Windows Phoneビジネスアプリケーション開発ガイド

概 要

Windows Phoneは、Windowsとの高い親和性、使い慣れた開発環境や言語で開発できることなど、さまざまな利点がありほかのスマホOSと比べてビジネスユーザーに注目されています。本書は、Windows 10スマホ用のアプリ開発に必須な知識を体系的に学べる開発ガイドです。使い慣れたVisual Studioを使ったスマホアプリ開発、Windows 10のUWPアプリ開発への応用、ビジネスアプリに必須のサーバーDBとの連携などを解説しています。

著者 青柳臣一
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4495-8
発売日 2015/12/5
判型 B5変
ページ数 340
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 Windows PhoneでHello World!

1.1 Visual Studio

1.2 プロジェクトの作成

1.3 Hello Windows Phone!

1.4 アプリの実行(エミュレーター)

1.5 アプリの実行(実機)

Chapter 2 Windows Phoneとは

2.1 Windows Phoneの特徴

2.2 Windows Phoneの歴史

2.3 Windows Phoneのアプリケーション実行環境の歴史

2.4 Silverlight for Windows PhoneとWindowsランタイムとユニバーサルアプリとUniversal Windows Platform

2.5 本書のターゲット

2.6 学習上の注意

Chapter 3 簡単なビジネスアプリを作る

3.1 商品カタログアプリ

3.2 画面の作成

3.3 ロジックの作成

Chapter 4 さらにすぐれたアプリへ

4.1 状態の保存

4.2 アプリバー

4.3 スタイル

4.4 コントロールテンプレート

4.5 データテンプレート

4.6 ItemsControl、ListBox、ComboBoxの構造

4.7 値コンバーター

4.8 アニメーション

4.9 ItemsControlを使った天気予報マップコントロール

Chapter 5 ビジネスアプリのデータベースの扱い

5.1 本章で作成するアプリケーション

5.2 カメラによる撮影

5.3 位置情報の取得

5.4 ブラウザーの呼び出し

5.5 ファイル入出力

5.6 データアップロード

Chapter 6 アプリの配布

6.1 Windows PhoneストアとWindowsデベロッパーセンター

6.2 Windowsデベロッパーセンターへの登録

6.3 パッケージの作成とアップロード

6.4 限定されたユーザーへの配布

PR

秀和システム