ラクラク話せる スピーチと挨拶大事典

概 要

あなたはあせらず、あがらず、堂々とスピーチや挨拶ができますか? また、話がつまらないといわれたことはありませんか? 本書は、朝礼・会議・プレゼン・披露宴などシーンごとにスピーチや挨拶の文例をまとめました。たとえば会議冒頭での挨拶で、メンバーの参加意識を高めたい場合と、やる気を引き出したい場合では話す内容が変わってきますが、本書は聞き手にどういう気持ちになって欲しいかを重視して文例を掲載しています。

著者 株式会社スピーキングエッセイ
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4252-7
発売日 2014/12/19
判型 四六
色数 2色
ページ数 316
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 今さら聞けない! スピーチと挨拶「話す内容」以前のキホン

Basic1 司会者に紹介され、呼ばれたら

「はい!」と返事をした方がいい?

Basic2 自分の席から前に出るまでの、歩き方とルート

偉い人がいても関係ない?

Basic3 一番最初のおじきと挨拶

ここで間違えると第一印象から最悪?

Basic4 マイクの扱い方

スタンド、手持ち、ピンマイク、どうすればいい?

Basic5 上手なカンペの使い方

カンペ見るのはずるい?

Basic6 話すときのポーズとアクション

とりあえず直立不動でいい?

Basic7 目ぢからとアイコンタクト

どこを見て話せばいい?

Basic8 意外なNGワード

えっ、それ言っちゃだめなの?

Basic9 失言したらアウト

これ、言っちゃたらまずいの?

Basic10 話を終えてからの振る舞い

終わったらさっさと戻っていい?

Chapter 2 社内でのスピーチと挨拶(新任・異動・歓迎・送別)

Scene1 入社式での司会者からの挨拶

●緊張をほぐすには理解と共感を述べよう

文例その1 緊張した雰囲気をときほぐす

●開会前に気持ちを引き締めよう

文例その2 式に臨む心の準備をさせる

Scene2 上司・先輩としての新人歓迎挨拶

●緊張をほぐして安心感を持たせよう

文例その1 明るくフレンドリーに安心感を持たせる

●仕事の意義と期待を伝えよう

文例その2 仕事のやる気をかき立てる

●職場は厳しい場所だと教えよう

文例その3 厳しく気持ちを引き締める

Scene3 異動転任する際の挨拶

●これまで支えてくれたことに感謝しよう

文例その1 部下後輩に感謝を伝える

●上司や仲間についての思い出を語ろう

文例その2 朝礼で、思い出とともに感謝を伝える

●力強い決意を述べてやる気を見せよう

文例その3 今後の決意とやる気を示す

Scene4 異動転任の際の着任挨拶

●自己紹介と決意を謙虚に述べよう

文例その1 「謙虚でやる気のある人だな」と思ってもらう

●親しみやすさを前面に出してみよう

文例その2 「気楽な面白い人だな」と思ってもらう

●仕事に向かう思いを伝えよう

文例その3 「まっすぐな人だな」と思ってもらう

Scene5 異動転任者歓迎挨拶

●転任者のキャリアを伝えよう

文例その1 「能力のある人が異動してきた」思ってもらう

●職場のよい点を伝えよう

文例その2 「よい職場なんだな」と思ってもらう

●歓迎会ではリラックスできる雰囲気を作ろう

文例その3 「ここはなじみやすい」と思ってもらう

Scene6 退社送別会での別れとお礼の挨拶

●職場での経験に感謝しよう

文例1 「いい経験をさせてもらえた」と感謝を伝える

●円満退職はなごやかな雰囲気で締めくくろう

文例2 「充実した職場生活だった」と感謝を伝える

●理解と応援に感謝を伝えよう

文例3 「応援してくれてありがたい」と感謝を伝える

Scene7 退社送別会での送る挨拶

●具体的なエピソードで退職者を称えよう

文例1 「立派な人だったんだな」と改めて感動させる

●お祝いの気持ちはひと工夫して伝えよう

文例2 「これから頑張って」とお祝いの気持ちで送る

●定年退職者には尊敬を伝えよう

文例3 「尊敬しています」と率直に伝える

Scene8 役職就任の挨拶

●自分の信念、考え方をしっかり伝えよう

文例その1 「頼もしい人だな」と思わせる

●周囲に早く溶け込むには、親しみやすさを伝えよう

文例その2 「親しみやすい人だな」と思わせる

●初めての昇進では、決意と感謝を述べよう

文例その3 「責任を感じているな」と思わせる

Chapter 3 社内でのスピーチと挨拶(朝礼・ミーティング)

Scene1 朝礼での司会者からの挨拶

●しっかり聞かせるには厳しさを見せよう

文例その1 「しっかり聞け!」と厳しく伝える

●気分をなごませる言葉で、リラックスを引き出そう

文例その2 リラックスした雰囲気をつくる

●やる気を高めるためには、参加意識をもたせよう

文例その3 「よし、やるぞ!」と思わせる

Scene2 朝礼スピーチでの業務連絡

●分かりやすくするには内容を整理して伝えよう

文例その1 業務上の注意を冷静に分かりやすく伝える

●高いレベルを求めて緊張感を持たせよう

文例その2 「しっかりしなければ」と緊張感をもたせる

●楽しい雰囲気づくりがやる気をかき立てる!

