看護師・介護士が知っておきたい 高齢者の解剖生理学

概 要

日本は、間もなく4人に1人が75歳以上という超高齢化社会を迎えます。今後は看護師、介護士、セラピストなどすべてのケアワーカーに高齢者の体や病気の知識が必須となります。本書は、老いによるからだの変化や高齢者の体の不調の見つけ方などケアワーカーが知っていなければならない医学の基礎知識をわかりやすく解説します。また、お年寄りに多い病気の理解、より良い日常生活を送るための予防や生活補助の知識まで網羅しています。

著者 野溝明子
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4224-4
発売日 2014/12/19
判型 A5
色数 2色
ページ数 280
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 知っておきたい体のしくみと老いによる変化

1-1 老化に伴う臓器の変化(1) からだの中の水分の変化(体液)

1-2 老化に伴う臓器の変化(2) 元気な心臓と老化する血管(循環器)

1-3 老化に伴う臓器の変化(3) 血液の変化と血が固まるしくみ(血液)

1-4 老化に伴う臓器の変化(4) 息をする力の変化(呼吸器)

1-5 老化に伴う臓器の変化(5) 食べて出す力の変化(消化器)

1-6 老化に伴う臓器の変化(6) おしっこの変化(泌尿器)

1-7 老化に伴う臓器の変化(7) ホルモンの変化(内分泌)

1-8 老化に伴う臓器の変化(8) 骨や筋肉の衰え(運動器)

1-9 老化に伴う臓器の変化(9) 弱くなる生体防御(免疫)

1-10 老化に伴う臓器の変化(10) 変わっていく脳と末梢神経(神経)

1-11 老化に伴う臓器の変化(11) 目や耳など感覚の衰え(感覚器)

1-12 老化に伴う臓器の変化(12) 皮膚と外見の変化(外皮)

1-13 老化に伴う臓器の変化(13) 男性と女性の変化(生殖器)

1-14 女性と男性の老化の違い

1-15 気づいて欲しい老化のサイン

第2章 高齢者の体の不調を見つける・対処する

2-1 体を表す医学用語と体表マーカー

2-2 高齢者の不調はわかりにくい

2-3 高齢者と薬

2-4 異常を告げるバイタルサイン

・血圧

・体温

・呼吸

・脈拍と不整脈

・意識障害と行動の異常・:基本知識

・意識障害と行動の異常・:せん妄

2-5 高齢者によく起こる脱水

2-6 熱がある

2-7 熱中症

2-8 心臓がどきどきする

2-9 体がだるい

2-10 急にやせた・太った

2-11 食欲がない

2-12 飲み込みにくい

2-13 吐き気や嘔吐

2-14 血を吐いた

2-15 ウンチでわかること

2-16 息が苦しい

2-17 咳や痰が多い

2-18 体がむくむ

2-19 リンパ節の腫れとがんの転移

2-20 おしっこを観察する

2-21 危険な痛みを見分ける

・頭痛

・のどの痛み

・胸痛や胸やけ

・腹痛

・腰背部痛

2-22 脳卒中かな?

2-23 体が動かない(運動麻痺)

2-24 体がふるえる・うまく歩けない

2-25 手足などがしびれる

2-26 めまいがする

2-27 気を失う

2-28 よく見えない・目の充血

2-29 よく聞こえない・耳鳴りがする

2-30 味やにおいがしない

2-31 うまく話せない

2-32 もの忘れが激しい

2-33 よく眠れない・不安がある

2-34 皮膚や爪の観察・皮膚がかゆい

第3章 お年寄りに多い病気の理解

3-1 骨と関節と筋肉の病気(1) 骨の病気

3-2 骨と関節と筋肉の病気(2) 関節に関わる病気

3-3 骨と関節と筋肉の病気(3) 神経が障害される病気

3-4 消化器の病気(1) 歯と口腔の病気

3-5 消化器の病気(2) 食道から十二指腸の病気

3-6 消化器の病気(3) 小腸と大腸の病気

3-7 消化器の病気(4) 脾臓・肝臓・胆嚢の病気

3-8 呼吸器の病気 呼吸器の病気

3-9 心臓と血管(循環器)の病気(1) 心臓の病気

3-10 心臓と血管(循環器)の病気(2) 血圧

3-11 心臓と血管(循環器)の病気(3) 血管の病気

3-12 血液の病気 血液の病気

3-13 脳・中枢神経の病気(1)脳卒中(脳血管障害)

3-14 脳・中枢神経の病気(2)認知症

3-15 脳・中枢神経の病気(3)パーキンソン病

3-16 脳・中枢神経の病気(4)神経変性で運動が障害される病気

3-17 心と精神の病気

3-18 神経痛と末梢神経障害

3-19 見えにくくなる

3-20 難聴とめまい

3-21 ホルモンと体液の病気(内分泌・代謝疾患)(1) 甲状腺と副甲状腺の病気

3-22 ホルモンと体液の病気(内分泌・代謝疾患)(2) 糖尿病1

3-23 ホルモンと体液の病気(内分泌・代謝疾患)(3) 脂質・尿酸と電解質の異常

3-24 泌尿器の病気(1) 腎臓の病気

3-25 泌尿器の病気(2) 尿路の問題

3-26 生殖器の病気 女性と男性の病気

3-27 皮膚に症状がでる病気

第4章 いろいろな検査の知識

4-1 基本的な身体の評価

4-2 体の中を見る

4-3 心臓の動きを見る

4-4 血球の検査

・赤血球で貧血を調べる

・脱水があるか

・白血球でわかる病気

・血小板で出血傾向の原因を探る

4-5 血漿中の成分の検査

・アルブミンでわかること~肝機能、低栄養、炎症

・CRP…炎症や組織の破壊を表す指標

・肝臓が壊れたとき

・肝臓の障害を調べる

・痛風になりやすいかを調べる

・脂質を調べる~LDHやHDLって何?

・高血糖と低血糖~糖尿病を調べる

・筋肉が壊れている?

・電解質(ミネラル)の欠乏と過剰

・腎臓のはたらきを調べる

・がんがある? 直腸マーカー

4-6 尿と便の検査

4-7 老化に関するチェックリスト

第5章 より良い日常生活のための知識

5-1 感染症から体を守る(1) 高齢者に感染症を起こす主な病原体

5-2 感染症から体を守る(2) 感染症を予防する

5-3 感染症から体を守る(3) 食中毒を防ぐ

5-4 姿勢を工夫する(1) 姿勢を表す専門用語

5-5 姿勢を工夫する(2) 呼吸が苦しい時の姿勢

5-6 姿勢を工夫する(3) 消化管の流れと姿勢

5-7 姿勢を工夫する(4) 誤嚥を防ぐ姿勢

5-8 姿勢を工夫する(5) 血液やリンパの流れと姿勢

5-9 体の痛みを軽くする工夫

5-10 介護予防でできること(1) 運動を続けることの意味

5-11 介護予防でできること(2) トレーニングの基礎知識

5-12 尿漏れを改善する

5-13 大切な口の中のケア

5-14 肌と髪のケア

5-15 転倒や病気を防ぐ環境

5-16 老いを遅らせつつ受け入れる

5-17 心に寄り添うケア

PR

秀和システム