予算10万円以内! 本気で原音を楽しむハイレゾオーディオ

概 要

ハイレゾ音源の登場によって、今までは夢でしかなかったアルバムの収録スタジオの雰囲気や、コンサート会場の空気感を、誰でも高音質でクリアに楽しめるようになりました。さらに、最近では昔懐かしの名盤がリマスタリングでよみがえったり、新録のコンテンツも続々と登場しています。本書は、予算10万円で買えるオーディオで、高音質なハイレゾを楽しむ方法を解説します。あなたの音楽体験が一気に広がり、心に響くものになります!

著者 安蔵靖志
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-4273-2
発売日 2015/10/9
判型 A5
ページ数 152
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 オーディオの“原音”を追求しよう!

1-1 「最高の音」とか「最高のオーディオ」って何?

オーディオファンの誰もが求める「原音」とは?

“新たな音”を発見する喜びは何物にも代えがたい!

1-2 「最高の音」を知ろう、聴こう!

価格は1,000万円超!? 最高峰クラスの国産オーディオ「TAD」

1-3 レコードを徹底的に味わえる「レーザーターンテーブル」

最高の音を踏まえた上でコスパのいいハイレゾを目指す!

1-4 デジタルで原音を楽しもう!

原音を手軽に楽しめるのがデジタルならではの魅力

ポータブルオーディオでハイレゾを楽しもう!

価格は約50万円! ファン垂涎の超高級プレーヤー「AK380」

世界555台限定! 約50万円の超高級ヘッドホン「Edition 5」

1-5 「ハイレゾ」の魅力とは?

CDを超える音質で“スタジオクオリティー”を実現

“生の感動”、ライブ感を味わえる

昔懐かしの名盤がリマスタリングでよみがえる

新録のコンテンツも続々登場

1-6 ハイレゾが時代とともに開花する

実は古くて新しい「ハイレゾ」

次世代CDの失敗を糧に危機を乗り越える

パソコンやネットワークの進化がハイレゾに追い付く

「アニソン」のハイレゾ盤などが起爆剤

1-7 手軽かつ安価にハイレゾを楽しめる“ポタオー”

現代のブームを担う「ポータブルオーディオ」

「ピュアオーディオ」に比べて価格は数十分の1!?

“組み合わせ”の楽しみは全く同じ

カスタマイズ、自作…… さらに深化するポタオーの世界

コラム 若年層にオーディオファンが増加中!?

第2章 ハイレゾ機器選びでもう迷わない!

2-1 さまざまなスタイルでハイレゾオーディオを楽しもう

入門者に最適なのは「ポータブルオーディオ」で決まり

家でゆっくり聞きたいなら「ミニコンポ」や「ラジカセ」がお薦め

今は「ネットワークCDレシーバー」が熱い!?

古くからのオーディオファンなら「PCオーディオ」も一つの手

さらにオーディオ寄りな「ネットワークオーディオプレーヤー」

ケータイを買い替えるなら「ハイレゾ対応スマホ」にも注目!

2-2 外出先で楽しめる「ポータブルオーディオ」の選び方

最も手軽! 予算3万円から楽しめるのが魅力

まずは「ヘッドホン」から選ぼう

「ハイレゾ非対応」のヘッドホンでもOK?

ヘッドホンの目安は「1万円」と「3万円」

「エージング」って何? 実際に音は変わるの?

ヘッドホンを決めたら次はプレーヤーを選ぼう

ステップアップや乗り替えのためには「接続端子」も重要

実際に触ってみて使い勝手もチェック

2-3 予算10万円! ポータブルオーディオを徹底的に楽しもう

予算10万円! 高音質で楽しめるポータブルオーディオ3選

2-4 ウォークマンでハイレゾらしさを味わう入門コース【予算5万円】

(1)プレーヤーはウォークマンで決まり!?

(2)ヘッドホンは「モニター系」がお薦め

(3)ステップアップの方向性は?

2-5 これぞ定番? iPod touchで楽しみ倒す【予算10万円】

(1)iPod touchでポタアンを選ぶ方法は?

(2)まずはポタアンを決めて予算を配分しよう

(3)ステップアップの方向性は?

2-6 “ポタ沼”一直線! カスタマイズ志向で選ぶ【予算10万円】

(1)デジタル出力端子を備えるプレーヤーを選ぶ

(2)ヘッドホンを選ぶ

(3)ステップアップの方向性は?

第3章 ハイレゾ音源の入手方法

3-1 「ハイレゾ音源」をしっかり理解しておこう

「CD」と「ハイレゾ」は同じフォーマットを採用

「ハイレゾ」の定義とは?

複数のハイレゾフォーマットが存在

音質と使い勝手のバランスがいいのはどれ?

3-2 国内ハイレゾ音源配信サイトの特徴

幅広いジャンルを網羅する「e-onkyo music」

J-POPが充実する「mora」

DSDファイルの制作過程にこだわりを見せる「HQM Store」

ライブ音源を購入したい人にお薦めの「OTOTOY」

クラシック中心の「Highresaudio.jp」

懐かしの歌謡曲が充実する「VICTOR STUDIO HD-Music.」

3-3 海外ハイレゾ音源配信サイトの特徴

オールドロックファンにはたまらない「HDtracks」

高級オーディオメーカーが提供する「Linn Records」

マルチチャンネルDSDも販売する「Channel Classics」

クラシック中心で低価格が魅力の「eClassical」

3-4 図解でわかるハイレゾ音源購入方法

ほぼ迷わず買える? 「e-onkyo music」

クレジットカードでもペイパルでも決済できる「HDtracks」

コラム “看板倒れ”な音源もある!?

第4章 バラエティ豊かなカスタマイズ&自作の世界

4-1 今ブレイクしつつある「カスタマイズ」と「自作」の世界

オーディオの「カスタマイズ」と「自作」とは?

'60~'70年代に爆発した「オーディオ自作」ブーム

オーディオ自作のメリットとは?

オーディオ自作のデメリット、実はほとんどない!?

ポータブルオーディオにも「自作」の流れ

4-2 ポータブルオーディオを高音質化しよう!

オーディオの仕組みを理解しておこう

プレーヤー→アンプ→スピーカー(ヘッドホン)が一つの流れ

ポータブルオーディオはプレーヤーからアンプまでが1セット

「入出力」が高音質化の基本的なポイント

4-3 ポータブルオーディオを高音質化する3つの方法

(1)イヤホン・ヘッドホンに徹底的にこだわる

(2)アナログヘッドホンアンプを使って高音質化

(3)デジタルヘッドホンアンプでさらに高音質化を狙う

4-4 さらに高音質化したい場合はカスタマイズしよう!

「高音質ケーブル」を利用する

ヘッドホンを「リケーブル」する

リケーブルできる端子の種類

「カスタムIEM」を作る

ヘッドホン、アンプを「バランス化」してさらに高音質化

4-5 高音質を目指すためにトレンドを知ろう

要チェックイベントその1…… 「ヘッドフォン祭」

要チェックイベントその2…… 「ポタフェス」

PR

秀和システム