文例その3 「よし、やるぞ」と思わせる

Scene3 新人若手としてアピールするスピーチ

●自分の得意を活かしてやる気を見せよう

文例その1 「元気な新人だな」と思ってもらう

●やる気を示すには、自己研さんを話題にしてみよう

文例その2 「やる気あるなあ」と思ってもらう

●身近な話題で気付きや反省を伝えよう

文例その3 「素直に反省できる新人だな」と思ってもらう

●身近な話題で仕事の意欲を伝えよう

文例その4 「素直に学べる新人だな」と思ってもらう

●身近な出来事を語ってみよう

文例その5 「観察力のある新人だな」と思ってもらう

Scene4 中堅先輩としてアピールするスピーチ

●謙虚な反省で真面目さを伝えよう

文例その1 「謙虚で真面目な人柄だ」と思ってもらう

●やってよかった経験を語ろう

文例その2 「やるぞ!」と思わせる

●改善すべき点を指摘し提案しよう

文例その3 「そこは直そう」と思わせる

●意見が分かれる話題をあげてみよう

文例その4 「しっかりした意見をもっているな」と思わせる

●危機感をもっていることを率直に伝えよう

文例その5 「自分たちも気を引き締めないと」と思わせる

Scene5 管理職・経営者として部下後輩のモチベーションをあげる

●やる気を出させるには、良かった点を認めよう

文例その1 「よし、やるぞ!」と思わせる

●少し仕事を離れた話題でなごやかな雰囲気にしよう

文例その2 なごやかな雰囲気を作る

●反省を促すには、全員に自覚を持たせよう

文例その3 「気をつけなくちゃ」と思わせる

●考えさせるには身近な例を挙げよう

文例その4 「勉強しなくちゃ」と思わせる

●危機感を持たせるには他社事例を挙げよう

文例その5 「このままじゃまずいな」と思わせる

Chapter 4 社内でのスピーチと挨拶(会議・会合)

Scene1 定例会議冒頭での担当者からの挨拶

●参加意識を高めるには、ストレートに疑問をぶつけよう

文例その1 「しっかり参加しなきゃ」と思わせる

●やる気を出させるには、プラス面に目を向けさせよう

文例その2 「なるほど」と気づかせ、やる気を引き出す

●節目に気持ちを一新させよう

文例その3 「新しくなった」と感じさせ、やる気を引き出す

Scene2 プロジェクトチーム発足会議でのリーダーの挨拶

●本気を感じさせるにはメンバーを鼓舞しよう

文例その1 「リーダー、本気だな!」と感じさせる

●リーダーの考え方を明確にしよう

文例その2 「大事なものはこれだな」と冷静に理解させる

●チーム作りはメンバーの相互理解から始めよう

文例その3 「仲間を大事にするリーダーだ」と思わせる

Scene3 社内研修での担当者からの挨拶

●スキル習得の機会を整理して、やる気を引き出そう

文例その1 「こういう研修も必要なんだな」と思わせる

●研修を違った面からも捉えよう

文例その2 「講義を受けるだけが研修じゃないんだな」と思わせる

●厳しい言葉で学生気分を払しょくさせよう

文例その3 「もう学生じゃないんだ」と自覚させる

Scene4 社内研修での講師担当者からの挨拶

●厳しい表現で参加者を引き締めよう

文例その1 「慣れ合いになるな」と厳しく伝える

●自分の成長を示すことで聞き手を引きつけよう

文例その2 「自分もああなりたい」と思わせる

●変化の必要性を強く示そう

文例その3 「自己流じゃだめなんだ」と思わせる

Scene5 社内研修参加者の終了時感想と挨拶

●真面目な取り組み姿勢を、全体の振り返りで示そう

文例その1 「真面目にやったんだなあ」と思ってもらう

●ときには自分の欠点をさらけだしてみよう

文例その2 「謙虚に反省したんだな」と思ってもらう

●やる気を示すには、率直で前向きな感想を述べよう

文例その3 「あいつ、やる気だしてるな!」と思ってもらう

●次回の改善点を述べよう

文例その4 「言いにくいことをしっかり言うな」と思わせる

●感謝と決意をしっかり述べよう

文例その5 「代表として立派だ」と思わせる

Chapter 5 社内でのスピーチと挨拶(社内行事)

