これだけ! 燃料電池

概 要

これからの私たちの生活を支えるエネルギーは、石油から水素に代わると見込まれています。実際に、家庭用燃料電池「エネファーム」やトヨタの燃料電池自動車「ミライ」など、燃料電池を動力源とした製品が増えています。本書は、水素を燃料とする燃料電池の基本的な仕組みと、燃料電池をとりまくマーケットや業界について解説した入門書です。ポイントをしぼって説明しているので、知識ゼロの人でもすぐに基礎が身につきます。

著者 坂本一郎
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4272-5
発売日 2015/8/27
判型 A5
ページ数 224
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第0章 燃料電池とは何か?

0-1 実は燃料電池は電池ではありません

第1章 SFと思われていた燃料電池

1-1 アポロ13号は燃料電池を積んでいた

1-2 ハリウッドが思う燃料電池の役割

1-3 日本映画が思う燃料電池の役割

1-4 燃料電池を英語で学んだ中学生

第2章 21世紀の日本と燃料電池

2-1 日本の燃料電池開発はオイルショックから

2-2 市民の視線で見た燃料電池

2-3 燃料電池車の燃料に最適なのは?

第3章 手探り時代の燃料電池の開発

3-1 燃料電池の発見

3-2 燃料電池の進展

3-3 宇宙開発と燃料電池

3-4 宇宙用から民生用に代わる

第4章 自動車用燃料電池の開発

4-1 自動車の普及と大気汚染

4-2 固体高分子型の躍進が始まる

4-3 固体高分子型燃料電池のリースが始まる

4-4 カリフォルニア州の燃料電池評価

第5章 固体高分子(PEM)型燃料電池の仕組み

5-1 燃料電池と日本語

5-2 代表的な燃料電池の仕組み

5-3 三相界面と白金触媒

5-4 プロトンの通り道

5-5 燃料電池の種類

第6章 燃料電池自動車

6-1 水素が燃料に決まるまで

6-2 燃料電池自動車の市販開始

6-3 燃料電池車の新たな問題

6-4 誤解される燃料電池車の問題

6-5 自動車産業の合従連携

第7章 家庭用燃料電池エネファーム

7-1 温暖化対策と燃料電池施策

7-2 家庭用燃料電池の特徴と仕組み

7-3 定置用燃料電池を支えた企業

7-4 定置用燃料電池大規模実証事業

7-5 エネファーム普及と固定価格買取制度

7-6 エネファーム普及の障害は価格だけ

第8章 水素社会に向けて

8-1 水素のイメージ

8-2 日本初の水素ステーション

8-3 地方自治体の取り組み

8-4 アメリカの水素事情

8-5 世界へ広がる水素社会

PR

秀和システム