いちばんやさしい管理栄養士国家試験合格講座 最新出題基準対応

概 要

管理栄養士は、たくさんある栄養関係の資格のなかで最高峰の国家資格です。本書は、管理栄養士国家試験を受験するひと、過去に勉強したことを思い出したい現役の管理栄養士さんを対象に、試験合格に必要な知識を解説します。いきなり過去問を挑む前に、まずは本書で必要な知識をしっかり身に付けましょう。1日1講義×90日の構成となっているので計画的に進められます。テキストのほかに各章ごとに模擬問題も用意されています。

著者 渡辺睦行
価格 本体2200円(税別)
ISBN 978-4-7980-4469-9
発売日 2015/9/29
判型 B5
ページ数 240
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

プロローグ 管理栄養士の資格と国家試験について確認しよう

1 管理栄養士とは

2 管理栄養士国家試験とは

第1章 生化学基礎栄養学を中心に国家試験の基礎を理解しよう

第1講 糖質って何?

第2講 糖質の代謝(1)

第3講 糖質の代謝(2)

第4講 糖質の代謝(3)

第5講 脂質って何?

第6講 リポたんぱく質

第7講 脂質の代謝

第8講 コレステロール

第9講 たんぱく質って何?

第10講 アミノ酸の代謝

第11講 インスリン

第12講 脂溶性ビタミン

第13講 水溶性ビタミン

第14講 酵素

第15講 消化と吸収

第2章 色々な臓器と病気について勉強しよう

第16講 肝臓の働き(1)

第17講 肝臓の働き(2)

第18講 肝臓の病気

第19講 黄疸

第20講 肝臓が悪い時の食事

第21講 腎臓の働き(1)

第22講 腎臓の働き(2)

第23講 腎臓の病気と腎臓が悪い時の食事

第24講 浸透圧と浮腫

第25講 甲状腺ホルモンと副甲状腺ホルモン

第26講 副腎皮質ホルモン

第27講 副腎髄質ホルモン

第28講 副腎皮質・副腎髄質の病気

第29講 血圧

第30講 逆流性食道炎

第31講 胃

第32講 大腸の病気

第33講 貧血

第34講 心臓

第35講 肺の病気

第36講 痛風

第37講 熱中症と脱水

第38講 糖尿病

第3章 栄養バランスとライフステージごとの身体の特徴を勉強しよう

第39講 基準値を覚えよう(1)

第40講 基準値を覚えよう(2)

第41講 栄養バランスの基本を覚えよう

第42講 メタボリックシンドローム

第43講 脂質異常症

第44講 妊婦さん

第45講 先天性代謝異常

第46講 授乳と離乳

第47講 幼児期から思春期まで

第48講 更年期

第49講 高齢期

第50講 ストレス環境での栄養

第51講 基礎代謝とメッツ

第52講 病気と薬

第53講 透析

第54講 アシドーシスとアルカローシス

第55講 水溶性ホルモンと脂溶性ホルモン

第56講 活動電位

第57講 免疫のメカニズム

第58講 免疫とアレルギー

第59講 核酸とその代謝

第4章 栄養バランスや給食のこと栄養指導のことを勉強しよう

第60講 食事摂取基準(1)

第61講 食事摂取基準(2)

第62講 特定給食施設

第63講 給食のシステム

第64講 大量調理施設衛生管理マニュアル

第65講 食中毒(1)

第66講 食中毒(2)

第67講 感染症

第68講 行動変容

第69講 学習形態

第70講 栄養教育における色々な評価

第5章 食品成分など暗記するだけで点数になる項目を勉強しよう

第71講 健康増進法と健康日本21(第二次)

第72講 静態統計と動態統計

第73講 保健機能食品と特別用途食品

第74講 食品の表示

第75講 褐変反応

第76講 味や香りの成分

第77講 食品の物性

第78講 色々な糖の構造

第79講 色々な脂質の構造

第80講 油脂と油脂の酸化

第6章 ちょっと理解しにくい項目や栄養政策などを勉強しよう

第81講 食事バランスガイド

第82講 健康のための色々な政策(1)

第83講 健康のための色々な政策(2)

第84講 特定健診・特定保健指導

第85講 疫学や調査の進め方

第86講 危険度とオッズ比

第87講 敏感度と特異度

第88講 食事摂取量の測定法

第89講 損益分岐点

第90講 細胞のお話

PR

秀和システム