見てわかるUnity JavaScript超入門

概 要

自分のオリジナル3Dゲームを作りたいと思っている、すべてのゲームクリエーターの救世主がUnityです。Unityなら、C言語のように難しいプログラミング言語を覚えなくても、Webサイトで使われている簡単なJavaScriptを覚えるだけで大丈夫です。本書は、実際にゲームを作りながら、JavaScriptの基礎文法から、Unity独特のJavaScriptの書き方までしっかり解説します。すべての手順を詳しく図版で説明しているため、ビギナーでも安心です。

著者 掌田津耶乃
価格 本体3200円(税別)
ISBN 978-4-7980-4212-1
発売日 2014/10/31
判型 B5変
色数 4色
ページ数 448
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 Unityプログラミングの準備をしよう

1-1 Unityを用意しよう!

Unityプログラミングの仕組みとは?

Unityで使えるプログラミング言語は?

Unityの準備はOK?

Unityをインストールする

Unityのライセンスについて

プロジェクトを作ろう

プロジェクトの中身は?

Unityの画面構成をチェック!

1-2 MonoDevelopを使おう!

UnityとMonoDevelop

スクリプトファイルを作成しよう

スクリプトファイルをMonoDevelopで開こう

MonoDevelopの画面

エディターの基本機能を覚えよう!

覚えておきたいメニュー

この章で覚えたこと

Chapter 2 JavaScriptの基本を覚えよう

2-1 値と変数をしっかりマスター!

スクリプトってどう書くの?

学習の心構えをちょっとだけ

プログラムは「値」から!

さまざまなリテラルの書き方

「変数」は値を保管するもの

変数の値と種類

変数の種類

変数の名前はどうするの?

いよいよ「書いて覚える」に突入!

2-2 計算を実行しよう

スクリプトの基本をチェック!

StartとUpdate

メッセージを表示しよう!

スクリプトとゲームオブジェクト

スクリプトをMain Cameraに設定する

スクリプトを実行しよう!

Debug.Logを覚えよう

数字を計算しよう

変数を使って計算する

計算と値の種類の関係

値のキャストについて

テキストの「足し算」

数字とテキストをつなげると?

さまざまな計算を覚えよう!

最後に、シーンを保存!

2-3 制御構文をマスターしよう!

制御構文ってどんなもの?

分岐の基本は「if」文!

変数の利用範囲って?

「変数の利用範囲」は難しいぞ!

たくさんの分岐を作る「switch」文

switchでインチキジャンケン

条件が成立する間繰り返す「while」文

合計を計算してみる

繰り返しの流れをチェックしよう

breakとcontinue

数字でカウントする「for」文

for文の基本の書き方

4つの制御構文はしっかりマスター!

2-4 配列と関数

「配列」は、多数の値をまとめる

配列には2種類ある!

ビルトイン配列の使い方

ビルトイン配列の注意点

forで配列を処理する

配列専用の「for」を使おう

関数ってどんなもの?

関数を作ってみよう

返値を使おう

この章で覚えたこと

Chapter 3 オブジェクトの基本をマスターしよう

3-1 オブジェクト指向ってなんだろう?

複雑な部品をどう作る?

オブジェクトは2種類ある!

クラスとインスタンスの関係

フィールドとメソッド

クラスはどう書くの?

簡単なクラスを作ってみよう

クラスの内容をチェック!

インスタンスを作って利用するには?

クラスの書き方なんて知らなくていい?

3-2 ゲームオブジェクトを動かそう

シーンを用意しよう

スクリプトを設定する

スクリプトはどこに組み込むのが正しい?

ゲームオブジェクト = GameObject

Cubeを回転させてみよう!

Updateイベントの秘密

Vector3クラスってなに?

Rotateで回転する!

Translateで移動しよう!

座標軸を考えよう!

Transformのプロパティとワールド座標

positionプロパティについて

rotationプロパティについて

Quaternionを使って向きを変更する

localScaleと大きさ

TranslateとRotateだけわかればOK!

3-3 ユーザーの入力を利用しよう

ユーザーからの入力と「Input」

キーボードの入力

KeyCodeってなに?

キーボードで操作しよう!

キーのカスタマイズに対応させる

GetAxisで動かそう

アプリケーションのキーをカスタマイズしてみる

ゲームスピードの問題

移動量を調整して動かそう

インスペクターでプロパティを設定する

publicとprivate

マウスボタンを調べよう!

GetAxisでボタンを調べる!

マウスの位置を調べる

表示画面サイズとScreen

GetAxisでマウスの移動を調べる

スマホやタブレットのタッチ操作は?

スクリプトをチェック!

