これだけ! 溶接

概 要

溶接は金属を「つなぐ」ための優れた加工方法です。本書は、これから溶接を学ぶ人を対象に“まずはこれだけ!”というポイントに絞って解説した入門書です。アーク溶接作業を中心に、さまざまな溶接方法、溶接材料の基礎知識、溶接記号の読み方から、切断加工、溶接電流、アーク電圧、トーチ保持角度、シールドガス流量、安全対策といった実作業に関わる知識、技能講習や溶接資格、機器や作業着の選び方に至るまでざっくり説明します。

著者 野原英孝
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4338-8
発売日 2016/12/24
判型 A5
ページ数 280
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 溶接の特徴

1-1 金属の接合方法

1-2 「溶接」とは

1-3 溶接の基本的メカニズム

コラム 摩擦撹拌接合について

1-4 溶接のメリット

1-5 溶接のデメリット

1-6 アークとは

1-7 アーク溶接

第2章 代表的な溶接方法

2-1 被覆アーク溶接

2-2 炭酸ガスアーク溶接

2-3 ミグ溶接

2-4 ティグ溶接

2-5 プラズマ溶接

コラム プラズマ溶接のこんな使い方

2-6 ガス溶接

2-7 炭酸ガスレーザ溶接

コラム YAGレーザ溶接

第3章 知っておきたい溶接材料の基礎知識

3-1 溶接材料とは

コラム 知って得する!? こんなエンドタブ

3-2 被覆アーク溶接棒

3-3 炭酸ガスアーク溶接用ソリッドワイヤ

3-4 炭酸ガスアーク溶接用フラックス入りワイヤ

3-5 ティグ溶接用溶加棒

3-6 ティグ溶接用タングステン電極

3-7 溶接用ガス(その1)

コラム ガス容器取り扱いの第一歩~手で容器を移動する~

コラム モノが燃焼・爆発するための条件

3-8 溶接用ガス(その2)

コラム 知って得する混合ガス

第4章 知っておきたい溶接施工の基礎(準備、段取り編)

4-1 溶接記号の読み方(その1)

4-2 溶接記号の読み方(その2)

4-3 溶接記号の読み方(その3)

4-4 切断加工(その1)

4-5 切断加工(その2)

コラム 付加価値の高い、新しいガス切断法

コラム 付加価値の高い、新しいレーザ加工

4-6 開先加工

4-7 表面処理(研磨、脱脂洗浄)

4-8 被覆アーク溶接棒の保管、乾燥

4-9 溶接治具

第5章 知っておきたい溶接施工の基礎(本溶接編)

5-1 溶接電流

5-2 アーク電圧(アーク長)

5-3 溶接速度

コラム 溶接入熱について

5-4 ワイヤ突出し長さ

コラム 知って得する溶接機の便利機能

5-5 トーチ保持角度

5-6 シールドガス流量

コラム 防風対策…屋内作業のトラブル事例

5-7 溶接不具合

コラム 溶接金属内部に発生した不具合を効率良く除去するには…

第6章 溶接作業の第一歩(これから作業を始める人へのガイド)

6-1 法令に基づく安全衛生特別教育の受講

コラム 自由研削といし取替え・試運転特別教育の必要性

6-2 法令に基づく技能講習の受講

6-3 KYの心がけ

コラム ハインリッヒの法則

6-4 推奨される作業着類

6-5 溶接用保護具

6-6 溶接機器の選び方

6-7 溶接資格

PR

秀和システム