これだけ! コンクリート

概 要

ひび割れなく、丈夫で長持ちするコンクリートの作り方をご存知ですか? 本書は、ハウスメーカーやデベロッパー、個人の方など発注者としてコンクリートの基礎知識を知りたい人、関連業界の方でコンクリートの実務知識を身につけたい人などを対象にした、楽しく読める入門書です。コンクリートの強度を決める生コンの配合、耐久性にすぐれたコンクリートを造る現場作業のコツなど、知りたかった知識や雑学がてんこもりです!

著者 岩瀬泰己
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4418-7
発売日 2015/10/21
判型 A5
ページ数 240
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第0章 コンクリートとは

0-1 コンクリートは何からできているか

0-2 コンクリートはなぜ固まるか

0-3 コンクリートの特徴

0-4 乾燥収縮ひび割れ

0-5 乾燥収縮以外のひび割れ

0-6 生コンと現場練りコンクリート

0-7 コンクリートの造り方

0-8 鉄筋コンクリート

0-9 コンクリートの寿命

0-10 理想的なコンクリート

0-11 コンクリートを調べる

0-12 コンクリートの土木構造物

0-13 コンクリートの建物

0-14 コンクリート製品

コラム おおきな鳥居の 平安神宮

第1章 コンクリート今昔

1-1 ローマンコンクリート

1-2 コンクリートの起源

1-3 セメント工業の歩み

1-4 エジソンとコンクリート

1-5 我が国のセメント産業・ 国産セメントの誕生まで

1-6 我が国のセメント産業・ 生産量の推移と生産技術

1-7 我が国の初期のコンクリート工事

1-8 我が国最初の鉄筋コンクリートビル

1-9 コンクリート用語

1-10 復興小学校

1-11 竹筋コンクリート

1-12 鉄筋コンクリート船

1-13 生コン車

1-14 AE剤

1-15 ポンプ工法

1-16 高流動コンクリート

1-17 高強度コンクリート

1-18 プレストレスト・コンクリート

1-19 繊維補強コンクリート

1-20 免震システム

1-21 世界一ののっぽビル

コラム むらびとと ともにお田植え 親鸞聖人

第2章 コンクリートの材料

2-1 セメントの製造

2-2 セメントの種類・ 用途、産廃の利用

2-3 セメントの種類・ 硬化の速いセメント

2-4 セメントの水和反応

2-5 水

2-6 骨材の役割

2-7 骨材に求められる性質

2-8 混和材料

2-9 AE剤

2-10 減水剤

2-11 流動化剤

2-12 シリカフューム

2-13 膨張材

コラム さいくつを やめて廃墟の 軍艦島

第3章 生コン

3-1 生コンのメニュー

3-2 JIS認証

3-3 強度

3-4 スランプ

3-5 砂利の大きさ

3-6 空気量

3-7 単位水量

3-8 細骨材率

3-9 生コンの配合

3-10 試し練り(試験練り)

3-11 練り混ぜ・運搬

3-12 テストピース

コラム いつまでも 残す基本は 「丁寧に」

第4章 施工

4-1 コンクリート工事の計画

4-2 コンクリート工事(建築工事)の概要

4-3 現場説明会

4-4 鉄筋工事・ 揺れ防止

4-5 鉄筋工事・ スペーサー

4-6 設備

4-7 型枠・ 固い生コンを使うには

4-8 型枠・ 充填不良の防止

4-9 型枠・ 転用と漏れ防止

4-10 打設計画

4-11 打設工法・ ポンプ工法

4-12 打設工法・ バケット工法、ネコ取り

4-13 作業員、作業機器

4-14 打設順序・ 一般的な打設順序

4-15 打設順序・ コールドジョイント防止策

4-16 生コンの受け入れ

4-17 受け入れ試験

4-18 暑中コンクリート

4-19 ポンプ車の先送り材料

4-20 充填作業・ 作業の基本

4-21 充填作業・ 打ち重ね

4-22 外部振動(叩き)・突き作業

4-23 再振動締固め作業

4-24 加圧作業

4-25 レイタンス除去

4-26 保湿養生

4-27 温度養生(凍結防止)

4-28 床面に対する養生

4-29 型枠の解体(脱型)

4-30 型枠解体後の養生

コラム らくしちゃ勝てぬ カヌー大会

第5章 検査

5-1 コンクリートのひび割れ

5-2 乾燥収縮ひび割れ

5-3 エフロレッセンス

5-4 凍害

5-5 塩害

5-6 中性化

5-7 アルカリ骨材反応

5-8 コンクリートの検査方法

5-9 新築工事のコア抜き検査

5-10 コア抜き箇所の選定

5-11 埋設物の位置の確認

5-12 コア採取

5-13 品質試験

5-14 品質異常

5-15 非破壊検査

コラム むかしと今と 未来の月夜

PR

秀和システム