図解入門ビジネス 最新 事業計画書の読み方と書き方がよーくわかる本[第3版]

概 要

事業計画書は、起業家・事業推進者が、融資担当者や投資家、取引先、顧客、従業員に対して事業内容を説明する説明文書です。本書は、事業計画書の基礎から読み方、書き方、さらにマーケティング戦略までわかりやすく解説します。また、事業計画を元にした事業性検証、最新ITツールの導入など事業を成功させるためのポイントも図説します。社内新規事業からベンチャーまで対応したすぐに役立つ事業計画書のテンプレート付き。

著者 松本英博
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4449-1
発売日 2015/8/28
判型 A5
ページ数 336
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1部 事業計画の役割と内容

第1章 事業計画書はコミュニケーションツール

1-1 事業計画書の役割を知る

1-2 事業計画書でビジネスの全容を点検する

1-3 事業計画書でビジネスの共通概念を伝える

1-4 事業計画書でビジネスの推進力を得る

1-5 誰が事業計画書を読むのか

1-6 誰が事業計画書を書く必要があるのか

1-7 誰が事業計画書を活用するのか

1-8 事業計画書に記載すべき事項は何か

1-9 事業を創生するための事業化プロセスとは何か

第2章 事業計画書の構成を知る

2-1 ビジョンと事業全体の構成

2-2 商品、サービスの概要

2-3 商談状況

2-4 販売計画

2-5 マーケティング計画

2-6 開発計画

2-7 人員計画

2-8 収益計画

2-9 短期計画と中長期計画

2-10 チームと体制

2-11 資本政策

2-12 情報化計画

第3章 事業計画書を読んでみる

3-1 投資家は何を事業計画書から読み取るのか

3-2 明確な事業コンセプトとは

3-3 売れるか、できるか、儲かるか

3-4 事業コンセプトを固める「10の問い」とは

3-5 問い(1)顧客は誰か?

3-6 問い(2)顧客のニーズは何か?

3-7 問い(3)顧客に提供する価値は何か?

3-8 問い(4)競合は誰か?

3-9 問い(5)差別化のポイントは何か?

3-10 問い(6)商品・サービスの内容は?

3-11 問い(7)業務フローはどうあるべきか?

3-12 問い(8)事業の成果を測る指標(KPI)は何か?

3-13 問い(9)事業のリスクは何か?

3-14 問い(10)今後の収益成長の見込みはどうか?

3-15 目論見書を読んでみる

3-16 IR(投資家向け資料)を読んでみる

第4章 事業計画書を書き進める

4-1 自らの事業を分解する

4-2 コア・コンピュタンスを見極める

4-3 コア・コンピュタンスの特許化、ライセンス化、知的財産化

4-4 事業化プロセスの「10の問い」で事業企画を評価する

4-5 商品仮説を出す

4-6 事業仮説を出す

4-7 仮説の検証を計画する

4-8 事業規模と財務諸表の関係は

第5章 事業計画を磨く

5-1 目標の損益計算書(P/L)を作る

5-2 損益計算書を強化する

5-3 目標のキャッシュフロー(C/F)計算書を作る

5-4 キャッシュフローを強化する

5-5 貸借対照表(B/S)を作る

5-6 貸借対照表を強化する

5-7 資本政策を作る

5-8 自己資本をどうするか

5-9 他人資本をどうするか

5-10 総合シミュレーションと分析

第2部 マーケティング戦略で事業計画を強化

第6章 事業計画を元に事業性検証を行う

6-1 事業計画の検証はなぜ必要か

6-2 どのような事業計画の検証法があるのか

6-3 想定顧客リストをつくる

6-4 エキスパートインタビューを行う

6-5 プレ・セールス資料を作る

6-6 検証分析を行う

第7章 事業計画を補強する

7-1 事業化プロセスの「10の問い」で振り返る

7-2 調査不足の場合はリサーチ手法を学ぶ

7-3 バリューチェーン分析を行う

7-4 参入業界のFAW分析を利用する

7-5 SWOT分析を利用する

7-6 成長仮説を補強する

7-7 コアのロードマップを利用する

7-8 商品化/サービスの提供ロードマップを利用する

7-9 マーケティング戦略を練る

7-10 事業戦略を練る

7-11 事業推進のシナリオを作る

7-12 全体解と部分解を使い分ける

第8章 「人財」、「資金」、「情報」を具体化する

8-1 投資家のみる事業計画の要点は

8-2 人員計画から人財計画へ

8-3 構成員に何を求めるか

8-4 資金計画から資本計画へ

8-5 情報活用計画から情報武装計画へ

8-6 売上ベースからコストベースへ

8-7 オペレーション(業務フロー)の具体化

8-8 フロー経営からストック経営へ

第9章 資本政策の実際

9-1 資本政策とは何か

9-2 自己資本はいくら必要か

9-3 資金調達をどうするか

9-4 金融機関をどう選ぶか

9-5 ベンチャーキャピタルとは何か

9-6 設備投資をどう考えるか

9-7 会社形態と資本政策の関係は

9-8 1円起業で成功するには

9-9 独立自営業からLLPへの展開

9-10 ストックオプションとは何か

第10章 新マーケティングの時代に向けて

10-1 市場の変化に対応する

10-2 最新のマーケティング戦略

10-3 シナリオ転換の重要性

第11章 一円起業からLLPの利用まで

11-1 事業推進母体と事業計画の関係は

11-2 法人立ち上げの「10の問い」とは

11-3 問い(1)資本構成は

11-4 問い(2)増資計画は

11-5 問い(3)ストックオプションは

11-6 問い(4)役員構成は

11-7 問い(5)経理・総務は誰が受け持つのか

11-8 問い(6)社外取締役(顧問)は誰か

11-9 問い(7)人事や給与制度は

11-10 問い(8)社員の待遇は

11-11 問い(9)人事採用は

11-12 問い(10)資本金の使途は

11-13 社内ベンチャーとしてのポイント

第3部 事業計画の活用と実践

第12章 計画から実践へ

12-1 自ら推す計画の要点は

12-2 起業家とビジネスプロデューサーのいずれか

12-3 一般的な投資プロセスとは

12-4 投資に何を期待するか

12-5 投資家向け発表の要点は

12-6 経営者に向けた企画の要点は

12-7 社内での管理会計管理と新規事業企画の要点は

12-8 フィードバックから何を得るか

第13章 最新ITツールの導入

13-1 事業のネタを促進するツール

13-2 事業仮説の分析ツール

13-3 インターネットを利用した販売促進ツールとその活用法

13-4 資本政策のシミュレータ

13-5 事業化プロセスの「10の問い」フォーマット

13-6 アントレプレナーシップアセスメント(起業家度テスト)

PR

秀和システム