現場ですぐに使える! Objective-C逆引き大全 555の極意

概 要

あなたはiPhone/iPadアプリ開発中に、やりたいこと、知りたいことがあったとき、すぐに調べられる事典があったら便利だと思ったことはありませんか? 本書は、iOSアプリ開発者のために、基礎から便利技まで555個のコーディングテクニックを解説した逆引き事典です。71の分類で目的のクラスやメソッドがすぐに探せます。また、そのまま流用できる豊富なサンプルプログラムのダウンロードサービスがついており、すぐに役立ちます!

著者 増田智明、池谷京子
価格 本体2900円(税別)
ISBN 978-4-7980-4350-0
発売日 2015/4/25
判型 A5
ページ数 760
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1部 スタンダード・プログラミングの極意

第1章 アプリ作成の基礎

1-1 iOSアプリについて

001 iOSアプリとは

002 iOSアプリ作成から配布までの流れ

003 iOSアプリ作成に必要な環境を揃える

004 iOSアプリ配布の流れ

1-2 Xcodeのインストール

005 Xcodeをダウンロードする

第2章 プロジェクト作成の極意

2-1 新規プロジェクトの作成

006 Xcodeを起動/終了する

007 Xcodeの画面構成

008 プロジェクトを作成する

009 プロジェクトを保存する

010 プロジェクトを開く/閉じる

011 プロジェクトのテンプレートの種類

012 コードスニペットでコードのひな型を挿入する

013 起動画面をデザインする

014 プロジェクトの状態を保存する

2-2 Xcodeでのビルドと実行

015 シミュレータで実行確認をする

016 シミュレータを終了する

017 シミュレータを指定してから実行する

018 シミュレータでiPhoneとiPadを切り替える

019 デバイスの向きを変えるテストをする

020 ビルドのみ(実行のみ)行う

021 シミュレータでホーム画面を表示する

022 シミュレータの言語設定を日本語(英語)にする

023 実行言語を設定してからシミュレータを起動する

024 シミュレータの画面を縮小/拡大して表示する

025 シミュレータをリセットする

2-3 Xcodeでのデバッグ

026 イシューナビゲータでエラーを確認する

027 エディタエリアのジャンプバーでエラーを確認する

028 CPU、メモリなどの使用状況を確認する

029 ビルド履歴を確認する

030 DebugビルドとReleaseビルドを切り替える

031 実行途中で実行を中断する(ブレークポイント)

