クライアントHyper-V徹底入門 Windowsの上でLinuxもUNIXも全部動かそう!

概 要

無料で使えるWindowsの仮想化技術Hyper-Vが、Windows 8からクライアントOSにも搭載され、Windows 8.1でさらに強化されています。このクライアントHyper-Vは、Windows Server 2012 R2のHyper-Vと遜色ない機能があります。本書は、はじめてクライアントHyper-Vに触る方向けに、さまざまなOSを仮想マシンとして構成する手順と、仮想化の基礎をわかりやすく解説します。Windows Server 2003 R2/Windows Server 2012R2/Ubuntu/CentOS/FreeBSD/Solaris 11まで動かせます。

著者 長岡秀明
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4312-8
発売日 2015/2/25
判型 B5変
ページ数 392
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 予備知識

1-1 仮想化とは

1-1-1 仮想化とは

1-1-2 CPUやメモリの効率的利用

1-1-3 機能検証や学習環境

1-1-4 古いOSの利用

1-1-5 仮想化の短所

1-1-6 物理的なコンピューターと仮想化されたコンピューターの用語

1-2 Hyper-Vとは

1-2-1 Hyper-Vとは

1-3 クライアントHyper-Vを理解する

1-3-1 クライアントHyper-Vとは

1-4 Windows 8.1で拡張された新機能を把握する

1-4-1 クライアントHyper-Vの新機能

1-4-2 第2世代仮想マシンの追加

1-4-3 稼動時のディスク拡張

1-4-4 拡張セッションモード

1-5 仮想マシンの種類を理解する

1-5-1 仮想マシンの種類

1-5-2 第1世代仮想マシンと第2世代仮想マシンの構成

1-5-3 ゲストOSへのLinux採用

1-6 仮想マシンのハードディスク構成を理解する

1-6-1 仮想マシンのハードディスク

1-6-2 仮想ハードディスクの種類

1-6-3 物理ハードディスクの直接利用

1-7 仮想マシンのネットワーク構成を理解する

1-7-1 仮想マシンのネットワーク

第2章 Hyper-V環境の構築準備

2-1 Hyper-Vの仕様を理解する

2-1-1 Windows 8.1のエディション

2-1-2 Hyper-VのCPU仕様

2-2 GUIでCPUの仕様を調査する

2-2-1 CPUの仕様確認

2-3 ユーティリティでCPUの機能を把握する

2-3-1 Sysinternalsのユーティリティ

2-3-2 Coreinfo.zipのダウンロード

2-3-3 EPT未サポートのCPU

2-4 コマンドプロンプトでCPUの機能を把握する

2-4-1 コマンドプロンプトの実行

2-5 ネットワークインタフェースを検討する

2-5-1 固定IPアドレスの採用

2-5-2 IPアドレスの番号計画

2-5-3 ネットワークインタフェースの増設

第3章 Hyper-Vのインストール

3-1 Hyper-Vを有効化する

3-1-1 Hyper-Vの有効化

3-1-2 [参考]Windows Server 2012 R2のHyper-V

3-2 Windows 8.1の設定変更と重要ファイルの確認

3-2-1 Windows 8.1の設定変更

3-2-2 ハイパーバイザーのアプリケーションファイルの確認

3-2-3 仮想マシンの管理実行ファイル

3-3 Hyper-Vのユーザー管理を実施する

3-3-1 Hyper-Vの利用ユーザー

3-3-2 Hyper-Vの管理者グループ

第4章 Hyper-Vの基本操作

4-1 Hyper-Vの管理ツールを理解する

4-1-1 Hyper-Vマネージャー

4-1-2 [参考]Windows Server 2012 R2でのHyper-Vマネージャー起動

4-1-3 Hyper-Vマネージャーの基本

4-1-4 仮想マシンの操作画面

4-1-5 仮想スイッチマネージャー

4-2 コマンドレットによる基本操作を把握する

4-2-1 コマンドレットとは

4-2-2 Windows 8.1のWindows PowerShell

4-2-3 Hyper-VのPowerShell

4-2-4 Windows PowerShellの起動

4-2-5 コマンドプロンプトからのWindows PowerShell起動

4-2-6 Windows PowerShellのコマンドレット構成

4-2-7 ヘルプの活用

4-2-8 Hyper-Vモジュールのコマンドレット確認

4-2-9 [参考]Windows PowerShell ISE

第5章 仮想マシンの基本構成

5-1 仮想マシンを理解する

5-1-1 仮想マシンの構成内容

5-1-2 カプセル化された仮想マシン

5-1-3 ゲストOSの多様性

5-1-4 仮想マシンのプロセス

5-2 仮想マシンを構成する

5-2-1 仮想マシンの新規作成ウィザード

5-2-2 仮想スイッチの作成

5-2-3 最終設定(光学ドライブの指定)

