図解入門 よくわかる 最新 空調設備の基本と仕組み

概 要

建築物の快適な住環境を保障する温度、湿度、気流、清浄度を整える「空調設備」のわかりやすい入門書です。空調設備は空気を扱う設備です。住まいやオフィスなど滞在時間が長い場所ほど、空調の快適性や利便性が求められます。本書は、ストレスのない理想的な住環境を実現する空調設備の役割や仕組みについて、空調設備の果たす役割、単一ダクト方式や各階ユニット方式、ファンコイルユニット方式といった空調方式の特徴、省エネ対策、単一ダクト方式の熱源機器構成、ボイラや冷凍機など空調機器の詳細、中央暖房と個別暖房の違い、換気や排煙の方法と設備の仕組みなどを、豊富なイラストや写真をまじえてわかりやすく解説しています。

著者 菊地至
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4149-0
発売日 2014/6/27
判型 A5
色数 2色
ページ数 208
CD/DVD
対象読者 入門
シリーズ 図解入門
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 空調設備の予備知識

1-1 空気調和の目的

1-2 温熱感覚

1-3 気象条件による影響

1-4 熱の伝わり方

1-5 結露と防止対策

1-6 空気線図

1-7 建物の断熱性と熱容量

1-8 日照・日射の調整

1-9 空調負荷の概要

1-10 高齢化社会と空調設備

1-11 空調設備設計の流れ

1-12 空調設備の保全管理

1-13 図面と図示記号

コラム 先人達の知恵に学ぶ

第2章 代表的な空調方式

2-1 単一ダクト方式

2-2 各階ユニット方式

2-3 ファンコイルユニット方式

2-4 パッケージユニット方式

2-5 マルチユニット方式

コラム エネルギー

第3章 省エネに考慮した空調設備

3-1 空調設備とエネルギー

3-2 空調設備と環境問題

3-3 太陽光の利用

3-4 太陽熱の利用

3-5 パッシブソーラー

3-6 地熱・地中熱の利用

3-7 ヒートポンプの原理

3-8 ヒートポンプの利用

3-9 氷蓄熱式空調システム

3-10 コージェネレーションシステム

3-11 タスク・アンビエント空調

3-12 床吹出し空調方式

3-13 ペリメータレス空調

3-14 外気冷房・ナイトパージ

3-15 地域冷暖房

3-16 省エネルギーの指標

コラム 玄関ドアにも工夫が必要です

第4章 熱源機器とその他の構成機器

4-1 単一ダクト方式の基本構成

4-2 ボイラ

4-3 真空式・無圧式温水ヒータ

4-4 ボイラの適用区分

4-5 冷凍機の役割と冷媒

4-6 圧縮式冷凍機

4-7 吸収式冷凍機

4-8 冷却塔(クーリングタワー)

4-9 空調機

4-10 送風機

4-11 ダクト

4-12 ダクトの施工

4-13 ダンパ

4-14 吹出口・吸込口

4-15 ポンプ

4-16 配管材・その他関連部材

4-17 配管の施工

コラム 熱絶縁工事ってどんな工事?

第5章 中央暖房と個別暖房

5-1 暖房の種類

5-2 蒸気暖房

5-3 温水暖房

5-4 放射暖房

5-5 床暖房

コラム 「R410A」にかわる冷媒、「R32」

第6章 換気・排煙設備

6-1 換気の目的

6-2 シックハウス

6-3 自然換気

6-4 機械換気

6-5 換気経路

6-6 全熱交換器

6-7 必要換気量と換気回数

6-8 ハイブリッド換気

6-9 排煙設備

6-10 自然排煙方式

6-11 機械排煙方式

コラム これからの空調設備

コラム 暖房器具選びに正解はあるのか?

コラム ヒートポンプの将来性

PR

秀和システム