Unity 実践技術大全

概 要

Unityを使ったゲーム開発に必要なことが全部わかる、Unity開発者用リファレンスです。iPhone、Android、Flash、PCなどさまざまなプラットフォームのゲームを制作するための統合開発環境がUnityです。本書は、Unityの入門レベルを終えた人が独自のゲームを作成するときに欲しくなる情報をTips形式で集めています。Asset StoreにあるAssetをもっと使いこなしたい人、Unity 4.3で導入された2D機能を把握したい人、Unityに関する色々なTipsを知りたい人などを対象に、基礎知識から、エディタ、スクリプト、Asset、外部ツールとの連携、アニメーションなどテーマごとに便利なTipsを紹介しています。サンプルコードのダウンロードサービス付き。

著者 菊田剛、桑原公一郎、只野顕二
価格 本体3700円(税別)
ISBN 978-4-7980-4104-9
発売日 2014/3/29
判型 B5変
色数 4色
ページ数 744
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter_01 Unityの基礎

01_01 Unityとは

01_02 Unityのインターフェースについて

01_03 Unityのレイアウトについて

01_04 Unityが提供するチュートリアルやデモについて

01_05 MonoDevelopとは

01_06 Assetとは

01_07 Asset Storeとは

01_08 Unityで開発する上で知っておくと便利なサービス

Chapter_02 エディタ

02_01 エディタのキーボードショートカット

02_02 Unityで作れるゲームオブジェクトの種類について

02_03 Unityで作れるアセットについて

02_04 Unityが提供するパッケージについて

02_05 プリミティブな3Dモデル

02_06 様々な種類のライトを利用する

02_07 マテリアルの設定方法

02_08 タグとレイヤーについて

02_09 Physics Materialの利用方法について

02_10 Colliderの種類について

02_11 Jointの種類について

02_12 Rigidbodyの設定方法

02_13 その他のPhysicsコンポーネントについて

02_14 オーディオの再生を行う

02_15 Prefabを利用する

02_16 パーティクルシステムの利用方法

02_17 ゲームオブジェクトにエフェクトを追加する

02_18 Terrainを利用した大地の作成

02_19 Skyboxを利用した空模様の作成

02_20 Standard Assets(Mobile)を利用する

02_21 Toon Shadingを利用する

02_22 CharacterControllerを利用する

02_23 Navmeshを利用する

Chapter_03 スクリプト

03_01 スクリプトの基本的な作成方法

03_02 スクリプトフォルダの構成について理解する

03_03 ゲームオブジェクトの基本的な制御方法について

03_04 特定のゲームオブジェクトを取得する

03_05 他のスクリプトにアクセスする

03_06 Rigidbodyの基本的な制御方法について

03_07 Rigidbodyに力を加える

03_08 衝突判定を行う

03_09 Quaternionを利用してゲームオブジェクトの回転処理を行う

03_10 ゲームオブジェクトの生成を行う

03_11 イベント関数の呼び出し順番について

03_12 キーボードやマウスの入力情報を取得する

03_13 マウス関連のイベントの判定を行う

03_14 GetAxisを利用した入力情報を取得する

03_15 加速度センサーの利用方法

03_16 よく使う数学系の関数について

03_17 コルーチンを利用する

03_18 ランダムな数値を利用する

03_19 デバッグの利用方法について

03_20 シーンのロードを行う

03_21 エディタを拡張する方法

03_22 LINQを利用する

03_23 GUIの作成を行う

03_24 GUI Skinを利用する

03_25 3DTextの文字列を変更する

03_26 C#のスクリプトをDLL化する

03_27 ブラウザとの連携

03_28 パフォーマンスを上げる

03_29 Assetの動的なロードとアンロード

Chapter_04 Asset

04_01 無料Assetの取り扱い方法について

04_02 iTweenを利用する

04_03 GoKitを利用する

04_04 有料Assetの取り扱い方法について

04_05 NGUI: Next-Gen UIを利用する

04_06 Playmakerを利用する

04_07 Daikon Forge GUI(DF-GUI)を利用する

04_08 2D Toolkitを利用する

04_09 iOS Nativeを利用する

04_10 Android Nativeを利用する

04_11 FX Makerを利用する

04_12 Xffect Editor Proを利用する

04_13 Ferr2D Terrain Toolを利用する

04_14 SoundManger Proを利用する

04_15 Master Audioを利用する

04_16 Prototypeを利用する

04_17 AllSkyを利用して様々な種類の宇宙の作成を行う

04_18 Complete Physics Platformer Kitを利用する

04_19 MegaShapesを利用する

04_20 Megafiersを利用する

Chapter_05 外部ツールとの連携

05_01 MMDのデータをUnityにインポートする

05_02 Sculptrisで作成したモデルをUnityへインポートする

05_03 Blenderでアニメーションを付けてUnityへインポートする

05_04 タイルマップエディタを利用してタイルマップ画像を作成する

Chapter_06 特定デバイスに関するTips

06_01 Web用にプロジェクトを書き出す

06_02 iOS用にプロジェクトを書き出す

06_03 Android用にプロジェクトを書き出す

06_04 Unity Remoteを使う

Chapter_07 アニメーションに関するTips

07_01 Mecanimを利用したアニメーションの制御方法について

07_02 Animationビューの構成について

07_03 Asset Storeに公開されているMecanim関連のAssetについて

07_04 旧アニメーションシステムの再生方法と制御方法について

07_05 Mixamo Animation Storeを利用してアニメーションデータを導入する

Chapter_08 2D Tips

08_01 Spriteの作成を行う

08_02 Sprite Animationの利用方法

08_03 Spriteの描画順番について

08_04 2D物理エンジンの利用方法

08_05 Unityが提供する2Dのサンプルゲームについての解説

Chapter_09 知っておきたい便利な機能

09_01 ExecuteInEditModeを利用してEdit時にもスクリプトを実行させる

09_02 MenuItemの追加を行う

09_03 ログファイルの確認を行う

09_04 プラットフォームの判別を行う

09_05 コンパイル時にプラットフォームの判別を行う

09_06 ゲームの状態を保存する

09_07 SerializeFieldを利用してクラス内変数をInspectorで表示する

09_08 SystemInfoを利用して様々なシステム情報を取得する

09_09 Gizmoを利用して視覚的なデバッグを行う

09_10 MonoDevelopを利用したデバッグ方法について

09_11 コマンドラインを利用する

Chapter_10 無料Asset

10_01 無料の3D Assetモデル紹介

10_02 無料のアニメーションAsset紹介

10_03 無料のオーディオAsset紹介

10_04 無料の完成形プロジェクトのAsset紹介

10_05 無料のエディタ拡張Assetの紹介

10_06 無料のパーティクルシステムAsset紹介

10_07 無料のScripting Asset紹介

10_08 無料のShader Asset紹介

10_09 無料のテクスチャとマテリアルAsset紹介

PR

秀和システム