現役経理さんの声を生かした 経理のお仕事がサクサクはかどる本

概 要

経理の仕事手順や基礎知識を初心者にもわかりやすく解説した入門書です。新人がつまずきやすいポイントには共通点があります。また、中小企業の経理として入社した場合は、しっかりした引継ぎが行われないことや教育期間が短い場合も多々あります。本書は、現役経理さんの声を生かして、経理担当者の仕事手順や基礎知識、つまずきやすいポイントを新人経理担当者にもわかりやすく解説しています。経費清算から出納業務、帳簿の保存、支払業務、給与計算の流れ、腹式簿記のルール、決算にいたるまで一通りの業務がわかります。新人はもちろん、独学で遠回りしている方や、社内に先輩がおらず誰にも質問できない状況になっている方にもおすすめします。

著者 小野恵
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4086-8
発売日 2014/3/25
判型 四六
色数 2色
ページ数 208
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 経理の仕事の全体像をつかもう

1 会社のお金の流れを知ろう

2 会社のなかでの経理の役割

3 経理のお仕事内容

4 経理の一番大きな仕事は年次決算

5 経理が頼りにされる理由

6 経理の仕事は、こんなタイムラインで進む

7 経理が扱うさまざまな書類

8 経理の現場では、会計ソフト入力が主流

9 会社にまつわる一般常識

コラム 現金レスのすすめ

第2章 経理の基本ルール

1 知っておきたい基本のキ

2 経理で扱う印鑑の種類と用途

3 印紙のポイント

4 簿記 ?会社のお金を整理する?

5 仕訳 ?頻出仕訳の3パターンとは??

6 勘定科目 ?簿記の仕訳で使うお金の名目?

7 発生主義と現金主義

8 おさえておきたい経費の種類

9 経費の分類に迷ったら

10 日々の記帳で大切なこと

11 主な税金と納付時期

(法人税&法人事業税、法人住民税…)

12 消費税の扱い(税込、税抜)

13 書類の整理、ファイリング

14 帳簿の保存期間

15 経理処理の鉄則

16 経理の守秘義務とは

コラム ちょっと通ぶってみるのもいいかも!?

第3章 毎日の仕事

1 経理の1日

2 伝票の書き方

3 現金の管理と管理者の心得

4 領収書の発行

5 経費の精算

6 仮払金の精算

7 交際費の精算

8 備品と消耗品の違い

9 固定資産の処理

10 現金出納帳と仕訳帳

11 現金の実査はしっかりと!

12 預金の種類をおさえよう

13 預金の処理

14 預金の残高確認

15 ネットバンキングのすすめ

16 小切手の扱い方

17 手形の扱い方

コラム 税務調査はよくあること

第4章 毎月の仕事

1 請求書はミスなく発行

2 売掛金の記帳の仕方

3 支払業務

4 買掛金の記帳の仕方

5 売掛金の回収はしっかりと

6 固定資産台帳の記帳の仕方

7 月次決算とは

8 月次決算のチェックポイント

9 消費税の課税区分にも注意

10 給与計算の流れ

11 給与明細書を確認しよう

12 固定的給与と変動的給与

13 控除項目は2種類ある

14 社会保険のポイント

15 源泉所得税のポイント

16 給与の経理処理

コラム 社長に不正処理を強いられたら

第5章 年に1回の仕事

1 決算の流れ

2 締後売上は絶対忘れずに計上

3 減価償却とは

4 売上原価の把握

5 経過勘定項目に注意!

6 未払税金の仕訳

7 決算のチェックポイント

8 総勘定元帳の完成

9 決算書の完成

10 年末調整とは

11 年末調整の事前準備

12 年末調整の計算

13 年末調整後にすること

コラム 仕事に飽きてしまったら

第6章 デキる経理になれるツボ

1 スムーズに業務が進むかどうかは、段取りで決まる

2 他部署の人と上手につきあうには

3 敬称表記の仕方(ビジネスレターの基本)

4 経理の仕事で悩んだときの鉄則とは?

5 一人経理が陥りがちな罠

6 企業コンプライアンスと個人情報

7 知っておきたいデジタルデータの取り扱い方

8 困ったときの問い合わせ先

9 経理担当者として取りたい資格

巻末資料

経理でおさえておきたい重要語句

主な勘定科目一覧表

決算資料の例

使いこなそう! 会計ソフト

お仕事がサクサク進む! 知っておくと便利なPCワザ

PR

秀和システム