の検討

コラム 【言語データ解析手法3】FT図

第4章 ヒストグラム

4-1 ヒストグラムとは

4-2 ヒストグラムの作成手順

4-3 ヒストグラムの見方

4-4 規格値との比較

4-5 平均値と標準偏差の計算

4-6 工程能力指数

コラム 【言語データ解析手法4】FMEA

第5章 散布図

5-1 散布図とは

5-2 散布図の作成手順

5-3 散布図の見方

5-4 散布図の層別

5-5 相関係数の計算

5-6 回帰直線

コラム 【言語データ解析手法5】マトリックス図

第6章 チェックシート

6-1 チェックシートとは

6-2 チェックシートの作成手順

6-3 管理用チェックシート

6-4 記録用チェックシート

6-5 調査用チェックシート

6-6 絵形式チェックシート

コラム 【言語データ解析手法6】系統図

第7章 グラフ

7-1 グラフとは

7-2 グラフの種類と特徴

7-3 折れ線グラフと棒グラフ

7-4 円グラフと帯グラフ

7-5 レーダーチャート

7-6 グラフと層別

コラム 【言語データ解析手法7】アンケート

第8章 管理図

8-1 管理図とは

8-2 管理図のデータシート

8-3 管理図の管理限界の計算

8-4 管理図の作図

8-5 管理図の見方

8-6 管理図から求めるCp

コラム 【言語データ解析手法8】焦点法

第9章 QC的問題解決法

9-1 QC的問題解決法とは

9-2 テーマの選定

9-3 現状の把握と目標の設定

9-4 要因の解析

9-5 対策の立案と実施

9-6 効果の確認と標準化

コラム 【言語データ解析手法9】組み合わせ発想法

第10章 管理と改善の考え方

10-1 維持管理と改善活動

10-2 日常管理と方針管理

10-3 管理項目と管理尺度

10-4 業務フロー図とQC工程図

10-5 重点指向による改善活動

10-6 標準と標準化

コラム 【言語データ解析手法10】アナロジー発想法

PR

秀和システム