株は新高値で買いなさい! 今日から始める成長株投資

概 要

2015年8月に株価の大暴落が起こりました。しかし、日銀のインフレ政策である量的金融緩和制作が続く限り、株式投資の中長期株価上昇トレンドは変わりません。逆に、今回の大暴落こそ成長株投資のチャンスです。本書は、5億円を稼いだ著者が、会社の成長期に投資をしてキャピタルゲインを得る「成長株投資」のノウハウを伝授します。上げ相場でも下げ相場でも、どんな相場環境であっても儲かる成長株の見つけ方がわかります!

著者 ふりーパパ
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4441-5
発売日 2015/9/29
判型 四六
ページ数 192
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

はじめに 株式投資の時代がやってきた!

●私は「成長株投資」で大きな資産を築いた

●今こそ成長株投資を始めるのに絶好の機会

●日本はインフレ経済へとシフトチェンジが行われた

●インフレ社会では投資をしないと豊かな生活は送れない

●成長株投資の素晴らしさを皆さんに

第1章 成長株投資を始めよう!

1 そもそも成長株投資とは?

●「成長期」にある会社を狙って投資する手法

●株価が年間で50%以上上昇する銘柄を狙う

●私と成長株投資との運命的な出会い

●驚きの連続だったオニール氏の教え

●試しに買ったシマノ株で300万円近く儲けた

●オニール式の成長株投資は日本でも通用する

●会社の「成長」にはいくつかのパターンがある

●売上高や経常利益の増加率が重要な基準になる

2 投資すべき「成長企業」の条件とは?

●オニール氏の教えは「年間20%以上」

●インフレ率によって数値設定は変わってくる

●これまでの日本では年間15%以上が目安だった

●どんな時代でも、成長を遂げている会社は存在する

3 成長株を発見する方法とは?

●成長株を発掘するために一番効率的な方法は「新高値銘柄を買う」こと

●新高値をつければどんな銘柄でもいいわけではない

●出来高を伴って大きく株価が上がったら、それは業績アップを示す狼煙(のろし)

●高い株を買って、さらに高く売る

4 将来のリーダー株候補に投資せよ

●リーダー株の二つの意味

●市場低迷時でも大きく値を上げているのが「リーダー株候補」

●日本を代表するIT企業になったヤフー

●SPAを日本に持ち込んで成長したファーストリテイリング

●「金の卵」を見つけ出そう

5 現在のリーダー株に投資せよ

●その業界の一番手または二番手の会社に投資する

●勝ち組と負け組のコントラストが鮮明になっている

●寡占化が進むとカテゴリーキラーが生まれる

6 「出遅れ株」は買ってはいけない

●市場全体がかなり上昇してから動き始める「出遅れ株」

●日本もアメリカ型の自由経済市場になった

●出遅れ株に投資をするのはリスクが高い行為

第2章 成長企業と成長株の見つけ方

1 年初来高値銘柄に注目する

●上場来高値と年初来高値がある

●最大5銘柄程度に絞って投資する

●日経平均株価よりも強い動きをする株に投資する

2 「新しいDNA(遺伝子)」を持った会社を見つけ出す

●成長期にある会社は「新しいDNA(遺伝子)」を持っている

●新商品で成長したアップル

●新サービスで成長したDeNAやグリー

●「新しいDNA」はいつまでも新しくはない

●商品やサービスだけではなく経営者も「新しいDNA」をもたらす

●日本でもトップの交代で業績が伸びる会社はある

3 独自のビジネスモデルを持つ会社が成長企業になるための条件

●独自のビジネスモデル=成長企業とは限らない

●ビジネスモデルを成長に結びつけられなかったミクシィ

●社会問題は成長企業の大きなハードル(障害)

