コミュニケーション力がアップする! You I Weの法則

概 要

あなたの想い、相手に伝わっていますか? スルーされずに、想いを確実に伝えるには「共感」が必要です。「共感」のない会話はひとりよがりになり、相手に伝わりません。本書で紹介する「You I Weの法則」は、どんな相手にも使えるシンプルだけど強力なコミュニケーション術です。著者は元お笑い芸人なので語り口も滑らか。ビジネスや友達、家族などのコミュニケーションはもちろんメールやSNSなど、どんな関係にもすぐに応用できます。

著者 内藤紗弥花 VITA
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4411-8
発売日 2015/6/18
判型 A5
ページ数 256
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 どんな人とも仲良くなれるYou I Weの法則って何だろう?

1 You I Weの法則

コミュニケーションはYouありき

相手Youを惹き付けるIでWeをつくる

2 You I Weの法則、でもその前に

Iが「したい!」がなければ始まらない

コミュニケーションはいつもプレゼンテーション

3 YouがあなたIの話を聴きたくなるたった二つの方法

Youをとにかく「承認」し「受け止め」る

結果を得るためには、まずYouとの関係性

苦手な人ほどYou I We

4 バーチャルを活用し、Youを承認する素地をつくる

ネット上の情報収集で、Youを先読みする

YouはあなたIに見られたい

5 核となるIを持つ Iがなければ始まらない

コミュニケーションの前提は、Iを持っているか

あなたには、Iがあるという前提は必須

6 Iを棚卸して、等身大力を分析

Iを見つける等身大力

等身大力のセット

あなたの等身大力を分析してみましょう

7 Iを正しく発動させる

パフォーマンスにムラのある自分Iという生物

事実に対する解釈の幅を広げ、Iのパフォーマンスを均一にする

Youを喜ばせようと思うと、Iは代打でホームランが打てる

8 Youを幸せにするIになる

本当に自分Youを思ってくれるIとWeになりたい

一発ギャグでYou I We度を測る

9 Youに合わせたIでWeをつくる

ありのままのIをYouに魅せる落とし穴

どんなIも捨てる部位はない

YouとIの接点のつくり方?クロイワの尖った魅せ方

Youに合わせたIでWeをつくる

10 YouとIがWeになるとき

「Weになろうよ」と誘おう

明確なお誘いと、時間指定

Weになれないとき

Weになる「決定力」

11 YouとIの思いが両立し、想像を超えたWeになる

最後の一言が言えない

配慮の勘違い。「売り込まれたくない」という思い

Youが良かったと思えばそれで良い

Youの思い、Iの思いを両立するからWeになる

Weはコミュニケーションの醍醐味

Chapter 2 どんな人とも“リアル”で通じ合うYou I Weの法則

1 Youと私は「同じである」を示す

聴いているアピール

名キャッチャーは、ピッチャーを育てる

同調パワーでYouと繋がる

2 言葉でYouに「承認」を表す

共通点はYouの心の扉を開く魔法

「いいね!」を伝えて「承認」を表す

「承認」が、ハラスメントにならないかと心配……

Youが求めるポイントを「承認」する

リアルでも事前にYouを知っておく

3 Youを聴き切る

傾聴力でYouを引き出す

話を聴ければ、モテにも繋がる

話を最後まで聴く

「何を話そう」から「とにかく聴こう」へ

4 非言語コミュニケーション・インパクト

受け取られるのは言葉以外?

