労務管理のツボとコツがゼッタイにわかる本

概 要

社員が働きやすい職場をつくり、会社を効率的に運営する労務管理のツボとコツを解説した入門書です。インターネットによる情報化が進み、かつてのように一般社員が他社の経営や労務管理のルールを知らないまま、無条件に自社のやり方を受け入れる時代は終わりました。昔ならば問題にならなかったささいな労務問題も、最近ではサービス残業、不当解雇、セクハラ・パワハラなど大問題化しています。本書は、人事総務部の基本業務はもちろん、知っておきたい判例や法律、問題社員を採用試験段階でシャットアウトするためのコツ、労働時間の管理、賃金トラブル、問題社員への対応、就業規則の作成まで、最新の労務管理のノウハウをわかりやすく解説しています。

著者 寺林顕、米澤章吾(監)
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4117-9
発売日 2014/5/17
判型 A5
色数 2色
ページ数 260
CD/DVD
対象読者 初級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 危険がいっぱい採用業務【採用・入社】

1 問題社員を入り口からシャットアウト

●丸腰の対応では採用で問題社員が集まってしまいます

●実務上のコツ ココを押さえろ

なぜ問題社員が集まってしまうのか

丸腰はNG! 採用計画をしっかり立てる

任せたい仕事、採用したい人物像を詳細に記載する

仕事の内容を具体的かつ詳細に記載する

求人広告はどこに出せばいいの?

●法律上のツボ ココを押さえろ

会社が社員を募集・採用する際の禁止事項

募集要項にも記載しなければならない項目

2 書類選考・面接の質問 聞くべきことと聞いてはいけないこと

●フィーリング重視の面接は危険!

●実務上のコツ ココを押さえろ

書類選考で問題社員の応募に一定の歯止めをしましょう

面接で聞く質問は事前に準備するのがあたりまえ

実は使える! 適性検査

入社前にやるべきことは行っておく

●法律上のツボ ココを押さえろ

会社が面接で質問してはいけない事項

健康状態について、ここまでは質問できる

3 必要書類を提出してくれない社員

●何事も事前の準備が大切です

●実務上のコツ ココを押さえろ

内定通知書に必要書類を盛り込みましょう

入社時の手続きには段取りが必要です

●法律上のツボ ココを押さえろ

必要書類を提出しない社員の解雇

解雇予告手当の不要な期間

4 雇用契約の締結は必要?

●口頭での雇用契約なんてありえません

●実務上のコツ ココを押さえろ

労働条件通知書と雇用契約書はどっちがいいの?

求人時に提示した労働条件と違う場合はどうする?

雇用契約書を締結し忘れたら?

●法律上のツボ ココを押さえろ

書面で通知しなければならない事項

明示条件が事実と相違する場合

未成年者との雇用契約はどうする?

5 試用期間中なので辞めさせてもいいですか?

●試用期間中でも解雇は慎重に

●実務上のコツ ココを押さえろ

試用期間の説明をきちんと行おう

有期契約の活用

●法律上のツボ ココを押さえろ

試用期間であっても「解雇」は「解雇」

第2章 24時間働けません!【労働時間】

1 自主的にサービス残業してくれる良い社員?

●会社に貢献? まとめて未払い残業代を請求されますよ!

●実務上のコツ ココを押さえろ

サービス残業が当たり前は通用しない

残業申告制(許可制)を導入しましょう

ルールを徹底しましょう

●法律上のツボ ココを押さえろ

黙示の残業にも残業代支払義務があります

持ち帰り残業はどうなるの?

未払い残業代の請求権は2年

2 どこまで働かせたら危ないの?

●月の労働時間が300時間??

●実務上のコツ ココを押さえろ

長時間労働社員の確認

長時間労働奨励主義の会社風土を変える

●法律上のツボ ココを押さえろ

ここまでいったら危険水域。訴えられます!

長時間労働社員に対しては面接指導が義務付けられる

長時間労働で訴えられるリスクがある

3 残業を拒否するなんてありですか?

●残業指示の効力

●実務上のコツ ココを押さえろ

残業の必要性をまずは説く

拒否し続ける社員をどう処する

●法律上のツボ ココを押さえろ

残業をさせるには36協定があればいい?

