図解入門よくわかる 最新船舶の基本と仕組み[第2版]

概 要

海に囲まれた日本では、船は重要な輸送手段です。しかし、外国航路の大きな船はもちろん、漁船などの小さい船でも、それがどうやって作られ、どうやって運行されているのか説明できる人はほとんどいません。本書は、一般の読者向けに船の種類や用途などから、航海術や手旗信号、船を使った物流と海運の詳細、船の設計や艤装などの造船の仕組み、さらには船員の仕事と役割まで、船に関する幅広い知識を図解でわかりやすく解説しました。

著者 川崎豊彦
価格 本体1350円(税別)
ISBN 978-4-7980-4160-5
発売日 2014/8/19
判型 A5
色数 2色
ページ数 248
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 船の基本

1-1 船とは

1-2 船の本質は高い経済性

コラム 法律上の「船」の定義

コラム 船の名前

1-3 得意な巨大化と苦手なスピード

1-4 なぜ船は巨大化できるのか

コラム 巨大化の現実

1-5 船の特徴は水の性質による

1-6 船が世界を動かす

1-7 人類の歴史と船

1-8 船の起源と発達

1-9 用途による船の分類

1-10 その他の分類方法

コラム 海岸線と水深の基準

1-11 船の寸法

コラム 寸法の定義

1-12 トン数とは

1-13 重量をあらわすトン数の種類

1-14 船の大きさとトン数の関係

1-15 船の速度

コラム 1海里

1-16 船体各部の名称

コラム スターボードとポート

1-17 荷役装置の基本

コラム クレーン

第2章 航海

2-1 航海と航路

コラム 八点鐘

2-2 現代の航海術とGPS

2-3 星や太陽を使う伝統的な航海術

コラム 手旗信号

コラム 国際信号旗

コラム 本初子午線

2-4 その他の航海計器

コラム 古代人の航海

2-5 AISとGMDSS

2-6 船を動かす人々

2-7 休みなく動く船を動かす

コラム 海図の改補

2-8 船員の役割分担

2-9 船乗りになるには

2-10 右側通行が船の交通ルール

コラム 舷灯の色

コラム 海のマナー

コラム 南十字星

2-11 船の推進方法

2-12 船にはブレーキがない

コラム 船にブレーキ

2-13 錨は船のサイドブレーキ

コラム モールス信号(またはモールス符号)

2-14 錨鎖は船の命綱

2-15 船を岸壁につなぐ係船索

コラム N旗と「Spring Line Firstの原則」

2-16 潮汐の影響

2-17 海の中の流れ=潮流

コラム パイロットは船乗り?

コラム ドラフト(喫水)読み

第3章 海運

3-1 海運とは

コラム 船のオーナー

3-2 商船の採算

3-3 海運業経営のポイント

コラム 本船は船?

3-4 船隊整備と造船計画

コラム クルーズ客船の造船計画

3-5 船の戸籍

3-6 便宜置籍(FOC)の仕組み

コラム 定期船と同盟

3-7 修繕と定期検査

コラム 建造用ドック

コラム 喫茶店と保険

3-8 定期船

コラム 港の変化

3-9 定期船サービスの流れ

コラム 海運会社の指定

3-10 コンテナ輸送の仕組み

コラム 東に進むと時間を損する?

3-11 不定期船

3-12 専用船

3-13 旅客船とフェリー

コラム 乗船客日本一

3-14 クルーズ船

3-15 運河と海運

コラム スエズマックスとバナマックス

3-16 世界の運河

コラム 船の命名・進水とシャンパン

第4章 造船の仕組み

4-1 船の構造

コラム 船の外板

コラム タイタニックとSOLAS条約

4-2 船の構造の縦と横

4-3 船を構成する要素

4-4 造船の流れ

4-5 設計作業の流れ

4-6 船の建造

コラム 現図と撓鉄

4-7 船の進水

4-8 艤装とは

4-9 船級協会

4-10 二重底と二重船殻

コラム 二重船殻

4-11 イザと言うときの救命設備(1)

4-12 イザと言うときの救命設備(2)

4-13 船舶のエンジン

4-14 こんなにすごい船のエンジン

4-15 その他のエンジン

4-16 機関室のなかみ

4-17 人力での推進(艪と櫂)

4-18 帆で利用する自然の推進力

4-19 エコへのチャレンジャー(挑戦者)

4-20 エンジンとプロペラをつなぐ推進軸

4-21 プロペラに代わる推進法

4-22 舵

4-23 舵のいらない推進器

コラム 船体を作る材料

第5章 船の理論

5-1 浮力とは

5-2 鉄の船がなぜ浮かぶか

コラム アルキメデス

5-3 船は浮いたり沈んだりする

コラム ロシアの「タライ船」

5-4 水の抵抗

コラム 客船のスピード競争と現代のブルーリボン

5-5 造波抵抗とは

コラム フルード数

5-6 造波抵抗のハンプとホロー

コラム 水槽試験

5-7 速力と船の長さの関係

コラム ヴェニスのゴンドラ

5-8 造波抵抗が小さな船型

コラム 小型漁船のバルブの目的

5-9 EEDIとEEOI(船の燃費)

5-10 揚力は抵抗力の親戚

コラム 物体の形状と揚力

5-11 スクリュープロペラ(1)

コラム 仕上は人手で磨く

5-12 スクリュープロペラ(2)

コラム 大きくてもボート

5-13 船のプロペラはなぜ後ろにある?

5-14 舵で船の向きが変わるのは

コラム 日本の船乗り言葉(その1:レッコ)

5-15 転覆と復原力

5-16 復原力が大きいと動揺が激しい

5-17 船の転覆

コラム 日本の船乗りの言葉(その2:ヒーボイとスライキ)

コラム 石の船

5-18 船の揺れを止めろ

5-19 バランスが重要

コラム 風向き

コラム 船の性別

PR

秀和システム