あなたの相続、もめないのはどっち!? 少しでも迷ったら、親子で必ず読む本

概 要

あなたが子供の幸せを願う父親だったら、家族への財産相続は「平等にわける」を選びますか、それとも「あえて不平等にする」のどちらを選びますか? 本書は、相続や贈与についての専門サイトを運営する経験豊富な著者が、相続で家族がもめない方法をレクチャーします。自分の死後に家族がもめず、相続税や贈与税も節約して、自分の財産をスムーズに子供に渡したい。相続について少しでも迷ったら、この本を親子でお読みください。

著者 青木寿幸
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4392-0
発売日 2015/5/26
判型 四六
ページ数 224
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 家族がもめないことを願うなら、ぜひ、やっておきたいこと

1.財産を子供に相続させるとき

A 当然、平等に分ける/B あえて、不平等にする

2.父親が気持ちを伝えたいなら

A ふつうに、遺言書を作る/B 生前に、贈与しておく

3.父親が銀行の貸金庫を借りると

A 手数料がかかるので、損をする/B 家族にとって、メリットがある

4.遺言書の内容は

A じっくり、考えてから決める/B とりあえず、思いつくことを書く

5.母親の判断能力が劣っていたら

A 一切の財産を、相続させない/B 父親が、妻の遺言書を作っておく

6.父親と同居の子供は

A 相続のときに、不利になる/B 断然、有利に決まっている

7.父親が再婚したいと言ったら

A 喜んで、賛成してあげる/B もめるので、絶対に反対すべき

8.すぐには使わないお金があれば

A 安全な定期預金に預ける/B 生命保険に加入する

9.父親が生命保険料を支払うとき

A もちろん、父親が契約者となる/B 名義だけ、子供にしておく

10.家族で共有している不動産は

A 共有者に、買取ってもらう/B 無関係の第三者に、売却する

11.父親が銀行から借金をすると

A かなり、相続税は安くなる/B 家族で、もめる原因になるだけ

12.父親の判断能力が劣ってきたら

A 財産を、専門家に管理してもらう/B 父親の言うとおりに、使う

第2章 子供たちが、ムダな相続税を払わずとも、よくなるために

1.父親が先にやるべきことは

A まずは、納税資金を貯めておく/B とにかく、節税対策を実行する

2.生前に、お墓を買うならば

A より高い方が、得をする/B 安いお墓で、十分

3.妻の相続税がゼロのうちは

A 父親の財産を全部、渡す/B 税金を支払ってでも、子供と分ける

4.父親の養子として

A 長男の妻を入れた方がいい/B 順当に、孫を入れるべき

5.妻に相続させるのは

A やはり、住んでいる自宅/B 自由に使える現金

6.父親の自宅に子供が住んだら

A ここは、賃料を支払ってもらう/B 親子だから、無料で住まわせる

7.自宅の土地が広ければ

A 庭の一部を、売却する/B 賃貸ビルに、建て替える

8.更地にアパートを建てると

A すごく、節税対策になる/B 失敗して、破産する

9.父親が不動産に投資するなら

A アパートを1棟まるごと/B マンションの1室ごと

10.アパートの収支がマイナスなら

A 今すぐ、減らせる経費を探す/B 経費を増やして、節税する

11.郊外に土地を持っていたら

A 土地をそのままで、貸す/B 建物を建てて、貸す

12.1枚の土地を切るなら

A 無論、使いやすく切っておく/B わざと、使いにくいように切る

13.新しく建てるアパートは

A 父親の名義にする/B 初めから、会社の名義にしておく

14.アパートを管理する会社は

A 効率的に、1つに集中させる/B たくさん作っても、ムダではない

15.会社の資本金は

A 1円で、子供が作る/B ひとまず、0円で父親が作っておく

第3章 じょうずに、生前贈与ができれば、子供の暮らしは豊かになる

1.贈与が認められるのは

A 子供が、20歳になってから/B 未成年者でも、まったく問題ない

2.贈与税の時効は

A 7年と、決められている/B そもそも、存在しない

3.時間の余裕がなければ

A 贈与税が高くても、一気に贈与する/B それでも、贈与税はゼロにすべき

4.妻に自宅を贈与するなら

A 建物は含めずに、土地だけ/B 土地だけではなく、建物も

5.子供のマンションの名義は

A 父親と共有にしておく/B 子供のものなので、単独がよい

6.アパートを贈与するとき

A 建物と土地だけでよい/B 必ず、現金も一緒につける

7.株式を贈与するなら

A 一番、株価が高くなったとき/B 意図的に、株価を安くしてから

PR

秀和システム