36協定の限度時間を超える場合はどうする?

残業を命じる時の注意点

4 夜の接待は労働時間になる?

●接待営業を強制するのは要注意

●実務上のコツ ココを押さえろ

接待の席では仕事の話はそこそこに

社員には事前にコンセンサスをとっておく

●法律上のツボ ココを押さえろ

いったい何が労働時間なの?

費用は会社持ちでも労働時間にならない?

5 休憩? 接客業の休憩は難しい

●休憩時間は社員が労働から離れることが保障される時間

●実務上のコツ ココを押さえろ

休憩は業務効率性をあげる

●法律上のツボ ココを押さえろ

休憩は何分与えればいい?

休憩は一斉にとるのが原則

休憩の自由利用の例外

6 休日も携帯の電源をONにしなさい

●休日での携帯電話はON/OFFどちら?

●実務上のコツ ココを押さえろ

携帯への連絡は一定のルールを

●法律上のツボ ココを押さえろ

休日に携帯電話の電源を入れることは自宅待機になるの?

7 タイムカードの時間はすべて労働時間?

●必ずしもタイムカードの時間が労働時間ではない

●実務上のコツ ココを押さえろ

タイムカードの罠

タイムカードの活用方法

●法律上のツボ ココを押さえろ

タイムカード以外でも時間管理ができていればOK

労働時間は1分単位で計算しないといけないの?

8 社員の裁量に委ねられるみなし労働時間って何?

●特定の業務には裁量労働制が使える

●実務上のコツ ココを押さえろ

就業規則と労使協定の整備が必要

時間管理はどうなる?

●法律上のツボ ココを押さえろ

対象となる業務

休憩・深夜・休日はどうなる?

9 在宅勤務って流行っているのですか?

●在宅勤務だと管理が難しいのですが…

●実務上のコツ ココを押さえろ

在宅勤務を活用しよう

在宅勤務を成功させるために規程を作成しよう

最後はコミュニケーション力で

●法律上のツボ ココを押さえろ

労働基準法関係法令の適用

みなし労働時間制

10 1日10時間勤務を強制するのは可能ですか?

●変形労働時間制を活用する

●実務上のコツ ココを押さえろ

変形労働時間制の特徴を知ろう

●法律上のツボ ココを押さえろ

1ヶ月単位の変形労働時間制の要件

1年単位の変形労働時間制の要件

フレックタイム制の要件

11 長時間労働に関連した労働基準監督署の調査

●労働時間違反の是正勧告が増えています

●実務上のコツ ココを押さえろ

自主点検表はどうする?

調査への対応

是正勧告書と是正報告書の対応

●法律上のツボ ココを押さえろ

労働基準監督官の権限

書類送検される可能性

第3章 社員と揉める一番の原因は賃金!【賃金トラブル】

1 賃金カットはどこまでOKですか?

●一方的な賃金カットはできません!

●実務上のコツ ココを押さえろ

賃金カットの前にやるべきことをやりましょう

社員との話し合いは必須です

賃金のカットの率や期間はどうする?

●法律上のツボ ココを押さえろ

合理的な理由があれば賃金カットを行うことができる

2 残業代を基本給に組み込むことは合法ですか?

●基本給に残業代が組み込まれている??

●実務上のコツ ココを押さえろ

定額残業代って何?

個別の同意と就業規則への記載

●法律上のツボ ココを押さえろ

定額残業手当を下回る場合と超えた場合はどうする?

定額残業手当の時間数は何時間でもいいのか?

3 営業マンには残業代はいらないでしょ!

●「営業マンに残業代がいらない」と考えるのは危険です

●実務上のコツ ココを押さえろ

営業手当は残業代の固定払いへ変更

●法律上のツボ ココを押さえろ

労働時間を算定し難い場合

一括適用みなし説・別途把握説

4 管理職は労働時間や残業代が関係ない?

●「管理職には時間のしばりがない」といっては危険な場合も

●実務上のコツ ココを押さえろ

安易に管理職は残業代が無いと決めてはいけません

役職手当の記載を変更しよう

●法律上のツボ ココを押さえろ

管理職ってどの範囲の人?