032 ブレークポイントを削除する

033 ブレークポイントを一時的に無効にする

034 ブレークポイントを一覧表示する

035 実行中断時に変数の値を確認する

036 デバッグ情報を出力する

037 1行ずつ実行をする

038 処理を再開する

2-4 画面デザインの作成

039 画面をデザインする

040 Interface Builderの画面構成

041 シーン(画面)をiPhone、iPadサイズにする

042 シーン(画面)の大きさを各デバイスに合わせる

043 画面にオブジェクトを配置する

044 オブジェクトの表示位置を画面中央に固定する

045 オブジェクトの表示位置の制約を解除する

046 Xcodeで画面プレビューを表示する

047 画面プレビューでデバイスを変更する

048 画面プレビューで言語を変更する

2-5 Xcodeのヘルプ

049 Xcodeのヘルプを参照する

050 ヒューマンインターフェイスガイドラインを参照する

第3章 基本プログラミングの極意

3-1 コード

051 コードにコメントを入力する

052 データ型とは

053 変数を利用する

054 リテラル値のデータ型を利用する

055 値型とポインタとは

056 定数を使う

057 列挙型を定義する

058 データ型を変換する

059 id型を使う

060 nilを使う

3-2 演算

061 四則演算の計算をする

062 連続して加算・減算する

063 値や文字列を比較する

064 値をビット単位で計算する

065 複数の条件を比較する

066 絶対値を求める

067 平方根を求める

068 乱数を求める

069 動的にキャストする

070 動的にキャストできるかを調べる

3-3 制御文

071 条件に一致する場合に処理を行う

072 式の結果に応じて処理をする

073 指定した回数だけ処理を繰り返す

074 条件が成立する間、処理を繰り返す

075 条件に関わらず1回は処理を行う

076 コレクションに対して処理を繰り返す

077 繰り返し処理の途中で先頭に戻る

078 繰り返し処理の途中で止める

079 条件文を短く記述する

080 メモリを確保する

081 例外を処理する

082 例外を発生させる

3-4 文字列

083 文字列を初期化する

084 文字列の途中に改行を挿入する

085 文字列を連結する

086 書式化した文字列を作成する

087 文字列に日本語を使う

088 文字コードを取得する

089 文字列の長さを求める

090 文字列から特定の文字を探す

091 文字列から一定の文字を置換する

092 英数小文字を大文字に変換する

093 英数大文字を小文字に変換する

094 文字列から指定した位置の文字を取り出す

095 文字列から指定した位置の文字列を取り出す

096 先頭の文字列を取り出す

097 末尾の文字を取り出す

098 2つの文字列を比較する

099 2つの文字列の大小を比較する

100 2つの文字列を大文字・小文字に関係なく比較する

101 先頭の文字列を比較する

102 末尾の文字列を比較する

103 文字列の前後の空白を削除する

104 文字列が指定数になるまで空白を入れる

105 文字列から指定位置の文字を削除する

106 文字列の指定位置に文字列を挿入する

107 文字列をカンマで分割する

108 文字列を改行で分割する

109 配列の文字列を連結する

110 文字列を数値に変換する

111 数値を文字列に変換する

112 C言語の文字列からNSStringクラスに変換する

113 C言語の文字列に変換する

3-5 日付、時刻

114 現在の日付と時刻を取得する

115 日本時間を取得する

116 日付要素を取得する

117 時刻要素を取得する

118 曜日を取得する

119 一定期間前後の日付を求める

120 一定期間前後の時刻を求める

121 2つの日付の間隔を求める

122 2つの時間の間隔を求める

123 任意の日付を作成する

124 文字列の日付を日付データに変換する

125 日付データを文字列に変換する

3-6 配列、コレクション

126 配列を使う

127 配列の宣言時に値を入れる

128 配列の要素数を取得する

129 配列に新しい要素を追加する

130 配列をクリアする

131 配列をコピーする

132 配列の先頭に要素を加える

133 配列の先頭の要素を削除する

134 配列の末尾に要素を加える

135 配列の末尾の要素を削除する

136 範囲を指定して要素を削除する

137 要素を指定して削除する

138 要素を入れ替える

139 要素にマッチする位置を取得する

140 数値の配列を扱う

141 C言語の配列を扱う

142 C言語の配列から変換する

143 C言語の配列へ変換する

144 値とキーを一緒に扱う

145 複数の値とキーで初期化する

146 重複したキーを代入する

147 配列を利用して値とキーで初期化する

148 新しい値とキーを追加する

149 すべてのキーを取得する

