図解入門業界研究 最新銀行業界の動向とカラクリがよーくわかる本[第4版]

概 要

銀行業界への就職・転職を考えている人に必見の業界入門書です。銀行業界はライフラインの一部として、経済政策や金融システムの中心として、常に立ち止まることを許されません。本書は、銀行業界の現在から将来への課題まで最新動向を広く解説します。金融庁がかかげる「日本産業再興プラン」や増加するネットバンキング犯罪への対策、銀行業界に関連する法律知識、NISA改正、クラウドファンディングの将来などの最新情報が満載です。

著者 平木恭一
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-4257-2
発売日 2014/12/23
判型 A5
色数 2色
ページ数 212
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 銀行業界の現状

1-1 日本再興戦略で金融は活性化するか

1-2 いまだ途上、銀行の震災復興支援

1-3 「みずほトラブル」今度は反社問題

1-4 増加するネットバンキング犯罪

1-5 NISAで手数料収入稼ぐ

1-6 金融庁の監督・検査の基本は「好循環」

1-7 「銀証信」 三位一体経営目指すメガバンク

1-8 二〇二〇年五輪に向けての金融国策

1-9 信託銀行は二強時代

1-10 連携花盛り…地方銀行

1-11 「合併・再編」最終章はいつ?…第二地銀

1-12 中小金融機関最後の砦…信用金庫

1-13 政権交代で変貌する日本郵政グループ

1-14 三年で預貸金倍増「新たな形態の銀行」

1-15 米国の金融規制が世界に波及

1-16 装置産業の宿命 銀行システム

1-17 地域金融機関で主流のシステム共同化

コラム 生活者目線の震災復興金融

第2章 銀行業界の仕組みと仕事

2-1 ヒエラルキーに基づいた日本の金融制度

2-2 資本充実求める新BIS規制

2-3 お金を融通する担い手(銀行の仕事)

2-4 銀行の三大業務(預金、融資、為替)

2-5 フィービジネスは第四の業務

2-6 それでも融資は銀行の重責

2-7 リテール戦略に合わせた銀行店舗

2-8 再編の受け皿になる金融持株会社

2-9 終わらない再編統合

2-10 ホールセールとリテール

2-11 金融円滑化…返済猶予と条件変更

2-12 商品販売トラブルで問われる説明義務

2-13 銀行の視覚障がい者対策

2-14 銀行で認知症サポーター増える

2-15 「コンプライアンス」の鐘が鳴る

コラム 顧客選別と利便性

第3章 銀行業界で必要な法律知識

3-1 銀行法…金融環境の変化に即応

3-2 信託業法…財管業務を大幅緩和

3-3 預金保険法…保険料率引き下げの声強まる

3-4 金融機能強化法…金融不安と震災復興で改正

3-5 金融商品販売法…リスク商品から消費者を守る

3-6 「未完の大法」金融商品取引法…違反やまず

3-7 振り込め詐欺救済法…ネットワークの陥穽

3-8 預金者保護法…カード被害は銀行が弁償

3-9 犯罪収益移転防止法…疑わしき取引

3-10 個人情報保護法…プライバシー保護の厳格化

3-11 貸金業法…メガバンクの収益減に波及

3-12 割賦販売法…割販業登録を回避した銀行も

コラム 銀行主導?の「貯蓄から投資」

第4章 銀行業界の問題点

4-1 財務強化に追われる大手銀行グループ

4-2 アジア進出強化は奏功するか

4-3 増えるネットバンキング不正取引(三菱UFJFG①)

4-4 「選ばれる」を目指す(三菱UFJFG②)

4-5 必然の“ワンバンクみずほ”(みずほFG①)

4-6 統合システム稼働延期(みずほFG②)

4-7 国内営業体制を大幅見直し(三井住友FG①)

4-8 外銀信託買収で「銀証信」(三井住友FG②)

4-9 公的資金を実質完済(りそなHD)

4-10 多角化路線変わらず (三井住友トラストHD)

4-11 公的資金、いつ返す?(新生銀行・あおぞら銀行)

4-12 ビジネスマッチングは成功しているか(地銀)

4-13 再編統合の草刈場になる?(第二地銀)

4-14 信金の専売特許「地域密着」

4-15 ライバルの構図が浮き彫りの「新銀行」

4-16 肥大化反対の陰ですり寄る民業(ゆうちょ銀行)

4-17 民営化は先送りへ(政府系金融機関)

コラム みずほに期待する「グッドニュース」

第5章 銀行業界の最新動向

5-1 女性行員の登用相次ぐ

5-2 誕生するか? 「首都圏銀行」

5-3 スマホで実現した「お手軽取引」

5-4 振込時間を延長へ

5-5 イスラム金融始まる

5-6 利用低調な電子債権

5-7 デビットカード、銀行で導入広がる

5-8 SE不足で大規模システム更改に懸念

5-9 地銀と信託の異業態提携

5-10 投信・生保、銀行窓販活発

5-11 シティバンク、リテールに終止符

5-12 東京スター銀行、中国マネーが買収

5-13 反社データベース構築遅れる

5-14 銀行を悩ます高齢者取引ルール

5-15 自己資本の充実目指す「新々BIS規制」

5-16 銀行で増加「成年後見制度取り次ぎサービス」

5-17 保育所設置で働き甲斐

5-18 ベテラン健在。六〇歳支店長

5-19 地域銀行のシステムでベンダーが争奪戦

コラム 銀行のITリテラシー

第6章 銀行業界の将来動向

6-1 子どもをダシにするNISA改正

6-2 りそなHDが大型地域再編のカギ握る

6-3 預金保険料、下がれば利用者還元

6-4 クラウドファンディングは育つか?

6-5 マイナンバー制度と預金口座

6-6 どこへ行く、銀証信

コラム 欧米並み、ということ

PR

秀和システム