2000円のワインでもソムリエと会話がはずむ本

概 要

ワインを楽しむには知識が必要? でも、ぶどうの品種や生産地・製法の勉強は、普通は嫌になります。本書は「ワインが好きなのに注文するのは苦手」な人のために、ワイン用語やラベルの読み方だけでなく、有名ワインのエピソードと、それに関連のある、季節に合わせて選んだ1000円台から3000円までのお手軽ワインを紹介。この本を読めば、ワインバーやレストランで注文するストレスがなくなります! 合計107本のワインを掲載。

著者 扇谷まどか、手尾広遠
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4494-1
発売日 2015/12/2
判型 A5
ページ数 176
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

はじめに(1) こんな人のためにこの本を作りました

はじめに(2) ワインの選定とテイスティングコメントについて

Part 1 イントロダクション

本書の使い方

ワインに詳しくなる

Part 2「エピソード・ワイン」&「今週のワイン」

1 世界へ! 日本代表は甲州

2 フランス、ロゼの消費が白を上回る

3 飛行機にはソムリエが乗っている

4 1976年「パリスの審判」が下った

5 スーパースターはワインを作る~ハリウッド~フランシス・コッポラは今や映画よりワイン?

6 壺の中にはクレオパトラの涙

7 バレンタインにドミニク・ヴェルサーチの赤いスパークリング

8 スペインの「マン・オブ・ザ・イヤー」が手掛けるワイン

9 ひざまづき、脱帽して飲むべし

10 桜にワインはやっぱりロゼ

11 ベートーヴェンも飲んだ? ウィーンのワイン

12 テンプラニーリョはスペイン代表

13 北海道はドイツ品種が得意

14 マコンのシャルドネは要チェック

15 六百年以上かかってガメイが昇格

16 オバマ大統領もイタリアの泡がお好き

17 ジンファンデルはカリフォルニアで大人気

18 ソーヴィニヨン・ブランの手本は今やニュージーランド

19 『007シリーズ』ジェームズ・ボンドが愛飲するシャンパン

20 ナポレオンが愛したピノ・ノワール

21 ゲーテが愛したボックスボイテル

22 6月第1木曜日は「アペリティフの日」

23 世界でスパークリングワインが一番飲まれているのはドイツ

24 カリフォルニアばかりがアメリカ産じゃない

25 格付けの起源はトスカーナ?

26 ピノ・ノワール一の最高芸術ロマネ・コンティ

27 世界で活躍する日本人~最南端産地のニュージーランド~

28 スーパースターはワインを作る~南仏~ ブラピとアンジー

29 「う~ん、樽熟独特の香りが」なんて言ってみる

30 もう、「ヨーロッパワインの貯蔵庫」なんて言わせない

31 南アフリカ・ワインの時代が再びやって来る?

32 ドイツ・モーゼルでは、急斜面で命がけ

33 フランス? ドイツ? アルザスは独自の道を行く

34 「ワインの王」バローロ

35 世界で最も優れたカベルネは今やチリカベですか?

36 シチリア島の名物はエトナ火山、シロッコ、そしてワイン

37 VVは美味しさの証し?

38 スーパースターはワインを作る~オーストラリア~ ゴルファーのグレッグ・ノーマン

39 キャンティとキャンティ・クラッシコ、地域や生産規定は別もののワイン

40 ドイツではお酒の神様バッカスはワインに宿る?

41 最古のロゼはタヴェル・ロゼ?

42 スーパースターはワインを作る~スペイン~ サッカー代表イニエスタ

43 ぶどう栽培面積世界一はスペイン

44 世界的な画家によって毎年変わるエチケット

45 公式レセプションで使用するワインは銘柄選びが大変

46 ロスチャイルド一族がワインも征服?

47 日本ワインの祖、川上善兵衛

48 カヴァはシャンパンと同じ作り方

49 世界三大酒精強化ワインに挑戦

50 スーパー・タスカンはワイン界のパンク

51 クリスマスの泡、ドンペリさんとクリコさんのおかげ

52 日本最北端から最南端までのワイン産地を思いながら

Part 3 ソムリエに聞く、知って得するミニ知識

ワインの用語

グラスについて

ワインと四季

保存について

木樽・熟成の話

Part 4 ワインのラベル

ラベルの読み方

ラベルの例

PR

秀和システム