150 すべての値を取得する

151 あるキーを削除する

152 すべてのキーを削除する

3-7 C言語

153 C言語の関数を宣言する

154 C言語の関数を実装する

155 C言語の関数の引数を使う

156 C言語の関数にポインタ型の引数を使う

157 C言語の関数の戻り値を使う

3-8 クラス

158 クラスを定義する

159 ヘッダファイルを作成する

160 実装ファイルを作成する

161 宣言と実装を同時に記述する

162 コンストラクタを作成する

163 引数付きのコンストラクタを作成する

164 デストラクタを作成する

165 利用したメモリを解放する

166 プロパティを作成する

167 プロパティのアクセッサを自作する

168 読み取り専用のプロパティを作成する

169 メソッドを作成する

170 引数付きのメソッドを作成する

171 公開メソッドを作成する

172 非公開メソッドを作成する

173 クラスを継承する

174 メソッドを呼び出す

175 クラスメソッドを呼び出す

176 メソッドを多重定義する

177 クラスを後から拡張する

178 オブジェクトがnilのときのメソッドの動作を確認する

179 プロトコルを定義する

180 プロトコルを利用する

3-9 構造体

181 構造体を定義する

182 構造体を使う

183 構造体を配列にする

184 構造体を受け取るメソッドを作成する

185 構造体を返す関数を作成する

3-10 データ

186 数値オブジェクトを扱う

187 数値オブジェクトからint型に変換する

188 数値オブジェクトから文字列に変換する

189 バイナリデータを作成する

190 バイナリデータを読み込む

191 バイナリデータを書き出す

192 バイナリデータの長さを取得する

193 バイナリデータから構造体を読み込む

194 バイナリデータへ構造体を書き出す

195 XMLファイルを読み込む

196 XMLファイルから要素を探す

197 XMLファイルから属性を探す

198 XMLファイルからリストを得る

199 配列を読み込む

200 配列を書き出す

第4章 画面作成の極意

4-1 UI

201 オブジェクトの大きさを変更する

202 オブジェクトの表示位置を変更する

203 オブジェクトを初期表示しない

204 オブジェクトに名前を付ける

205 画面上のオブジェクトの一覧を確認する

206 オブジェクトを画面中央に表示する

207 オブジェクトに文字列を表示する

208 オブジェクトの文字列の色を変更する

209 オブジェクトの文字列を半透明にする

210 オブジェクトの文字を中央揃え/右揃えにする

211 オブジェクトのフォントを変更する

212 配置したオブジェクトを選択する

213 オブジェクトの制約をリセットする

214 シーンにガイド線を表示する

215 よく使う色を登録しておく

216 オブジェクトを一時的に使えなくする

217 変更を1つ前の状態に戻す

218 VoiceOverに対応する

4-2 画面とコードの連携

219 オブジェクト操作用の変数を定義する

220 オブジェクト操作用の変数を削除する

221 画面操作に対応するメソッドを定義する

222 画面操作に対応するメソッドを削除する

223 画面作成のヘルプを参照する

4-3 ラベル

224 ラベルで文字列を表示する

225 文字列を複数行表示する

226 文字列がラベル幅より長いときの省略方法を設定する

227 ラベルの高さを固定にする

4-4 ボタン

228 ボタンを使う

229 ボタンに画像を表示する

230 ボタンの形を変更する

231 ボタンをタップしたときに文字を光らせる

4-5 テキストフィールド

232 入力枠を配置する

233 テキストフィールドにプレースホルダーを設定する

234 テキストフィールドのキーボードの種類を設定する

235 キーボードのリターンキーを変更する

236 スペルチェックを無効にする

4-6 テキストビュー

237 複数行入力が可能なテキストビューを配置する

238 閲覧のみのテキストビューを配置する

4-7 スイッチ

239 オンオフスイッチを配置する

240 画像付きのオンオフスイッチを作成する

4-8 セグメンテッドコントロール

241 複数項目から選択可能なボタン(セグメンテッドコントロール)を配置する

242 セグメンテッドコントロールの選択状態を取得/設定する

243 セグメンテッドコントロールの選択イベントを取得する

4-9 プログレスビュー

244 進行状況のバー(プログレスビュー)を配置する

245 プログレスビューのバーの長さを取得/設定する

4-10 スライダー

246 割合を表すバー(スライダー)を配置する

247 スライダーの値を取得する

248 スライダーの値をイベントで取得する

4-11 アクティビティインジケーター

249 処理進行中のアニメーション(アクティビティインジケーター)を表示する

250 アクティビティインジケーターの状態を操作する

4-12 イメージビュー

