わたしが犬から教わった「大切なコト」

概 要

JR福知山線の脱線事故。事故車両に乗っていた女性が車椅子生活となったとき彼女をささえたのは3頭の愛犬たちでした。本書は、JR福知山線の脱線事故で一生、車椅子を使用しなければならなくなり落ち込んでいた著者に、さまざまな気付きを与えてくれた愛犬たちとの実話物語です。コーギーのアノン、ラブラドールレトリバーのサラ、ニュージーランド・ハンタウェイのダイナとの心温まる生活から、犬と暮らす幸せをお届けします。

著者 岡崎愛子
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4423-1
発売日 2016/3/18
判型 四六
ページ数 208
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 再び会えた犬たちとの時間)

待ちわびた日

入院中の一番の楽しみは、犬とのふれあい

退院した日の大歓迎

第2章 犬が苦手だったわたし)

思いもよらなかったアノンとの出会い

傍若無人なアノンが怖い

犬を理解するって、どういうコト?

我が家に2頭目がやってきた

第3章 サラがわたしに教えてくれたコト)

不思議と物静かだったサラ

強い「生きる」意志

目が見えにくくてもできるコト

オフ会デビュー

フリスビードッグをあきらめられない日々

第4章 ダイナとフリスビーをわたし)

ダイナがやって来た!

フリスビードッグに挑戦

犬には個性があるコトを知る

ダイナと一緒にフリスビードッグ大会にハマる

犬たちとの初めての旅行

わたしが犬から教わった「大切なコト」 目次

第5章 人生を変えたあの事故がもたらしたもの)

不自由なもの同士

事故であきらめていたフリスビーに挑戦!

ダイナは、立派な介助犬なの?

犬の存在の大きさを痛感することになった東京生活

第6章 犬の「老い」を目の当たりにして思うコト)

犬の「老い」は確実にやってきた

老犬介護の始まり

覚悟はしていたけれど……

アノンの想い出と残された家族

第7章 犬とともに生きるコトで教わった人生の楽しみ方)

サンディエゴでの運命的な出会い

起業へ向けて行動開始!

サラ、我が道を行く

ただ、そばにいてくれるだけで

PR

秀和システム