図解入門 よくわかる首・肩関節の動きとしくみ

概 要

多くの人が悩まされている「肩こり」に関係の深い、首・肩関節の仕組みと正しい治療法を、解剖学や運動学の観点から解説した入門書です。肩がこったので筋肉をマッサージしたら、かえって症状が悪化してしまった。そんな経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。しかし、首や肩には重要な神経や血管が存在しており、正しい知識のない治療は危険です。本書は、リハビリやマッサージなどで首や肩を触る人を対象に、首や肩の構造、頚椎の機構、頚椎疾患や肩関節疾患、リハビリテーションなど専門的な内容をフルカラーのきれいな図版と写真でわかりやすく解説しています。正しい姿勢、健康法、筋トレ・ストレッチ、痛みの治療までわかります!

著者 永木和載、大平雄一(監)
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4145-2
発売日 2014/6/27
判型 A5
色数 4色
ページ数 232
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 首のしくみ

1 首がもつ役割

2 首の長さは、人によって違う?

3 上位頸椎の構造と役割

4 下位頸椎の構造と役割

5 頸椎椎間板の役割

6 頸椎に付着する靭帯

7 頸椎前面に付着する筋の役割

8 頸椎後面に付着する筋の役割

9 頭部の安定に働く後頭下筋群

10 舌骨に付着する筋の役割

11 神経の基本構造

12 頸椎の脊髄神経、頸神経

13 腕神経叢の細かな構造

14 腕神経叢障害の特徴

コラム からだの機能分化の可能性

Chapter2 頸椎の安定化機構

1 筋による2つの頸部安定化理論

2 ワイヤーロープシステム

3 しなやかなに頭頸部を動かすには?

4 頸部筋は姿勢調節にも影響する?

5 過度な前屈後屈運動は非常に危険!

コラム 触診と個体差

Chapter3 頸椎疾患とリハビリテーション

1 頸椎後縦靭帯骨化症の疫学

2 頸椎後縦靭帯骨化症発症の3因子

3 頸椎症性脊髄症の簡単チェック方法

4 頭部前方突出位と肩こりの関係

5 FHPを改善して肩こりを良くしよう!

6 作業環境から肩こりを考える

コラム 触診技術の高め方

Chapter4 肩の構造

1 肩について考えてみよう

2 肩は鎖骨と肩甲骨が連動して動く

3 肩の動きを生み出す5つの関節

4 肩関節は不安定な構造

5 肩を安定させる2種類のシステム

6 関節唇があるのとないとは大違い

7 肩関節の安定に欠かせない2つの力

8 肩関節にある高感度センサー

9 関節包を補強する関節包靭帯の役割

10 関節包靭帯が緊張する肩関節の肢位

11 肩関節の滑液包の役割

12 肩関節運動の定義

13 肩甲下筋の機能解剖?腱板筋①

14 棘上筋の機能解剖?腱板筋②

15 棘下筋の機能解剖?腱板筋③

16 小円筋の機能解剖?腱板筋④

17 腱板筋は5層構造?腱板筋⑤

18 上腕二頭筋長頭腱の役割

19 腱板疎部の構造と役割

20 肩を安定させる滑車とは?

コラム 急性外傷と慢性障害

Chapter5 肩の運動学

1 肩関節のフォースカップル機構

2 烏口肩峰アーチの構造と役割

3 肩峰下滑液包の滑動機構

4 肩峰下の癒着の診方と剥離法

5 肩峰下部は組織上痛みを感じやすい

6 胸鎖関節の構造と機能

7 肩鎖関節の構造と機能

8 鎖骨と肩甲骨は離せない存在

9 肩甲骨のフォースカップル

10 肩甲上腕リズム

11 肩関節のゼロポジション

12 腱板筋と関節包内運動との関係

13 臼蓋上腕リズム

14 肩挙上動作時の大結節の通り道

15 正常な関節運動の障害

コラム 関節疾患と慢性障害

Chapter6 肩関節疾患の病態

1 腱板断裂の原因と病態

2 腱板断裂を起こす3つの状態

3 腱板断裂の存在を徒手検査で調べる

4 腱板断裂後の整形外科的治療

5 腱板断裂術後のリハビリ

6 胸郭出口症候群

7 1つ目のトンネル、斜角筋三角

8 2つ目のトンネル、肋鎖間隙

9 3つ目のトンネル、小胸筋下間隙

10 手のむくみの原因は肩にある?

11 TOSと姿勢との関係

12 TOSのリハビリテーションの実際

13 徒手によるTOSの鑑別方法

14 胸郭出口症候群を見つける徒手検査

15 肩の絞扼性神経障害

16 神経絞扼は肩関節肢位で変化する

17 腋窩神経障害の診方と治療

18 バレーに多い肩甲上神経障害

19 肩甲骨の位置と肩甲上神経との関係

20 肩甲上神経障害に対する徒手治療

21 肩関節周囲炎

22 夜、寝ているとなぜ肩が痛くなる?

23 夜の肩の痛みの原因は骨にある?

24 就寝時の肩の安楽肢位を考える

25 肘から先に目を向けていますか?

26 正しいつけ方を知っていますか?

コラム 仮説を立てることの大切さ

Chapter7 投球障害に対するリハビリテーション

1 肩関節インピンジメント

2 インピンジメントテスト

3 投球動作を5相に分けて考える

4 投球動作が肩にストレスになる理由

5 肩インターナルインピンジメント①

6 肩インターナルインピンジメント②

7 投球障害に多い関節唇損傷

(SLAP lesion)とは?

8 SLAP病変に対する徒手検査

9 肩甲胸郭関節機能を評価する

10 肩の動きは肩甲骨を操作して診る

11 弱くなった肩の筋肉の見つけ方

12 肩関節不安定性を評価する意味

13 腱板筋トレーニングの基本的思考

14 腱板トレーニング紹介

コラム 考え抜くことの大切さ

PR

秀和システム