251 画像ファイル(イメージビュー)を配置する

252 イメージビューの画像の表示形式を設定しておく

253 イメージビューに画像ファイルを表示/消去する

254 イメージビューの画像の表示位置、縮小を設定する

255 イメージビューにアニメーションを表示する

4-13 ピッカービュー

256 項目を選択する回転ホイール(ピッカービュー)を配置する

257 ピッカービューに項目を表示する

258 ピッカービューの初期値を設定する

259 ピッカービューで選択された項目を取得する

260 ピッカービューの背景色を設定する

4-14 デイトピッカー

261 日付と時刻を選択するリスト(デイトピッカー)を配置する

262 デイトピッカーで選択された日付を取得する

263 デイトピッカーに表示する日付を指定する

4-15 Webビュー

264 Web用オブジェクト(Webビュー)を配置する

265 WebビューにWebコンテンツを表示する

266 WebページをWebビューの大きさに合わせて縮小表示する

267 WebビューでWebページの再読み込みを行う

268 Webビューの読み込みを中止する

269 Webビューに前または後のページを表示する

4-16 サーチバー

270 検索用入力粋(サーチバー)を配置する

271 サーチバーにタイトルを表示する

272 サーチバーにプレースホルダーを表示する

273 サーチバーに入力された文字列を取得する

274 Searchボタンをタップされたら処理を行う

4-17 マップビュー

275 地図(マップビュー)を配置する

276 マップビューに指定位置の地図を表示する

277 マップビューのスクロールを許可しない

4-18 テーブルビュー

278 項目の一覧(テーブルビュー)を表示する

279 テーブルビューに項目を表示する

280 テーブルビューのセクションにタイトルを付ける

281 テーブルビューをグループ分けして表示する

282 テーブルビューのセルに詳細テキストを表示する

283 テーブルビューのセルにアクセサリを表示する

284 テーブルビューのセルの文字色を変更する

4-19 ツールバー

285 ツールバーを配置する

286 ツールバーのボタンを右寄せで配置する

287 ツールバーの任意の位置にボタンを配置する

4-20 ナビゲーションバー

288 ナビゲーションを利用する

289 ナビゲーションバーのタイトルを追加する

290 遷移先の画面を追加する

291 下の画面に遷移させる

292 前の画面に戻る

293 ルートの画面に戻る

4-21 タブバー

294 タブバー付きの画面を作成する

295 タブバーの画面にタブと画面を追加する

4-22 ページ選択コントロール

296 ページ選択コントロールを使う

297 ページ選択コントロールとスクロールビューでページ制御をする

4-23 その他のオブジェクトの操作

298 イメージビューをアニメーション付きで移動する

299 簡単な時計を表示する

300 ステータスバーを非表示にする

第2部 アドバンスド・プログラミングの極意

第5章 オブジェクト操作の極意

5-1 ボタン

301 背景を付けたボタンを作成する

302 画像を付けたボタンを作成する

303 詳細ボタンを作成する

304 情報ボタンを作成する

305 追加ボタンを作成する

306 スイッチ型のボタンを作成する

307 ページを切り替えるコントロールを作成する

308 数値を増減させるボタンを作成する

309 アイコン付きのタブバーボタンを使う

310 文字のタブバーボタンを使う

311 画像付きのタブバーボタンを使う

312 ツールバーを使う

313 アイコン付きのツールバーを使う

314 色付きのツールバーを使う

5-2 ラベル

315 ラベルを表示する

316 位置を指定してラベルを表示する

317 動的にラベルを配置する

318 ラベルのフォントを変更する

319 フォントの色を指定する

320 ラベルの背景色を変える

321 ラベルを半透明にする

322 ラベルを非表示にする

323 文字列を中央揃えにする

324 文字列を右揃えにする

5-3 テキスト

325 入力例を表示したテキストフィールドを作成する

326 入力時に背景色を変更する

327 パスワードを入力するテキストフィールドを作成する

328 消去ボタン付きのテキストフィールドを作成する

329 検索用のテキストフィールドを作成する

330 複数行が表示できるテキストビューを作成する

331 スクロール可能なテキストを表示する

332 選択中のテキストを取得する

333 テキストを選択させる

334 アルファベットキーボードを表示する

335 数字キーボードを表示する

336 電話番号キーボードを表示する

337 日本語キーボードを表示する

338 リターンキーの表示を変える

5-4 テーブル

339 テーブルを表示する

340 セルを選択する

341 テーブルの項目を追加する

342 テーブルの項目を削除する

343 グルーピングされたテーブルを表示する