5-3 ゲストOSをインストールする

5-3-1 第1世代仮想マシンへのゲストOSインストール

5-3-2 Hyper-Vマネージャーによる状態表示

第6章 仮想マシンの操作・運用

6-1 仮想マシンを起動・停止する

6-1-1 仮想マシンの起動

6-1-2 仮想マシンの停止

6-1-3 仮想マシンのシャットダウン

6-1-4 仮想マシンのリセット

6-1-5 仮想マシンの一時停止と再開

6-2 仮想マシンのアクションを設定する

6-2-1 仮想マシンのアクション

6-2-2 自動開始アクションの設定

6-2-3 自動停止アクションの設定

6-3 仮想マシンのメモリを管理する

6-3-1 仮想マシンのメモリ

6-3-2 仮想マシンのメモリ設定

6-3-3 仮想マシンへのメモリ優先指定

6-4 仮想マシンのCPUを設定する

6-4-1 仮想マシンのCPU

6-4-2 CPUの調整

6-5 拡張セッションモードを理解する

6-5-1 拡張セッションモードとは

6-5-2 拡張セッションモードの利用

第7章 ハードディスクの管理

7-1 仮想ハードディスクを理解する

7-1-1 仮想ハードディスク

7-1-2 仮想マシンに適用されたハードディスク

7-1-3 コントローラーの選択基準

7-1-4 [参考]SCSIコントローラーの追加

7-2 仮想ハードディスクを追加する

7-2-1 仮想ハードディスクの作成

7-2-2 仮想ハードディスクの追加(IDE)

7-2-3 仮想ハードディスクの追加(SCSI)

7-2-4 追加された仮想ハードディスクの確認

7-3 稼働中の仮想マシンのハードディスクを拡張する

7-3-1 ハードディスクの拡張

7-3-2 仮想ハードディスクの編集

7-3-3 仮想マシンによる「ディスクの管理」操作

7-3-4 ハードディスク拡張機能の制限事項

7-3-5 [参考]「仮想ハードディスクの編集ウィザード」による別の手順

7-4 仮想ハードディスクを変換する

7-4-1 仮想ハードディスクの変換

7-4-2 「仮想ハードディスクの編集ウィザード」による変換

7-4-3 容量固定VHDXファイルの適用

7-5 物理ハードディスクを活用する

7-5-1 物理ハードディスクの利用

7-5-2 物理マシンへの物理ハードディスク増設

7-5-3 仮想マシンへの物理ハードディスク増設

7-5-4 [参考]物理ハードディスクへのゲストOSインストール

第8章 ネットワークの管理

8-1 仮想スイッチを理解する

8-1-1 仮想スイッチの概念

8-1-2 仮想ネットワークアダプターの確認(仮想マシン)

8-1-3 仮想スイッチの確認(管理元コンピューター)