管理職の有給休暇はどうなる?

5 有給休暇を取得中なのに通勤手当を請求された

●出社しなくても通勤手当は支払わないといけないの?

●実務上のコツ ココを押さえろ

通勤手当のルールは明確に

●法律上のツボ ココを押さえろ

明確に規定していない場合はどうなる?

6 振替休日を与えたのに残業代を請求された

●振替休日と代休は何が違うの?

●実務上のコツ ココを押さえろ

振替休日のルール作り

●法律上のツボ ココを押さえろ

振替休日でも割増賃金の対象となる場合がある?

7 給与を間違って多く振り込んでしまいました

●賃金計算ミスでの過払いは返金してもらえるの?

●実務上のコツ ココを押さえろ

賃金計算での控除の方法

●法律上のツボ ココを押さえろ

不当利得返還請求権って何?

時効は何年なのか?

第4章 日常業務でトラブル!【問題社員トラブル】

1 ネット上に会社情報を書き込む社員

●ネット社会の到来にどう対応するのか

●実務上のコツ ココを押さえろ

モニタリングの実施

あの手この手で意識付け

私的な時間についてもルールが必要

●法律上のツボ ココを押さえろ

不正競争防止法にあたるのか?

社員による業務妨害に損害賠償請求は可能?

2 休職を繰り返す社員、どうすればいい?

●休職制度の問題点

●実務上のコツ ココを押さえろ

繰り返し休職をさせないために

休職のルールは細かく定めましょう

休職中も連絡をマメにとって状況把握に努めましょう

傷病手当金はどうなるの?

●法律上のツボ ココを押さえろ

休職命令は会社から発令できるか

解雇猶予措置としての休職制度

復職の基準とは

3 転勤や配置転換を拒否する社員がいます

●会社の指示は絶対だ! と思えた時代が懐かしい

●実務上のコツ ココを押さえろ

就業規則や雇用契約書で宣言しておく

コミュニケーションをしっかりとり、まずは説得

●法律上のツボ ココを押さえろ

転勤拒否の有効性

配転命令の拒否による解雇は可能か

4 パートタイマーに有給休暇を要求されました

●パートタイマーにも有給休暇は適用されます

●実務上のコツ ココを押さえろ

パートタイマーの賃金を考える

●法律上のツボ ココを押さえろ

パートタイマーの有給休暇

週の労働日数を変更した場合

週の労働日数が変動し定まらない場合

5 長期間の有給休暇を当日に申請してきた社員がいます

●当日の長期有給休暇の申請は受け付け拒否できる?

●実務上のコツ ココを押さえろ

有給休暇申請のルールを明確にしておきましょう

●法律上のツボ ココを押さえろ

有給休暇の時季変更権の行使

有給休暇の取得理由

6 3回の遅刻を欠勤とみなして大丈夫?

●遅刻の常習者を取り締まる

●実務上のコツ ココを押さえろ

まずは遅刻に対して的確な指導を

電車の遅延による遅刻はどうする?

●法律上のツボ ココを押さえろ

減給の制裁とは何か?

就業規則に合法的に記載するにはどうする?

皆勤手当の不支給は減給の制裁にあたるのか?

7 会社が援助して資格取得したのに退職する社員

●資格の取得費用の返金は通用しない?

●実務上のコツ ココを押さえろ

立替金確認書を結ぶ

●法律上のツボ ココを押さえろ

賠償予定額の禁止

業務上必要性のある研修

8 台風が来ているので帰宅させたら賃金を請求された

●不可抗力であっても休業手当は支給しないといけない?

●実務上のコツ ココを押さえろ

1日のうち一部を休業させた場合

天災に備えた災害リスクマネジメントを

●法律上のツボ ココを押さえろ

休業手当とは?