5-5 ピッカー

344 ピッカーを使う

345 日付を選択するピッカーを使う

346 時刻を選択するピッカーを使う

347 カスタムピッカーを作成する

5-6 タイマー

348 タイマーを設定する

349 1回だけタイマーを実行する

350 指定時刻にタイマーを実行する

351 タイマーを停止する

352 複数のタイマーを動作させる

5-7 画面

353 ビューコントローラを切り替える

354 タブバーで画面を切り替える

355 ナビゲータで画面を切り替える

356 切り替え時に画面をアニメーションする

357 ツールバーで画面を切り替える

358 iPhone/iPadの回転を検知する

359 ステータスバーを表示させない

5-8 カメラ

360 カメラ機能を呼び出す

361 カメラ機能があるかチェックする

362 カメラ機能のキャンセルをチェックする

363 撮った画像を保存する

364 撮った画像を表示する

5-9 ブラウザ

365 指定URLでブラウザを起動する

366 アプリ内部でブラウザを起動する

367 読み込み完了を検知する

368 前のページに戻る

369 ブラウザで画像を表示させる

370 ブラウザでPDFを表示させる

371 ブラウザでHTML形式のファイルを表示する

372 ブラウザで画像付きのHTMLを表示する

5-10 画像

373 画像を表示する

374 画像を回転させる

375 画像を重ね合わせる

376 画像を半透明にする

377 透過画像と重ね合わせる

378 画像をセピア色にする

379 リソースから画像を表示する

380 写真フォルダから画像を表示する

381 インターネットから画像を表示させる

382 背景に画像を表示する

383 画像をフィッティングさせる

384 一部を切り取って画像を表示する

385 拡大して画像を表示する

386 画像を切り替えて表示する

387 切り替え時にアニメーションを付ける

5-11 グラフィックス

388 色を塗る

389 グラデーションで色を塗る

390 直線を描画する

391 四角形を描画する

392 円を描画する

393 文字を表示する

394 星形を描画する

395 指定したフォントで文字を表示する

396 文字に影を付ける

397 文字に色を付けて表示する

398 パターンで画像を表示する

5-12 アニメーション

399 矩形を一定時間移動させる

400 文字を一定時間移動させる

401 画像を一定時間移動させる

402 ページを切り替えするアニメーションを付ける

5-13 動画

403 動画を表示する

404 動画を開始する

405 動画を停止する

406 繰り返し動画を表示する

407 リソースから動画を表示する

408 AVPlayerで動画を表示する

409 インターネット上の動画を表示させる

410 動画をフルスクリーンで表示する

411 動画のナビゲータを非表示にする

5-14 サウンド

412 サウンドを開始する

413 サウンドを停止する

414 繰り返しサウンドを実行する

415 音量を調節する

416 音量をミュートする

417 バイブレーションする

5-15 アラート

418 アラートを表示させる

419 はい、いいえのアラートを表示させる

420 複数行のアラートを表示させる

421 はい、いいえ、キャンセルのアラートを表示させる

422 押されたボタンを判別する

423 アクションシートを表示する

424 はい、いいえのアクションシートを表示させる

5-16 ファイル

425 ファイルからテキストを読み込む

426 ファイルへテキストを書き出す

427 ファイルから画像を読み出す

428 ファイルへ画像を書き出す

429 プロパティリストから読み込む

430 プロパティリストへ書き出す

5-17 タッチ

431 シングルタップを検出する

432 ダブルタップを検出する

433 スライドを検出する

434 スワイプを検出する

435 ピンチを検出する

436 シェイクを検出する

437 画像のタッチを検出する

438 ラベルのタッチを検出する

439 マルチタッチを検出する

440 ダブルスワイプを検出する

5-18 加速度センサー

441 加速度を取得する

442 加速度の取得を停止する

443 タイマーを使って加速度を取得する

5-19 その他

444 縦横のサイズを取得する

445 OSのバージョンを取得する

446 解像度を取得する

447 PhoneかiPadか調べる

448 バッテリーの残量を調べる

449 アプリケーション設定を読み込む

450 アプリケーション設定に書き出す

5-20 ネットワーク

451 HTTPプロトコルで通信する

452 HTTPプロトコルで画像をダウンロードする

453 IPアドレスを取得する

454 簡易HTTPサーバーを作成する

455 クエリ文字列でHTTPサーバーに接続する

456 POSTデータを送信する

457 ファイルをアップロードする

