ざっくりPDCA

概 要

ある日突然リーダーに任命されてしまい「自分には無理」「どうすればいいかわからない」と困ったことはありませんか? スポーツでも学問でも、最初は深く考えず師匠のお手本を真似しますが、リーダーも同じです。本書は、そもそもリーダーって何をする人なのかという「型」から、Plan/Do/Check/ActionというPDCAの考え方、PDCAで実際にチームを回す方法、得られる効果まで解説します。マネをするだけでホンモノのリーダーになれます!

著者 株式会社HRインスティテュート
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4270-1
発売日 2014/12/23
判型 四六
色数 1色
ページ数 224
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 リーダーになるためにカタチから入ろう

・そもそもリーダーって何する人?

・リーダーよりもプレイヤーのほうが楽しい!?

・上から目線のリーダー像はもう古い!

・リーダーの“カタチ”を知ることからはじめよう

第2章 深く考えずに、とにかくやってみる

・考える人 VS 悩む人

・深く考えずに“TTP”を実行せよ!

・成果はあとから追いかけてくる。だから焦るな!

・リーダーの仕事は「時計」をつくること

第3章 PDCAって何だろう?

・PDCAとは成果を導くキーワード

・PDCAが回る組織 VS 回らない組織

・カチッとはめて、サーっと回る組織が理想

・リーダーの役割=PDCAをしっかり回すこと

第4章 PDCAを回そう!

・P:計画を立てる!

・D:まずやってみる!

・C:成果を共有する!

・A:改善をして取り組む!

第5章 PDCAが回れば コミュニケーションがうまくいく

・リーダーの悩みの種は“人間関係”

・人ではなく、仕組みを動かす

・ホウレンソウよりもソウレンホウ

・質問を使って考えてもらう

第6章 新米からホンモノのリーダーになるために

・会社の方針をそのまま伝えるリーダーはNG

・ミーティングでは聞き役に回る

・メンバーが思い通りに動かない時の対処法

・メンバーと一緒に自分も成長する

PR

秀和システム