Androidで動かしてみる

この章で覚えたこと

Chapter 4 「物」としてのゲームオブジェクト

4-1 ゲームオブジェクトとレンダラー

ゲームオブジェクトとコンポーネント

GameObjectクラスからチェックしよう!

レンダラーと画面表示

Rendererの主なプロパティ

マテリアルについて

マテリアルで色を変える

Colorクラスについて

4-2 マテリアルを使いこなそう

透明にするには?

シェーダーと表示の関係

Materialの主なプロパティ

マテリアルを作成する

マテリアルをCubeに登録する

スクリプトにマテリアルを登録する

マテリアルをスクリプトで操作しよう

照明の操作について

Findによるゲームオブジェクト取得

Lightオブジェクトについて

テクスチャを利用しよう

テクスチャーを設定する

テクスチャとマテリアル

テクスチャをリソースとして利用する

スクリプトでリソースを利用する

Resources.Loadによるリソースの読み込み

4-3 2次元画面と3次元世界

2次元の画面と3次元のシーン

クリックして操作する!

ScreenToWorldPointの働き

指定の位置にあるオブジェクトを調べるには?

クリックして操作する

RayとRaycastHit

複数のゲームオブジェクトを扱うには?

Cubeにタグをつける

スクリプトを作成する

4-4 物理エンジンとリジッドボディ

「物理エンジン」を使おう

物理エンジンのシーンを用意する

リジッドボディ(剛体特性)とは?

リジッドボディを利用する

スクリプトファイルを用意する

スクリプトを作成する

物理計算とFixedUpdate

AddForceで「押す」!

衝突について

衝突とコライダー

衝突で発生するイベント

Cubeをシーンに追加する

スクリプトを作成しよう

Collisionで衝突したオブジェクトを操作する

トリガーを使おう

トリガーを使ってみる

この章で覚えたこと

Chapter 5 ゲームの幅を広げよう

5-1 ゲームオブジェクト操作を更に考える

ゲームオブジェクトが「消える」とは?

オブジェクトの表示を消す

物としての存在を消す

シーンから削除する

ゲームオブジェクトを作るには?

ハローを表示しよう!

ハローを追加する

パーティクルシステムについて

パーティクルシステムを利用する

ParticleSystemクラスの主な機能

5-2 アニメーションとスクリプト

アニメーションクリップを利用する

アニメーションを作る

アニメーションの再生と停止

スクリプトでアニメーションを停止する

アニメーションクリップの切り替え

アニメーターの内容を確認する

スクリプトでアニメーションを切り替える

クロスフェードでなめらかに切り替える

アニメーションコントローラーの操作

スクリプトでパラメータを操作する

スクリプトの値をアニメーションする

物理エンジンのアニメーションは?

5-3 ミニ・シューティングゲームを作ろう

シューティングゲームを作ろう!

アセットストアを使おう

シーンを作ろう

背景とスカイボックス

自機を作成しよう

ミサイルを作成する

GUI Textを作る

タグを作成する

スクリプトファイルを作成しよう

spaceship.jsを作成する

スクリプトのポイントをチェック

sphere.jsを作成する

この章で覚えたこと

Chapter 6 ゲームの機能を組み立てよう

6-1 新しいGUIシステムを使おう

Unity 4.6の新GUIとは?

Canvasを作ろう!

スクリーン座標の表示とは?

ワールド座標に配置しよう!

ボタンを配置しよう!

Event Cameraの設定

スクリプトを作ろう

ボタンクリックで実行する!

スクリプトでTextを操作しよう

チェックボックスを使おう

Toggleをスクリプトで利用する

スライダーを使おう

Sliderをスクリプトから利用する

値の範囲を操作する

入力フィールドを使おう

InputFieldの設定

スクリプトを作成しよう

その他のイベントを組み込むには?

6-2 アクションゲームを作る!

ゲームを作りこむ、とは?

疾走型アクションゲームを作る

シーンを作ろう

地面を用意する

マテリアルを作成する

トンネルの壁を作ろう

ボールを用意しよう

スクリプトを作成しよう

背景を設定して完成!

シーンを動かそう!

6-3 よりゲームらしく!

どんな機能が必要か

何を作ればいいのか

スタートシーンを作る

スタートシーンのスクリプトを用意する

シーンを追加する

スクリプトを作成する

ゲームエンドのメッセージ表示

スコアの表示

設定GUIの作成

Sliderを作成する

イベント処理の設定

動く障害物を作る

アニメーションを設定する

スクリプトを作成する

動作をチェックしよう!

この章で覚えたこと

これから先はどうするの?

PR

秀和システム