Bluetooth LE入門 スマホにつながる低消費電力無線センサの開発をはじめよう

概 要

従来のBluetoothとはまるで違う、新しい無線センサネットワーク技術「Bluetooth LE」の入門書です。Bluetooth LEは最新のスマートフォンにも組み込まれており、これからの無線センサネットワークの大本命といわれる技術です。旧Bluetoothには消費電力の先天的不良があり、あまり印象がよくありませんが、改良版のBluetooth LEでは消費電力の問題が解決され、まったく別物に進化し、便利に使いやすくなっています。本書は、Bluetooth LEの概要から、アーキテクチャ、コントローラ、ホスト、アプリケーションの開発まで仕様のポイントをわかりやすく解説します。あなたも本書を読んで、スマホにつながる低消費電力無線センサの開発をはじめましょう。

著者 鄭立
価格 本体2000円(税別)
ISBN 978-4-7980-4135-3
発売日 2014/6/20
判型 A5
色数 1色
ページ数 224
CD/DVD
対象読者 中級
シリーズ
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 モノのインターネット―IoT

1-1 ビッグデータ

1-2 モノのインターネットIoT

1-3 無線通信技術

1-4 無線センサネットワーク

第2章 Bluetooth LEの概要

2-1 Bluetoothの歴史

2-2 Bluetoothの消費電力

2-2-1 クラシックBluetoothの消費電力

2-2-2 Bluetooth LEの低消費電力化

2-3 Bluetooth LE規格

2-4 Bluetooth LEアプリケーション

第3章 アーキテクチャ

3-1 ネットワークアーキテクチャ

3-2 スタックのアーキテクチャ

第4章 コントローラ

4-1 無線通信物理層

4-1-1 変調方式

4-1-2 送信電力と受信感度

4-1-3 通信距離

4-2 チャネル

4-2-1 ISMバンドとチャネル

4-2-2 周波数ホッピング

4-3 アドレス

4-4 動作状態

4-5 アドバタイズとスキャン

4-6 ネットワーク参加

4-7 接続状態の通信

4-8 無線通信パケットの構造

4-9 HCIインターフェース

4-9-1 インターフェース

4-9-2 HCIパケット

第5章 ホスト

5-1 データアクセス

5-1-1 アトリビュート

5-1-2 ATTプロトコル

5-1-3 GATTサブプロシージャ

5-2 ネットワーク制御

5-2-1 役割

5-2-2 モードとプロシージャ

5-2-3 GAPサービス

5-3 セキュリティ

第6章 アプリケーション

6-1 プロファイル

6-1-1 プロファイル

6-1-2 サービス

6-1-3 GATTプロファイル

6-2 消費電力の計算

6-2-1 間欠動作での無線通信消費電流

6-2-2 アドバタイジング通信の平均消費電力

6-2-3 接続時データ通信の平均消費電力

6-2-4 デバイス発見のアドバタイジング平均回数

6-3 低消費電力化

6-3-1 最適接続方式による低消費電力化

6-3-2 低消費電力化の動作設定

第7章 アプリケーションの開発

7-1 ペリフェラルセンサデバイスの開発

7-1-1 Bluetooth LEモジュールの自製化

7-1-2 市販Bluetooth LE無線モジュールの採用

7-2 低消費電力無線センサの電源

7-2-1 電池

7-2-2 電源回路

7-2-3 エネルギーハーベスト

7-3 デバッグ

7-3-1 無線通信パケット監視

7-3-2 消費電力測定

7-4 セントラルアプリの開発

7-4-1 iOSのアプリ開発

7-4-2 Androidのアプリ開発

7-4-3 Windows 8のアプリ開発

PR

秀和システム