民法との関係

9 定期健康診断を受けない社員

●忙しすぎて健康診断が受けられなくて…

●実務上のコツ ココを押さえろ

健康診断をより受けやすくする 実施日を増やす

●法律上のツボ ココを押さえろ

健康診断の義務

健康診断の受診が休日になってしまった場合

パートタイマーにも健康診断が必要な場合がある

10 社員が貸与していたノートパソコンを壊してしまいました

●社員に損害賠償を請求します

●実務上のコツ ココを押さえろ

雇用契約の際、備品破損の損害賠償について説明しましょう

紛失に備えてノートパソコンにパスワード設定をしましょう

賃金から賠償金を控除できるのか?

●法律上のツボ ココを押さえろ

損害賠償請求は全額可能なのか?

個人情報等が流出した場合

11 社員から副業の要望がありました

●会社は副業を認めるべきか?

●実務上のコツ ココを押さえろ

就業規則で副業は許可制に!

●法律上のツボ ココを押さえろ

副業禁止は法律で定められているの?

長時間労働のリスク

労災保険はどちらで申請するのか?

12 社内で不倫をした社員を解雇しました

●社内不倫で解雇できるのか?

●実務上のコツ ココを押さえろ

聞き取り調査後に配置転換

●法律上のツボ ココを押さえろ

企業秩序を乱した解雇の有効性

13 社員を指導する際、恫喝してやりました

●その恫喝、パワハラに該当しますよ

●実務上のコツ ココを押さえろ

行き過ぎた指導には注意喚起を

●法律上のツボ ココを押さえろ

パワハラとはどういう行為なのか?

厚生労働省のパワハラの報告書

14 会社があっせん制度を利用しました

●あっせん制度は社員からの申請だけではない

●実務上のコツ ココを押さえろ

あっせん申請の意外な効果

あっせん申請の流れ

社員があっせん申請の手続きをしてきた場合

●法律上のツボ ココを押さえろ

対象となる紛争と対象とならない紛争

第5章 退職する社員には万全の対策を!【退職トラブル】

1 雇用保険の加入漏れが退職時に判明しました

●雇用保険の加入漏れはどうする?

●実務上のコツ ココを押さえろ

遡って雇用保険の手続きを行う

話し合いによる和解をする

雇用保険加入の照会を行う

●法律上のツボ ココを押さえろ

雇用保険の加入基準

2 退職時に有給休暇の消化を要求されました

●退職日より前に有給休暇取得は可能

●実務上のコツ ココを押さえろ

退職時の引き継ぎについて規定しましょう

有給休暇買い上げの提案を行いましょう

●法律上のツボ ココを押さえろ

有給休暇の時季変更権は使えるのか?

有給休暇の買い上げの金額はどうすればいい?

3 行方不明で連絡とれない社員を解雇にしてもいいですか?

●行方不明なんて、他人ごと? そうでもないですよ

●実務上のコツ ココを押さえろ

緊急時の連絡先を入社時に記入してもらうこと

就業規則の退職事由を追加しよう

●法律上のツボ ココを押さえろ

解雇をする場合は公示送達

4 社員がライバル会社に転職してしまいました

●どこまで会社はライバル会社への転職を規制できるの?

●実務上のコツ ココを押さえろ

入社時・退職時の誓約書で意識づけ

●法律上のツボ ココを押さえろ

競業避止義務の有効性(現社員と元社員)

取締役の競業避止義務

引き抜き行為はどこまで許される

不正競争防止法に関する違反

5 社員が一度出した退職届の撤回を求めてきました

●そもそも撤回はできるのですか?

●実務上のコツ ココを押さえろ

退職届は口頭ではなく書面を基本にしましょう

有能な社員の退職届の撤回

●法律上のツボ ココを押さえろ

「辞職」と「合意解約の申し込み」

退職の意思表示が無効となるケース

6 解雇する時は30日分の賃金を支払えばいいだけですよね?

●解雇は手続きが整っていればできるというものではありません!

●実務上のコツ ココを押さえろ

解雇通知の前に回避努力はしましたか?

解雇の通知は書面で行いましょう

●法律上のツボ ココを押さえろ

解雇権の濫用

解雇できない場合とは?

整理解雇って何?

有期雇用契約の途中でも解雇できるの?

社員の解雇が無効となった場合の賃金

7 社員を懲戒解雇しました

●懲戒解雇はどのようにすればいいの?