●メガネユーザーの新たな開拓に成功したJIN

●手数料ビジネスで急成長を遂げたエニグモ

●市場規模をどれだけ拡大し続けられるかがカギとなる

●ビジネス市場の成長が成長企業の起爆剤になることもある

4 1年分の『会社四季報』を読み込む

●『会社四季報』を読み込めば、会社の将来が見えてくる

●過去1年間の業績予想とコメント欄を読む

●大型案件の終了を乗り越えたキャリアリンク

●業績が一過性のものか、持続的かを判断する

●1年以上前のことは見る必要がない

●株主欄の「投信の保有割合」をチェックする

●直近の決算期の経常利益をチェックする

●「ロイター銘柄レポート」もお薦め

5 「現場」を見て聞いて判断することも大切

●現場を見なければ、会社の真の状態はつかめない

●テレビコマーシャルと現実のギャップが大きかったコムスン

●ワンオペが社会問題にまでなったゼンショーホールディングス

●店を訪ねて買い物をすれば実感できたセリアの魅力

●ブラック企業の噂を不安視する必要がなかったファーストリテイリング

●インターネット検索や知り合いからも現場情報は集められる

6 今起きているブームに敏感になる

●30年間で起きたさまざまなブーム

●ブームに気づいたら、その分野の高値銘柄を探す

●投資家が得意な分野で判別する

●永久に伸びる会社は本当に少ない

●バフェットになるのは難しい?

第3章 株式市場を読む力を身につける

1 株式市場の状態はシンプルに把握する

●市場の状態によって売買法を変える必要がある

●「上昇」「下落」「ボックス」の三つに分類する

●市場の状況を反映する「主導株」を見つける

●精緻に分析すれば適切に判断できるわけではない

2 出来高と株価の関係から株式市場を見る

●出来高が増えているときは日経平均株価も上がる

●個別株には当てはまらない

●出来高急増は、その銘柄に何かが起きているサイン

●ニューヨーク市場と日本市場を比べてみると……

3 相場の天井圏と次の買いポイントを見極める

●天井圏を見極めるための四つのポイント

●2013年5月の天井打ちは判別できた

●迷ったときにはポジションを落とす

●買いタイミングはフォロースルーが出たとき

●下落相場は新しい主導銘柄を発掘するチャンス

4 ニュースやアナリストレポートを使って相場を読む

●ニュースやアナリストレポートも有用

●経常利益増加率の予想をもとに相場を読む

●ニュースに対する市場の反応を見ながら判断する

5 見た目の数値にだまされず、その数値が出た背景に目を向ける

●表面的な数値だけで単純に判断してはいけない

●疑問が出てきたら背景を調べる

●今のアメリカが「バブル」ではない理由

●日経平均株価は日本の景気を示す指標ではあるが……

●今の日本株は割高ではない

●史上最高値をつけても、まだ割安な株もある

第4章 成長株売買法

1 分割売買で確実に利益を確保する

●資金のすべてを最初から注ぎ込まない

●思惑は、当たることより外れる方が多い

●一気に購入するのはリスクが大きい

●「順張りの買い乗せ売買」という手法

●6回に分けて買った遠藤照明株

●一気に購入するとどうなるか?

●上昇局面ごとに買い乗せしよう

●調整局面では、いったん全株を売却する

2 ボックス売買法で、ボックス圏を上抜けした銘柄を買い上げる

●成長株投資には「ボックス売買法」が効果的

●ボックス圏を抜け出した時点で売買する

●ボックス売買法で利益を上げられた鬼怒川ゴム工業

●銘柄の購入は、流動性を確認してから

●ボックス売買法なら精神的負担も少ない

3 市場の状態に合わせて売買法を変えていく

●市場の状態は3種類に分類できる

●上昇相場のときは、成行買いですぐに買う

●下落相場では、焦らずゆっくりと積み増していく

●ボックス相場では、追っかけ売買的な買いも必要

4 成長株投資をするときはリスクヘッジを忘れない

●成長株は下落幅も大きい

●下落相場に入ったら、できるだけ早く売却する

●投資した会社の倒産や上場廃止リスクを意識する

●市場改革によって倒産リスクが高まっている

おわりに 成長株投資は、やりがいを持って、楽しみながら取り組もう

●成長株投資とは、成長企業のスポンサーになること

●儲けたお金を社会に役立つ形で使いたい

●単なる金儲けではないのが成長株投資のいいところ

●読書を楽しむように、会社四季報を読む

●株式市場にハンディ戦はない

●勉強~実践~勉強~実践を繰り返しコツをつかむ

●闇の向こうに光を見つけ出す力をつける

PR

秀和システム