458 ファイルをダウンロードする

459 XMLデータを受信する

460 XMLデータを送信する

461 JSONデータを受信する

462 JSONデータを送信する

5-21 リソース

463 画像ファイルをリソースとして取り込む

464 画像リソースを読み出す

465 設定情報に初期値を登録する

466 設定情報を読み出す

467 設定情報を書き出す

468 設定情報を削除する

469 フォトライブラリから読み出す

470 フォトライブラリに書き出す

471 XML形式で保存する

472 XML形式から読み込む

5-22 ゲームセンター

473 ゲームセンターを利用する

474 ゲームセンターに接続する

475 ゲームセンターを表示する

476 リーダーボードを登録する

477 リーダーボードを更新する

478 達成項目を登録する

479 達成項目を更新する

480 達成項目を表示する

481 達成項目の状態を取得する

482 達成項目の状態をリセットする

5-23 通知センター

483 通知タイプを設定する

484 通知を登録する

485 通知を削除する

486 アプリ実行中の通知を処理する

487 バックグランドのときの通知を処理する

488 通知でバッチを表示させる

489 終了時の通知を検知する

5-24 課金・広告

490 アプリ内課金を有効にする

491 アプリ内課金のアイテムを追加する

492 特定のプロダクト情報を取得する

493 特定のプロダクトの内容を取得する

494 プロダクトの一覧を取得する

495 永続的なアイテムを購入する

496 一時的なアイテムを購入する

497 購入したアイテムを保存する

498 購入したアイテムをリストアする

499 テスター用のユーザーを追加する

500 広告を表示する

第6章 ローカライズの極意

6-1 ローカライズの基礎

501 アプリのローカライズの概要

502 標準言語を日本語(英語以外)にする

503 国際化できるようにする―Base Internationalization

6-2 画面のローカライズ

504 アプリが対応する言語を追加する

505 ほかの言語の画面ファイルを用意する

506 追加した言語で翻訳する

6-3 コードのローカライズ

507 コードの文字列をローカライズキーワードで置き換える

508 文字列用ローカライズファイルを作成する

509 ローカライズキーワードを自動的に取得する

510 ローカライズ用ファイルをエクスポートする

511 ローカライズ用ファイルをインポートする

512 ローカライズ中の変更をロックする

513 言語ごとのアプリ名を指定する

第7章 アプリ公開の極意

7-1 配布までの流れと準備

514 アプリ配布の概要

515 アプリ配布のために用意するもの

516 アプリアイコンを用意する―アプリアイコンのサイズ

517 アプリのアイコンを設定する

518 起動画面を変更する

519 画像ファイルを起動画面にする

520 起動時にステータスバーを消す

521 iOS Developer Programに登録する

522 iOS Developer ProgramのIDをXcodeに登録する

7-2 実機でのテスト

523 実機テストの手順

524 開発用証明書の署名要求ファイルを作成する

525 開発用証明書を作成する

526 開発用証明書をダウンロードする

527 開発用証明書をインストールする

528 動作テスト用デバイスを登録する

529 動作テスト用デバイスの登録を無効にする

530 アプリケーションIDを作成する

531 開発用プロビジョニングプロファイルを作成する

532 開発用プロビジョニングプロファイルを削除する

533 開発用プロビジョニングプロファイルをダウンロードする

534 テスト用デバイスでアプリを実行する

535 デバイスにインストールしたアプリを削除する

536 デバイスのプロビジョニングプロファイルを削除する

7-3 アプリ配布準備と配布

537 アプリ配布の手順

538 アプリのスクリーンショットを取得する

539 プロジェクトをチームに対応づける

540 プロジェクトにiCloudなどのエンタイトルメントを設定する

541 iTunes Connectにサインインする

542 アプリのベータテストを行う

543 iTunes Connectにアプリケーションレコードを作成する

544 アプリのアーカイブを作成する

545 アーカイブを検証する

546 アーカイブをiTunes Connectにアップロードする

547 内部テスターと外部テスターを追加(招待)する

548 iTunes Connectユーザーを追加する

549 アドホックプロビジョニングプロファイルでベータテストをする

550 アプリ配布手続きをする

551 アプリの公開日を変更する

7-4 アプリ配布後の管理

552 ユーザーレビューを参照する

553 アプリを更新する

554 配布後のクラッシュレポートを見る

555 アプリのダウンロード数と売上を確認する

PR

秀和システム