はじめてのPython AIプログラミング

概 要

いま、さまざまな分野で「機械学習」や「人工知能(AI)」が注目されています。ところで、機械学習やAIの多くが、シンプルで使いやすいプログラミング言語「Python」で作られていることをご存知ですか? 本書は、無料で使えるPythonを使って、知識ゼロの方でもいきなりAIプログラミングができる世界一簡単なAI入門書です。あなたもPythonの基礎をストーリー形式で楽しく学び、対話型ボット「レイ」の開発を実体験しましょう!

著者 金城俊哉
価格 本体1700円(税別)
ISBN 978-4-7980-4485-9
発売日 2016/11/3
判型 B5変
ページ数 300
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 至急求む、Pythonできる人!

01 それは1通のメールからはじまった

02 そもそもPythonって何? から調べたよ

03 どうしてPythonができる人を求めているんだろう?

04 Pythonはプログラミングの学習に向いているのデス

05 この本に書いてあること

Chapter2 はじめよう! Pythonプログラミング!

01 PCにPythonをインストールする

02 「IDLE(Python GUI)」を起動してPythonを動かしてみよう

03 うわ、出来損ないどころか何も書いてないじゃない!

04 文字列を数値で自己紹介する

Chapter3 「レイ」を電卓レベルまでにしてあげよう

01 レイ、チャリに乗る、その移動速度は?(演算処理)

02 平方根とか対数とか高校数学のキホンを身に付けよう(標準ライブラリの関数)

03 「出題者⇔レイ」双方向でやり取りする

04 繰り返して問題を解く

Chapter4 英語は文型で覚える(文字列の操作)

01 文字列操作のキホン

02 規則動詞の現在分詞と過去形を答える

03 規則動詞の現在分詞と過去形の問題を解く

04 英文は文型で覚える

Chapter5 英語は連想式で記憶する(リスト、辞書)

01 データをまとめて管理できる「リスト」という道具

02 記憶した単語を使って英作文

03 関数を作ってソースコードをスッキリさせる

04 受験にまつわる名言・格言をランダムに表示する

05 リストの操作について学ぶ

06 英単語は「辞書」で覚えよう

07 ファイルから「単語帳」を読み込む

08 「グローバル」な変数

09 ファイルに書き込む関数を用意して学習機能を完成させる

Chapter6 オブジェクト指向とクラス

01 「炎の家庭教師」登場!(クラスの作成)

02 レイの発言回数を家庭教師に覚えてもらおう(クラス変数)

Chapter7 GUI版ボット「レイ」の作成

01 これから作るプログラムの内容確認と辞書クラスの作成

02 クラスを「カプセル化」して内部を保護しよう

03 辞書を検索して応答を返すResponderクラス

04 レイの頭脳、Rayクラスを作成する

05 メインウィンドウを作ってメニューやグラフィックスを配置する

06 入力ボックスとボタンを配置して画面を完成させる

07 対話を行うtalk()関数を作成すればGUI版レイの完成だ!

08 GUI版レイの全体像、そして動作確認

09 GUI版レイに英単語学習機能を移植する

PR

秀和システム