ちょっとはじめるJava

概 要

Javaはさまざまな分野で用いられているプログラミング言語ですが、機能が多く複雑で、はじめから全てを理解するのは大変です。本書は、Javaではじめてプログラミングを学ぶという人を対象に、基礎となる部分に話題を絞って、簡単なプログラムを作りながらJavaを学びます。Javaプログラミングを手助けしてくれる「Eclipse」の使い方から、計算、変数、条件文、繰り返し処理、長い処理を複数の短い処理にまとめる方法まで解説します。

著者 佐藤滋
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4195-7
発売日 2014/9/27
判型 B5変
色数 2色
ページ数 288
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 Javaの開発環境の設定

1.1 Java言語とは

1.2 Java言語の特長

1.3 Eclipseのインストール

1.4 Eclipseの画面説明

Chapter 2 画面に文字を表示する

2.1 Eclipseを起動して最初にすること

2.2 EclipseのJavaプログラム作成画面

2.3 プログラムを書くときに最初にすること

2.4 プログラムを作って実行するまでの手順

2.5 Eclipseの支援機能を使ってプログラムを作ってみる

2.6 Eclipseのフォルダ構成

Chapter 3 計算をしてみる

3.1 整数の計算

3.2 小数点付きの数値の計算

3.3 Javaの様々な演算子と優先順位

Chapter 4 変数

4.1 変数とは

4.2 変数宣言

4.3 代入文

4.4 変数の種類

4.5 変数の型変換

4.6 Eclipseを使ったプログラムの動作確認

Chapter 5 条件によって処理を変える

5.1 if文

5.2 条件の判定について(条件式と論理値)

5.3 if else if文

5.4 switch-case文

5.5 三項演算子

Chapter 6 繰り返し処理

6.1 for文

6.2 while文

6.3 do-while文

6.4 繰り返しを止める

6.5 二重ループ

6.6 二重ループの中のbreak、continue

6.7 ラベル付きのbreak文、continue文

Chapter 7 同じ型の多くの変数を使う

7.1 一度に多数の変数を宣言

7.2 プログラムの作成と実行

7.3 プログラムの説明

7.4 配列変数の宣言

7.5 デバッグによる変数の中身の確認

7.6 繰り返し処理と配列

7.7 多次元配列

7.8 異なる型の変数を配列で扱うには

Chapter 8 サンプルプログラム

8.1 プログラムのデータと機能

8.2 変数宣言

8.3 値の設定

8.4 平均点の計算

8.5 全生徒の情報表示

8.6 平均点が最大の生徒の情報を表示

8.7 プログラムの全体

Chapter 9 長い処理を複数の短い処理にまとめる

9.1 メソッドとは

9.2 メソッドの作り方と使い方

9.3 メソッドに関するその他の話題

9.4 複数のクラスを使うプログラム

PR

秀和システム