Excel VBAでAccessを操作するツボとコツがゼッタイにわかる本

概 要

Excelの業務が複雑になりすぎてAccessに移行しないといけないが、入出力はExcelを使いたい。あるいは、社員のデータをAccessで管理したいが、社員にAccessを触らせたくない。そんな時、ExcelからAccessを直接操作できたら便利だとは思いませんか? 本書は、Excel VBAを使ってAccessのデータを取り込み、分析や帳票作成などに活用する方法を解説します。実際にサンプル作成を体験することで理解度が深まり、ノウハウが身につきます。

著者 立山秀利
価格 本体2500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4490-3
発売日 2015/11/26
判型 B5変
ページ数 436
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 ExcelでAccessを操作しよう

1-1 本書でできること

・ExcelでAccessを操作するメリット

・本書で取り上げるExcelでAccessを操作するパターン

1-2 サンプル紹介

・本書で用いるAccessデータベース

・リレーションシップ

・各テーブルに格納されているデータ

・フォーム

第2章 ExcelでAccessデータを取り込んで使おう

2-1 AccessのデータをExcelに取り込むには

・AccessのデータをExcelに取り込む4通りの方法

・取り込むのはテーブルか選択クエリか?

・抽出するデータと並び順

2-2 Accessに接続して選択クエリを丸ごと取り込もう

・ExcelからAccessに接続するには

・ExcelからAccessに接続し、選択クエリを丸ごと取り込んでみよう

2-3 取り込んだデータを分析してみよう

・ピボットグラフで分析してみよう

2-4 Excelで更新してAccessでのデータ追加を反映しよう

・Accessで注文データを追加しておく

・Excelのテーブルのデータを更新

・ピボットテーブル/グラフも更新が必要

・接続の設定

2-5 切り出す条件を指定してAccessからデータを取り込もう

・取り込む方法の違い

・「Microsoft Query」で切り出す条件を指定

・条件に期間を指定するには

2-6 切り出す条件をセルで指定できるようにしよう

・Microsoft Queryの「パラメーター」で動的に切り出す

・Microsoft Queryのパラメーターを使ってみよう

・抽出条件として開始日と終了日を設定しよう

・パラメーターの入力先にセルを紐づける

・パラメーターを変更し、データを取り込み直してみよう

2-7 AccessのデータからExcelで帳票を作成しよう その1

・納品書作成の大まかな流れと2つの方法

・納品書を作成する準備と雛形の詳細

・目的の注文IDのデータを抽出する

・目的の注文IDのデータを納品書へ転記

・注文明細の表の2~3行目も転記

・注文明細の表の4行目も転記可能にしよう

2-8 AccessのデータからExcelで帳票を作成しよう その2

・指定した注文IDのレコードをAccessから切り出す

・取り込んだ注文データを納品書へ転記しよう

・#REF!エラーを回避

第3章 ExcelによるAccessの操作をVBAでもっと便利にしよう

3-1 ピボットテーブル/グラフの更新を自動化しよう

・ExcelによるAccessの操作をマクロ/VBAで自動化

・AccessのデータをExcelから追加・変更・削除するにはVBAが必須

・VBAのプログラミングを始める準備

・ピボットテーブル/グラフをVBAで更新するには

・ワークシートを切り替えるタイミングでピボットテーブルを更新

3-2 レコードを切り出す条件をフォームで指定しよう

・切り出す期間をフォームで指定

・フォームを作成しよう

・ボタンをクリックでフォームを表示する機能

・ブックを開いたらフォームを自動で表示する機能

・[OK]ボタンのイベントプロシージャを用意

・[OK]ボタンの処理をプログラミングする

3-3 フォームの年と月と日を分離しよう

・年と月と日を個別のテキストボックスで指定可能にする

・各テキストボックスの年と月と日からシリアル値を取得

3-4 セルを経由せず切り出す条件を指定可能にしよう

・Microsoft Queryのパラメーターを直接変更するには

・パラメーターを取得・設定してデータを更新するには

・パラメーターを設定し、データを更新するには

・フォームから期間を直接指定するプログラムを作ろう

・パラメーターの設定を確認してみよう

3-5 Accessのデータを取り込みExcelで帳票を作成・印刷を自動化 その1

・複数の注文IDの納品書の連続作成・印刷を自動化しよう

・まずは固定の注文IDで連続印刷・印刷してみよう

・開始と終了の注文IDをインプットボックスで入力

3-6 Accessのデータを取り込みExcelで帳票を作成・印刷を自動化 その2

・前節と同じプログラムで大丈夫?

