ライブラリを使う前に読んでほしいJavaScriptの心得

概 要

Webページはたくさんの技術の集合体です。イマドキ「Webデザイナー」を名乗るなら、JavaScriptプログラミングくらいはできて当たり前という時代です。本書は、「Webデザイナーなんだからプログラミングなんて知らない!」という食わず嫌いの初級Webデザイナーのために、JavaScriptプログラミングを基礎からわかりやすく解説します。jQueryなどのライブラリに飛びつく前に、JavaScriptでHTMLとCSSを自在に操れるようになりましょう。

著者 園田誠
価格 本体2000円(税別)
ISBN 978-4-7980-4263-3
発売日 2014/12/25
判型 B5変
色数 4色
ページ数 280
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

序 章 HTML習得だけでは一流デザイナーになれないワケ

心得1 できるコトが増えたなら、できるモノを増やそう。

心得2 人に歴史あり、JavaScriptにも歴史あり。

心得3 HTML5の本当の強さはJavaScriptとの連携にあり。

第1章 JavaScript習得の心得

心得4 Webページはたくさんの技術の集合体。 [ Webページを構成する要素 ]

心得5 JavaScriptは「ほぼ」HTMLとCSSのための言語である。 [ JavaScriptとHTML/CSSの関係 ]

心得6 JavaScriptの習得に特別な道具はいらない。 [ JavaScriptの学習環境 ]

心得7 いきなりのプログラムにビビっちゃいけない。 [ ソースとコード ]

心得8 どこでも書けるが書いた場所に意味がある。 [ <script>タグ ]

心得9 プログラムには利用者が指示する仕組みがある。 [ プロンプト ]

心得10 プログラムには一時保管庫のようなものがある。 [ 変数 ]

心得11 プログラムには作用するモノが必ずある。 [ オブジェクト ]

心得12 プログラムにはいくつもの道を作る仕組みがある。 [ コンファームと条件判断 ]

心得13 プログラムのエラーは取り除くもの。 [ デバッグ ]

第2章 動的ページ書き換えの心得

心得14 あなたのすべてをプログラムはお見通し。 [ イベント ]

心得15 似たもの同士はまとめてあげればスッキリ使える。 [ function ]

心得16 あとから足したり取ったりは自由自在。 [ DOM ]

心得17 モノがあって方法があって状態がある。 [ オブジェクト・メソッド・プロパティ ]

心得18 見た目も動きもプログラムで自由自在。 [ 属性とスタイルの動的変更 ]

心得19 プログラムの本当の役どころをわきまえる。 [ JavaScriptとデザイン ]

第3章 JavaScript使いこなしの心得

心得20 新しいCSSはJavaScriptがあってこそ。 [ CSS3との関係 ]

心得21 新しい窓はプログラムでバンバン開ける。 [ window.openメソッド ]

心得22 渡すのにゲットするとはこれ如何に。 [ GETメソッド ]

心得23 準備完了で初めてやれることがある。 [ onLoadイベント ]

心得24 見せたくないモノは隠さなきゃならない。 [ スコープ ]

心得25 ひとつの名前でまとめて扱う仕組みがある。 [ 配列 ]

心得26 窓を開かず外を見せる仕組みがある。 [ ライトボックス ]

心得27 窓を自分で作るのには何から何まで自分でやる。 [ 位置と装飾 ]

心得28 見た目だけは何でもぐるっと回すことができる。 [ 回転とベンダープリフィックス ]

心得29 ネズミの動きに反応する仕組みを作れる。 [ :hover疑似クラス ]

心得30 2Dブラウザでも3Dっぽく見せられる。 [ 画像やテキストの変形 ]

心得31 見た目だけの上下関係は変えられる。 [ 描画優先順位 ]

心得32 画像みたいな大きなものでもカンタンに動かせる。 [ 画像の入れ替え ]

心得33 ときにはプログラムチックなことをやってみる。 [ 関数の連携 ]

心得34 皆が勝手に動くプレゼン的な仕組みがある。 [ アニメーション ]

第4章 外部連携の心得

心得35 車輪を二度も発明する必要はない。 [ Webサービスの基礎 ]

心得36 一緒になるには長い長い道がある。 [ Webサービスの組み込み ]

心得37 外に置いておくから皆で使える。 [ 外部JavaScript ]

心得38 ギブ・アンド・テイクとはちょっと違う。 [ リクエストとレスポンス ]

心得39 JavaScriptにとってもマッチしたデータ形式がある。 [ JavaScriptとJSON ]

心得40 JSONだって思い通りに操れる。 [ JSONの操作 ]

心得41 やっぱりすっごい難しい仕組みがある。 [ httpWebRequestによるデータ取得 ]

心得42 一文字付けるだけで取り回しがこんなに簡単になる。 [ JSONとJSONP ]

心得43 呼んでもらうことにすれば後は待つだけでいい。 [ コールバックの考え方 ]

心得44 どっかで見たようなデータ形式はやっぱり便利。 [ XMLデータの処理 ]

心得45 便利なものほど時と場所をわきまえよう。 [ WebサービスのTPO ]

心得46 レガシーなものにはレガシーなりの良さがある。 [ クッキーの使い方 ]

心得47 名前がカッコイイだけじゃなくて中身もすごい。 [ Web Storageの使い方 ]

心得48 キャンバスを使えばプログラムでお絵描きできる。 [ canvasへの描画 ]

終 章 おわりに

心得49 これから進むべき次のステップ [ ライブラリとJavaScriptの未来 ]

PR

秀和システム