言葉の選択

概 要

部下や上司に「自分の言っていることが伝わっていない」と感じたことはありませんか? ビジネス会話は言葉の選択ひとつで相手への伝わり方が大きく変わります。本書は、さまざまなビジネスシーンを例に、あなたの言葉の選択テクニックの間違いをサクッと解説します。上司に相談を持ちかける時、前向きな部下を叱る時、部下に急な残業を依頼する時、取引先の担当者をほめる時など、よくあるシーンが満載で、誰でも今すぐ実践できます!

著者 大极勝
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4405-7
発売日 2015/7/25
判型 四六
ページ数 208
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 『会話の苦手意識』から解放される極意とは

事実はひとつでも解釈は複数投げかける言葉は無数

私の『やる気導火線』に火をつけた先輩上司の言葉とは

上司の『やる気導火線』に火をつけた部下たちの言葉とは

ある女性部長が見せた部下たちの前での見事な叱り方

会話の主役は話し手側ではなく聞き手側にあるのが基本です

話のプロでも何でもないのだから最初はできなくて当たり前

第2章 相手にお願いする時の『言葉の選択』

01 お客様にお待ちいただくとき

02 取引先に打合せのアポイントを取る時

03 セールスのアポイントを「間に合ってる」と断られたとき

04 セールスのアポイントを「興味がない」と断られたとき

05 取引先に「時間がない」と言われ訪問の再アポイントが取れないとき

06 仕事中の部下にさらに仕事を依頼する時

07 上司に相談を持ちかける時

08 上司に今すぐ助けて欲しいとお願いする時

09 上司に急ぎの報告をする時

10 上司に仕事の極意伝授をお願いする時

11 部下をお茶や食事に誘う時

12 上司をお茶や食事に誘う時

13 部下に急な残業を依頼する時

14 接待が好きではない取引先の担当者に声かけする時

15 同僚や後輩に仕事のフォローをお願いする時

16 先輩に仕事のフォローをお願いする時

17 上司や先輩から聞きにくいことを聞き出したい時

18 最後の最後、取引先に仕事のフォローをお願いする時

まとめ お願いする時こそ人間力が試されます。それは、相手に動いてもらうためなのです

第3章 相手をほめる時の『言葉の選択』

19 コツコツ努力する部下をほめる時

20 初対面の人をほめる時

21 上昇志向の強い部下をほめる時

22 仕事よりも他の面で気の利く部下をほめる時

23 専門職の部下をほめる時

24 いつも他の意見に流されやすい部下をほめる時

25 誰よりも苦労した部下をほめる時

26 熱血上司の仕事をねぎらう時

27 冷静な上司の仕事をねぎらう時

28 上司のフォローにお礼を伝える時

29 上司や先輩からほめられて返礼する時

30 取引先の担当者をほめる時

31 モチベーションが下がりかけた部下を勇気づける時

32 若い部下達のやる気を引き出す時

33 部下をほめて紹介する時

34 接待を受けてお礼する時

35 プロジェクトの成功を部下に感謝する時

36 プロジェクトの成功を上司にお礼する時

まとめ ほめられて、うれしくない人はいません。感謝されて、うれしくない人もいません

第4章 相手に断る時の『言葉の選択』

37 セールスのアポイントや勧誘を断る時

38 上司から仕事を振られて断る時

39 上司からの食事の誘いを断る時

40 取引先からの接待の誘いを断る時

41 取引先からの仕事の依頼を断る時(キャパシティオーバー)

42 余計なお世話をやんわりと断る時

43 検討後に断らざるを得ない時

44 結論をその場で伝えて、断る時

45 ビジネス慣例上の「先約優先」という理由で断らざるを得ない時

まとめ どのような場合でも、「不本意ながら~」という姿勢が大切です

第5章 相手を叱る時の『言葉の選択』

46 前向きな部下のミスを叱る時

47 ミスが怖くて踏み出せない部下を叱る時

48 冷静沈着な部下のミスを叱る時

49 うっかりミスが多い部下を叱る時

50 ミスした新人を叱る時

51 経験豊富な部下を叱る時

52 年上の部下を注意する時

53 上司の考えに異義を唱える時

54 全体責任として部下を叱る時

55 会社対会社として注意する時

まとめ 叱るという行為は何も解決しません。失敗を責めず、原因を確認し合いましょう

第6章 自分の考えを伝える時の『言葉の選択』

56 上司の意見に同意する時

57 初対面の目上の人にあいさつする時

58 初対面の部下や後輩達と同じプロジェクトを組む時

59 失敗しても部下にチャレンジ精神を持ち続けてもらいたい時

60 上司に決断をお願いする時

61 悩みやすい上司にやり方を提案する時

62 会社にとって悪い状況を上司に報告する時

63 上司・取引先にとって都合の悪いことをお願いする時

64 直属の上司に自分の案がつぶされると感じた時

65 こちらに非がある場合のクレームに対してお詫びする時

66 相手側に非があると思われるクレームにお詫びする時

まとめ 「伝えるため」の言葉の選択より、「伝わるには?」にこだわった言葉の選択が重

PR

秀和システム