・プログラムでバックグラウンドでの更新を無効化

・テーブルの更新処理も必要

第4章 ExcelのシートからAccessのデータを追加・変更・削除

4-1 ExcelでAccessのデータを追加・変更・削除しよう

・AccessのデータをExcelから操作

・本章のサンプルの紹介

4-2 ExcelでAccessのデータを追加・変更・削除するには

・大まかな処理の流れ

・レコードセットとカーソル

・Excel VBAでAccessを操作する下準備をしよう

4-3 AccessのテーブルのデータをExcelにVBAで取り込もう

・Accessデータベースに接続するには

・レコードセットを取得するには

・テーブル「MT_商品」をワークシート上に取り込む

・レコードセットとAccessデータベースを閉じる

・ブック開いたらテーブルを読み込む

4-4 ExcelからAccessのテーブルへデータを追加する機能を作ろう

・テーブルへデータを追加する処理の流れ

・STEP3-1~STEP3-3の処理のコードを記述するには

・サンプルの[追加]ボタンの機能を実装しよう

・テーブル「MT_商品」をA5セル以降に読み込み直す処理

4-5 コードを改善しよう

・処理の重複を解消するには

・①~③のコードを書き換えよう

・④の処理を改善して動作確認

4-6 ExcelからAccessのテーブルのデータを変更する機能を作ろう

・テーブルのデータを変更する処理の流れ

・STEP3-1~STEP3-3の処理のコードを記述するには

・Findメソッドの練習をしてみよう

・なぜレコードセットの先頭から検索する必要があるのか

・A2セルの商品コードで検索できるようにしよう

・データを変更する機能を作成しよう

4-7 ExcelからAccessのテーブルのデータを削除する機能を作ろう

・テーブルのデータを削除する処理の流れ

・STEP3-1~STEP3-2の処理のコードを記述するには

・データを削除する処理を作成しよう

・削除後に読み込み直す処理の不具合を修正しよう

・読み込まれたレコードの最終行のみセルの値を削除するには

4-8 エラー対策の追加と機能の改良

・本来対策が必要なエラー

・商品コードにまつわるエラー対策の機能を追加しよう

・データ変更/削除のエラー対策の機能を追加しよう

・機能を改良しよう

4-9 ExcelからAccessの注文データを追加する機能を作ろう

・本節で作成する機能

・STEP1の処理を作成しよう

・STEP2の処理を作成しよう

・STEP4の処理を作成しよう

・STEP3の処理を作成しよう

・複数の明細データに対応可能にしよう

第5章 ExcelのフォームからAccessのデータを追加・変更・削除

5-1 ExcelのフォームからAccessを操作しよう

・ExcelのフォームからAccessを操作するのは難しい?

・本章で作成するサンプル紹介

5-2 フォームの本体とコントロールを作成しよう

・フォーム本体を挿入

・コントロールを配置

・オブジェクト名を設定

5-3 テーブルをリストボックスに読み込む機能を作成しよう

・データベース接続とレコードセット取得の処理を作成

・テーブル「MT_商品」をリストボックスに読み込む処理

・すべてのレコードをリストボックスに読み込む処理

・リストボックスの列幅を調整しよう

5-4 ExcelのフォームからAccessのデータを追加する機能を作ろう

・[追加]ボタンのプログラムを作成

・コードを整理して改善しよう

5-5 ExcelのフォームからAccessのデータを変更する機能を作ろう

・[変更]ボタンのプログラムを作成

5-6 ExcelのフォームからAccessのデータを削除する機能を作ろう

・[削除]ボタンのプログラムを作成

・テーブルを読み込み直す前にリストボックスのデータを削除

PR

秀和システム