●実務上のコツ ココを押さえろ

解雇予告除外認定

自宅待機命令

●法律上のツボ ココを押さえろ

「労働者の責に帰すべき事由」とは

8 労働組合から団体交渉のお知らせが来ました

●うちの会社には労働組合がないのになぜ?

●実務上のコツ ココを押さえろ

正しい団体交渉のやり方

●法律上のツボ ココを押さえろ

会社に労働組合があるのに他の労働組合と交渉しないといけないの?

退職した社員の団体交渉も必要なの?

不当労働行為の禁止(労働組合法)

9 解雇をめぐって労働審判になってしまいました……

●そもそも労働審判になるってどういうこと?

●実務上のコツ ココを押さえろ

証拠収集が大事です

こんな時は会社自ら労働審判を利用しよう

●法律上のツボ ココを押さえろ

労働審判制度とは

労働審判と訴訟の違い

第6章 10人未満でも就業規則は作成してください!【就業規則】

1 就業規則なんて作らなくてもいいでしょ!

●会社のルールブックは作るべきです

●実務上のコツ ココを押さえろ

トラブルなんて起きないという勘違い

●法律上のツボ ココを押さえろ

常時使用する社員数が10名以上とは?

社員代表ってどうやって決めるの?

2 ネットで見つけたひな形を使っても大丈夫ですか?

●削除してもいい条文、削除してはいけない条文があります

●実務上のコツ ココを押さえろ

ひな形や他社の就業規則を使ってはいけない

会社の労働条件と照らし合わせて作成しよう

パートタイマーがいる場合は要注意です

就業規則以外の諸規程はどうする?

●法律上のツボ ココを押さえろ

絶対的必要記載事項・相対的必要記載事項・任意的記載事項

3 労働基準監督署に届出しないと意味ないの?

●届出を忘れていました

●実務上のコツ ココを押さえろ

以前に作成した就業規則

就業規則の届出を行おう

届出をしていないばかりに……

CD-ROMでも届出が可能です

●法律上のツボ ココを押さえろ

届出をしていない就業規則の有効性

4 金庫に大事にしまってある就業規則って大丈夫?

●眠っている就業規則で大事件に!

●実務上のコツ ココを押さえろ

寝た子を起こすなんてことはありません

●法律上のツボ ココを押さえろ

周知していない就業規則は無効

5 社員に不利益な変更って勝手にやるとまずいの?

●社員への不利益な変更は簡単にはできません

●実務上のコツ ココを押さえろ

代替措置を考えよう

●法律上のツボ ココを押さえろ

不利益変更による合理性の判断基準

同意しない社員はどうなる?

知っておきたい判例

B金融公庫事件

シティズ事件

八洲測量事件

テーダブルジェー事件

とみた建設事件

北洋銀行事件

電通過労自殺事件

システム・コンサルタント事件

大庄事件

日立製作所武蔵工場事件

高崎労基署長事件

三好屋事件

三晃印刷事件

チェースマンハッタン銀行事件

N技術事件

小里機材事件

関西ソニー販売事件

光和商事事件

橘屋割増賃金請求事件

静岡銀行割増賃金等請求事件

医療法人徳洲会事件

福島県教組事件

日本経済新聞社(記者HP)事件

2ちゃんねる書き込み事件

日経クイック情報事件

アロマカラー事件

独立行政法人N事件

富国生命保険事件

東亜ペイント事件

チェース・マンハッタン銀行事件

帝国臓器製薬事件

明治図書出版事件

長谷工コーポレーション事件

新日本証券事件

ノースウェスト航空事件

大隈鐵工所事件

小川建設事件

国際タクシー事件

横浜ゴム事件

千葉中央バス事件

松蔭学園事件

国際信販事件

聖心女子学院事件

中部機械製作所事件

中部日本広告社事件

フレックスジャパン・アドバンテック事件

大隈鐵工所事件

学校法人白頭学院事件

あけぼのタクシー事件

ジェーティービー事件

日立メディコ事件

トーコロ事件

三矢タクシー事件

日本コンベンションサービス事件

第四銀行事件

PR

秀和システム