図解入門 よーくわかる 最新 からだのしくみとふしぎ

概 要

あなたは自分のカラダをどこまで知っていますか? 自分の体を知ることは、健康と暮らしの質を高めるための第一歩です。本書は、脳や神経系から、消化器官、呼吸器、皮膚、血液、免疫まで、部位ごとに人体の基本とメカニズムをフルカラーのイラストでわかりやすく解説します。自分のカラダについて正しい知識があれば生活習慣の見直しや、体調がわるいときに医師へ的確に説明できたり、医師から説明された病状の理解にも役立ちます!

著者 鈴木泰子、佐藤弘明(監)
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4326-5
発売日 2015/2/14
判型 A5
ページ数 248
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 人体のITシステム(脳と神経系、感覚器)

1 超高性能な人間の神経系

2 ニューロンと神経伝達のしくみ

3 脳の大きさと知能の関係

4 左右の半球にわかれている大脳

5 人間の本質は大脳皮質にあり

6 脳の中には天然の麻薬がある

7 間脳にはからだの総合指令センターがある

8 生命機能を調節する脳幹

9 本能と記憶に関係する大脳辺縁系

10 脳はブドウ糖と酸素がないとはたらかない

11 小脳が運動を上達させる

12 大事な脳を守る髄膜と脳脊髄液

13 脳に血液を送る動脈と血液脳関門

14 脊髄は脳と末梢をつなぐ中継センター

15 脳と顔や内臓をつなぐ一二対の脳神経

16 脊髄に出入りする三一対の脊髄神経

17 大脳から運動の指令を伝える運動神経

18 感覚の情報を大脳に伝える感覚神経

19 からだをコントロールする自律神経

20 皮膚は人体最大の感覚器

21 カメラにそっくりな目の構造

22 私とあなたは同じものを見ているか

23 実はとても敏感な人の鼻

24 耳の中のかたつむりが音を感知する

25 平衡センサーはゼリーや石でできている

26 五種類の味を味わう舌

コラム 痛みを我慢するのは美徳ではありません

Chapter2 物質の取り込みと輸送(消化器、呼吸器、循環器)

1 消化管は体の外とつながっている

2 噛むことは消化にも脳にもよい

3 嚥下を失敗すると肺炎になる

4 逆立ちしてもちゃんと胃に入る

5 強い酸でドロドロに溶かす

6 胃が消化されないのはなぜか

7 十二指腸で本格的な消化がスタート

8 膵臓が出す消化液は超強力

9 胆汁は脂肪の吸収を助ける

10 小腸は栄養素の消化吸収の中心地

11 大腸には腸内細菌がウヨウヨ

12 食後にトイレに行きたくなるのは

13 三大栄養素とビタミン、ミネラル

14 糖質は一番利用しやすいエネルギー源

15 たんぱく質はアミノ酸がつながったもの

16 脂質は細胞膜やホルモンの原料になる

17 沈黙の臓器である肝臓は化学工場

18 気道の起点の鼻、のどには咽と喉がある

19 声や咳を発する喉頭の動き

20 空気の通り道となる気管、気管支

21 肺にはガス交換をする肺胞が数億個

22 空気を吸い込むためにはたらく筋肉

23 胸の中央にあるにぎりこぶし大の心臓

24 心臓が規則正しく動くのはなぜか

25 心臓を起点にまわる二つの循環ルート

26 高い圧力がかかる動脈には脈拍がある

27 血圧が高いと何が怖いのか

28 静脈の流れは受動的でゆっくり

29 一層構造の極細の毛細血管

30 リンパ系は復路だけの循環系

コラム カチカチうんこからしゃーしゃーうんちまで

コラム がまんしたオナラはどこへ行く?

Chapter3 からだの支柱と動力(骨格、筋肉、皮膚)

1 全身に骨はいくつある?

2 関節を補強・保護する靭帯や関節包

3 頭蓋骨とS字構造の脊椎

4 鎖骨が腕を吊っている(胸と腕の骨格)

5 骨盤は脚をつなぎ、運動の要となる

6 骨は大人になっても新陳代謝をしている

7 筋肉には骨格筋と平滑筋と心筋がある

8 骨格筋の形と骨との接続

9 からだの前面の骨格筋(全身の骨格筋①)

10 からだの後面の骨格筋(全身の骨格筋②)

11 筋肉が関節を動かすメカニズム

12 筋肉が収縮するためのエネルギー

13 筋疲労と筋肉痛が起こるメカニズム

14 皮下脂肪と内臓脂肪

15 皮膚は全身のバリアー

16 髪や爪は皮膚の親戚です

コラム 寝たきりになるロコモは40代から始まる

Chapter4 ホメオスタシスを維持する(血液、免疫、内分泌)

1 体重の約八%を占める血液

2 血液の血球は骨の中の骨髄でつくられる

3 白血球にも血液型がある

4 赤血球は酸素を運ぶ

5 出血を止める血小板

6 五種類ある白血球

7 免疫は外敵を排除するための反応

8 脾臓は血液の浄化工場

9 リンパ節は免疫機能の関所

10 アレルギーは免疫の暴走

11 内分泌腺がホルモンを分泌する

12 ホルモンの量を調整するシステム

13 内分泌系の中枢は視床下部と下垂体

14 のどにある甲状腺と上皮小体

15 名前は副腎でも腎臓の補助ではない

16 過度になると健康を害するストレス

17 血糖値を上げ下げするホルモン

18 男女の特徴をあらわす性ホルモン

コラム 身のまわりには感染症がいっぱい

Chapter5 血液をろ過し、子孫を増やす(泌尿器、生殖器)

1 ホメオスタシスとは体内環境を保つこと

2 腎臓はホメオスタシスを保っている

3 尿の生成プロセスは二段階

4 寝ていても尿は膀胱に送られる

5 尿のタンクと排尿のメカニズム

6 女性の尿道は短く膀胱炎になりやすい

7 尿を調べると体調がわかる

8 女性の生殖器と月経周期

9 勃起や射精の中枢は脳ではなく腰にある

10 六〇兆個の細胞ももとは一個の受精卵

11 遺伝情報を伝えるDNAと染色体

12 実はとても短命な精子と卵子

13 受精と着床のドラマ

14 性染色体とホルモンが性別を決める

15 妊娠中の胎児の様子と母体の変化

16 陣痛は痛みで始まるわけじゃない

17 胎盤は赤ちゃんにとっての命綱

18 初乳は免疫物質を豊富に含む

PR

秀和システム