非言語インパクト

Youが話しやすい態度と姿勢

あまり真正面でこられても……

表情が相手の心を左右する

表情の豊かさは訓練可能

声が心に沁みる

非言語コミュニケーションを自在に使う

5 質問でYouの心を開く

質問もYou思いで

Youが応えやすい質問の順番

学校やサークルなどで友人をつくるとき

就職活動、合同説明会でのブースにて

見方を変えれば、YouはI、IはYou

6 Youとの接点をVITA質問で探し、Iを伝える

まだIを出してはいけない

YouとIが繋がる最終ステップ?VITA質問

Youを思いやるI

心をつかめたらしっかりとIを主張する

7 IをYouにわかり易く伝える

たとえ言いづらくても結論を先に……

結論から先に話すメインポイントファースト

8 YouはWeになりたがっている

あなたとWeになりたい

Iのリーダーシップ

Iが覚悟を決めるからWeになれる

YouとIが一つになる

Chapter 3 スピーディーに信頼を築くメールを使ったYou I Weの法則

1 関係性を深めるメールのYou I We

バーチャル・コミュニケーションを侮ることなかれ

メールの体裁より大切なこと

メールで人間関係を温め、信頼構築のスピードを上げる

2 You I Weの法則を使った5種類のメール

メールもいろいろだけどYou I Weがキホン!

あなたの「お願いメール」で「お願い」されたいか?

あなたの「お詫びメール」、お詫びになっていますか?

あなたの「お礼メール」、単なるお礼でおわってませんか?

あなたの「お知らせメール」、事務手続きぽく見えませんか?

あなたの「お断りのメール」、冷たいメールと感じられているかも

3 「OK!」をもらう、お願いメール

借り物の「お願い」メール

イベント参加の「お願い」メール

お仕事紹介の「お願い」メール

4 「誠意を感じた!」をもらう、お詫びメール

ドタキャンの「お詫び」メール

リスケの「お詫び」メール

誤発注の「お詫び」メール

5 「お願いして良かった!」をもらう、お礼メール

パーティー参加の「お礼」メール

名刺交換の「お礼」メール

納品後の「お礼」メール

6 「え? 聞いてないよ?!」がなくなる、お知らせメール

同窓会の「お知らせ」メール

アポイント接近の「お知らせ」メール

お仕事依頼確認の「お知らせ」メール

7 「また声を掛けるね!」をもらう、お断りメール

イベント参加への「お断り」メール

新規の仕事依頼への「お断り」メール

新規発注「お断り」への対応メール

Chapter 4 SNSもYou I Weの法則

1 SNSはYou I Weの関係が爆発的に広がるネットワーク

SNSでも成り立つYou I Weの法則

SNSで投稿やコメントをどう書くか

SNSでYouの「いいね!」をもらうには

SNSでYouに「共感」を抱かれるには

YouとWe状態を成立させる具体的なテクニックとは

「We状態」をコメントから分析するポイントとは

「We状態」になるためのコメント力とは

SNSライティング力をワークで高めよう

2 「いいね!」や「リツイート」される投稿と流される投稿

目指すは、I満足とYou満足の両立

3 SNSのゴールは、共感を得ること

読者Youの「共感」ポイントには鉄板がある

4 SNS投稿でYou寄りにするテクニック

まず「Youありき」を具体的に示すIメッセージの内容と形式

5 コメントの量と質がWe状態の測定指標

コメントからYou I Weの法則の成立状況がわかる

6 Youの投稿へのコメントでもYou I Weが関係強化

Youの投稿にコメントしてWe状態になろう

7 <ワーク>いいね! を付けたくなる、SNS投稿の実践

SNSライティングの実践1(チェックイン投稿)

SNSライティングの実践2(写真付き投稿)

SNSライティングの実践3(写真付きコメント)

Chapter 5 変幻自在のYou I Weの法則

1 変幻自在のYou I Weの法則

Weになれればそれで良し

YouからいいきなりWeになる

You跳んでI Weパターン

大勢の前で話すときのyou I Weパターン

2 そんな私も見られてるぅー

「YouとI」の関係は表裏一体

I意識を持ったYouとの関係性のさらなる深まり

You I Weの多重な広がり

Youとして多数、多方向から観られているI

3 どんなYouともWeになる?マンダラ関係術?

多重で多層なYou I We

You I Weの法則のマンダラ展開で人脈は無限に広がる

見込み客に通ずる道は360度×360度

4 IメッセージでWeになる

2つのIメッセージ

自身の要求を伝える「Just for MeのIメッセージ」

Youの力を引き出す「Just for YouのIメッセージ」

5 You I Weは丸腰でいこう!

いつもIは心を開いて

PR

秀和システム