Scene1 社内旅行での幹事からの挨拶

●団体行動の注意ははっきりと伝えよう

文例その1 「気をつけなくちゃ」と思わせる

●盛り上げるには、楽しい点を色々と挙げよう

文例その2 「みんなと楽しもう」と盛り上げる

●無事の終了を喜びあおう

文例その3 「お疲れ様」と気持ちよく解散する

Scene2 季節のイベントでの開会挨拶

●その年の思い出をみんなで共有しよう

文例その1 しみじみと振り返り、労をねぎらう

●仲間を立てて参加者を盛り上げよう

文例その2 「飲むぞ!」と明るく盛り上げる

●新しい気持ちでの取り組みを促そう

文例その3 「これからみんなで頑張ろう!」と明るく盛り上げる

Scene3 季節のイベントでの締めの挨拶

●幹事として盛り上がりに一区切りつけよう

文例その1 「いったん気持ちを切り替えよう」と思わせる

●感謝の気持ちで気持ちよく締めくくろう

文例その2 「参加してよかったな」と思わせる

●楽しさをやる気につなげよう

文例その3 「やるぞ!」と思わせる

Chapter 6 社外向けのスピーチと挨拶(業界会合・交流会)

Scene1 業界懇親会での挨拶

●フォーマルな言葉づかいで前向きな挨拶をしよう

文例その1 「しっかりした幹事だな」と思わせる

●ユーモアを効かせて話をまとめよう

文例その2 「気楽で楽しい会だな」との印象を与える

●ゲスト紹介は期待を高めるようにしよう

文例その3 「ゲスト、楽しみだな」と感じさせる

●自己紹介には謙虚な姿勢を見せよう

文例その4 「好感が持てる人だな」と思ってもらう

●ビジネス以外の話題でもアピールしよう

文例その5 「個性的な人だな」と思ってもらう

●話題を絞って前向きな感想を述べよう

文例その6 「前向きな参加者だな」と感じさせる

Scene2 ビジネスプレゼンテーション冒頭挨拶

●覚えやすく整理して伝えよう

文例その1 会社の概要を印象付ける

●信頼性を感じさせ特徴を覚えてもらおう

文例その2 商品の特徴を印象付ける

●新しさを驚きで伝えよう

文例その3 商品の意外性、新しさを印象付ける

Scene3 顧客招待イベントでの挨拶

●まずは会の趣旨や概略を伝えよう

文例その1 来訪のお礼と歓迎を述べ、改まった雰囲気を作る

●参加者を代表して祝辞を述べよう

文例その2 招待への感謝を述べ、お祝いの気持ちを伝える

●将来への期待をもってもらおう

文例その3 来場者に感謝し、新たな決意を述べる

Chapter 7 冠婚葬祭の挨拶(披露宴・二次会パーティ)

Scene1 司会者開宴挨拶と自己紹介

●慣例にそったフォーマルな司会をしよう

文例その1 おごそかな雰囲気を作る

●伝統にとらわれない席はなごやかに進めよう

文例その2 なごやかな雰囲気を作る

●くだけた場では全員の交流を促そう

文例その3 二次会・パーティを明るく盛り上げる

Scene2 新郎友人からの祝辞

●友人の良いところを伝えよう

文例その1 新郎の長所を紹介する

●友人の意外なエピソードを語ろう

文例その2 エピソードで人柄を語る

●意外な弱点を面白く伝えよう

文例その3 ユーモアをまじえた祝辞

Scene3 新婦友人の祝辞

●家族への思いやりを示そう

文例その1 親族への心遣いを伝える

●仕事ぶりと人柄を称えよう

文例その2 寿退社の同僚へ贈る祝辞

●友人ならではの話題を出そう

文例その3 ユーモアをまじえた祝辞

Scene4 上司としての祝辞

●上司らしい品格のある挨拶をしよう

文例その1 フォーマルな挨拶

●会社として応援する姿勢を示そう

文例その2 職場結婚でのフォーマルな挨拶

●経験談や人生訓を述べてみよう

文例その3 結婚生活を語る

●くだけた話の中にも上司らしさを込めよう

文例その4 ざっくばらんに盛り上げる

Scene5 司会者お開きの挨拶

●披露宴は最後まで気を抜かないようにしよう

文例その1 フォーマルに締めくくる

●楽しい雰囲気で自然に終えよう

文例その2 カジュアルに締めくくる

Scene6 親の葬儀での喪主としての挨拶

●参列者、関係者への感謝を示そう

文例その1 生前の交友や支援に感謝する

●親への尊敬を素直に表そう

文例その2 親の人柄をしのび、尊敬を伝える

●親の役割を引き継ぐ姿勢を示そう

文例その3 残された家族の、今後に対する決意を伝える

PR

秀和システム