これだけ! 高校物理 波・音・光 波動編

概 要

高校物理で習う「波動」は情報やエネルギーを運ぶ興味深い現象ですが、目で見てイメージすることが難しいため、苦手とする学生が多いジャンルです。本書は、波動について基礎・基本から楽しく学べるように「まずはこれだけ!」というポイントに絞って解説します。波の基本式、正弦進行波、反射波など波動の基礎をざっくり知ることができます。また、波動の研究からまったく新しい物理学が誕生するまでのストーリーも楽しめます!

著者 田原真人
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4445-3
発売日 2015/8/18
判型 A5
ページ数 216
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第0章 波動と情報、エネルギー

0-1 波動は情報を伝える

0-2 波動はエネルギーを伝える

第1章 波動の表し方

1-1 波の基本式

1-2 正弦進行波

第2章 いろいろな波

2-1 波の種類、その媒質と特徴

2-2 地震波、P波とS波とは?

2-3 光とは?

第3章 定常波と反射波

3-1 重ね合わせの原理と定常波

3-2 反射波

3-3 弦の振動

3-4 気柱の共鳴

第4章 光波の性質

4-1 反射と屈折

4-2 全反射と光ファイバー

4-3 レンズの仕組み

第5章 干渉

5-1 干渉条件

5-2 反射や屈折を含む干渉条件

第6章 ドップラー効果

6-1 音源が移動するときのドップラー効果

6-2 観測者が移動するときのドップラー効果

第7章 新しい物理学の誕生

7-1 光速の測定から特殊相対性理論へ

7-2 光量子仮説から量子力学へ

PR

秀和システム