8-1-4 管理元コンピューターの仮想ネットワークアダプターの確認

8-1-5 物理的なコンピューターへのNIC追加

8-1-6 vEthernetが作成されない事例

8-1-7 [参考]仮想マシンへのネットワークアダプター追加

8-2 自動構成されたMACアドレスを理解する

8-2-1 MACアドレスとは

8-2-2 仮想マシンのMACアドレス

8-2-3 MACアドレスの範囲指定

8-2-4 MACアドレスの自動構成

8-2-5 MACアドレス構成の問題点

8-3 パフォーマンスを重視したネットワーク構成に変更する

8-3-1 ネットワークインタフェースの増設

8-3-2 仮想スイッチの設定変更

8-3-3 [参考]複数NICの追加

8-4 機能検証用のネットワーク構成に変更する

8-4-1 ネットワーク接続の範囲

8-4-2 プライベートの仮想スイッチ作成

8-4-3 仮想マシンへの仮想スイッチ適用

第9章 古いOSの延命

9-1 統合サービスを理解する

9-1-1 統合サービスとは

9-1-2 統合サービスのインストール

9-2 ゲストOSとしてWindows Server 2003 R2をインストールする

9-2-1 Windows Server 2003 R2のサポート

9-2-2 仮想マシンの作成

9-2-3 ゲストOS(Windows Server 2003 R2)のインストール

9-2-4 統合サービスのインストール

第10章 Hyper-Vの運用

10-1 チェックポイントとは

10-1-1 チェックポイントとは

10-1-2 チェックポイントの意義

10-1-3 チェックポイントの作成数

10-2 チェックポイントを作成する

10-2-1 チェックポイントの作成

10-2-2 仮想ハードディスク(差分)の確認

10-3 特定のチェックポイントに戻す

10-3-1 チェックポイントの適用

10-3-2 Hyper-Vマネージャーで元に戻す

10-4 チェックポイントを設定変更する

10-4-1 チェックポイントの削除

10-4-2 チェックポイントの名前変更

10-4-3 チェックポイントの保存場所

第11章 Linuxの活用

11-1 Live起動のUbuntuを仮想マシンとして構成する

11-1-1 LinuxのLive起動

11-1-2 ゲストOSとしてのUbuntu

11-1-3 仮想マシンの作成

11-1-4 ゲストOSのインストール

11-2 Ubuntuを仮想マシンとして構成する

11-2-1 ゲストOSとしてのUbuntuインストール

11-3 Ubuntuを第2世代仮想マシンとして構成する

11-3-1 第2世代仮想マシン対応

11-3-2 仮想マシンの作成

11-3-3 ゲストOSのインストール

11-3-4 ネットワークの正常性確認

11-4 CentOS 7を仮想マシンとして構成する

11-4-1 仮想マシンの作成

11-4-2 ゲストOSのインストール

11-4-3 ネットワークの正常性確認

11-5 バージョンの古いCentOSを仮想マシンとして構成する

11-5-1 統合サービス組み込み済みのCentOS

11-5-2 仮想マシンの作成

11-5-3 ゲストOSのインストール

11-6 FreeBSDを仮想マシンとして構成する

11-6-1 ゲストOSとしてのFreeBSD

11-6-2 仮想マシンの作成

11-6-3 ゲストOSのインストール

第12章 サポートされていないOSのインストール

12-1 Solaris 11を事例に仮想マシンの基本構成を実施する

12-1-1 サポートされていないOS

12-1-2 Solaris 11のLive起動

12-1-3 仮想マシンの作成

12-1-4 ゲストOSのインストール(Live起動)

12-1-5 Live起動からのインストール

12-1-6 ネットワークインタフェースの確認

12-2 Solaris 11のネットワーク構成を実施する

12-2-1 仮想ネットワークアダプターの種類

12-2-2 仮想ネットワークアダプター(デフォルト)の削除

12-2-3 レガシネットワークアダプターの追加

12-2-4 仮想ネットワークアダプターの確認

12-2-5 [参考]デバイスマネージャーから見たレガシネットワークアダプター

第13章 クライアントHyper-Vの監視

13-1 仮想マシンの動作状態を把握する

13-1-1 Hyper-Vマネージャーによる仮想マシンの状態把握

13-1-2 「詳細」による状態把握

13-1-3 詳細の「ネットワーク」タブ

13-1-4 Hyper-Vのイベント把握

13-2 仮想マシンのパフォーマンスを把握する

13-2-1 タスクマネージャーによるCPU使用率の確認

13-2-2 パフォーマンスモニター

第14章 PowerShellによる管理

14-1 PowerShellで仮想マシンを構成する

14-1-1 PowerShellの利用

14-1-2 仮想ハードウェアの確認

14-1-3 仮想マシンの作成

14-1-4 作成した仮想マシンの確認

14-1-5 オプションを指定した仮想マシンの作成

14-1-6 仮想スイッチの作成

14-1-7 [参考]NICの共有

14-2 PowerShellで仮想マシンを管理する

14-2-1 仮想マシンの起動・停止

14-2-2 仮想マシンの設定変更

14-2-3 仮想ネットワークアダプターの追加

14-2-4 [参考]レガシネットワークアダプターの追加

PR

秀和システム