はじめてのWord 2016

概 要

「仕事で報告書を書くことになった」「学校にレポートを提出しなければならない」「バザーのチラシやポスターを作りたい」そんな時に役立つのがWord(ワード)です。本書は、はじめてWord 2016を使う人や古いバージョンから乗り換えた人向けに、いまさら人には聞けない基本操作や初心者が迷う疑問を図版を使ってわかりやすく解説します。本書のサンプルデータを使って練習すれば、取引先などに自信を持って見せられる資料が作れるようになります。

著者 桑名由美、Studioノマド
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-4499-6
発売日 2015/10/23
判型 B5変
ページ数 264
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 Wordってどんなソフト?(今さら聞けないWordのあれこれ)

1 そもそもWordってどんなソフトで何ができるの?(Wordの特徴)

Wordは白い紙に文字や絵を組み合わせて書類を作るソフト

文字を間違えても修正が簡単

絵心が無くてもイラストを入れられる

手間のかかる表やグラフも簡単に作れる

Wordの文書に入れられるのは大きく分けて3種類

Wordを使うとこんなものが作れる

2 文字が上手なら、手書きでも同じじゃないの?(文字入力に関する特徴)

文字を入れられるだけでなく、文字を入れやすくサポートもしてくれる

文字の見た目や大きさを色々変えられる

原稿用紙やはがきなど、変わった紙でもWordで作れる

3 文字だけで伝われば、イラストは必要無いんじゃない?(イラスト/図形に関する特徴)

イラストを入れると見栄え良く、伝わりやすくなる

写真の補正や切り抜きもWordでできる

丸や四角を組み合わせて、簡単な地図も描ける

4 プレゼンや売り上げ報告書などの資料もWordで作れるの?(表/グラフに関する特徴)

表やグラフを入れてわかりやすい資料を作れる

Excelと同じ作り方で簡単に表やグラフを入れられる

プレゼンで使うチャート図や、組織図なども作れる

5 Wordの画面構成(画面各部の意味)

・Q&A

第2章 まずはWordをさわってみよう

6 Wordを起動する(起動)

Wordを使えるようにする

7 文書に文字を入力する(文字入力/キーボード)

文書に簡単な文字を入力する

8 文書を保存する(名前を付けて保存)

文書に名前を付けて保存する

9 Wordを終了する(閉じる/終了)

ファイルを閉じる

Wordを終わりにする

10 保存した文書を開く(ファイルを開く)

ファイルを開く

11 文書を印刷する(印刷)

文書をプリンターで印刷する

・Q&A

・練習問題

・解答

第3章 文字の入力方法を確認しておこう

12 数字と英字を入力する(半角英数字の入力)

数字を入力する

アルファベットを入力する

13 ひらがなを入力する(日本語の入力)

日本語を入力できる状態にする

ひらがなを入力する

拗音を入力する

14 カタカナを入力する(全角カタカナの入力)

一般的なカタカナ用語を入力する

変換できないカタカナを入力する

15 漢字を入力する(入力と変換)

ひらがなを漢字に変換する

16 ●や〒などの記号を入力する(記号の入力)

「●」を入力する

「〒」を入力する

17 あいさつ文を入れる(あいさつの定型文)

季節や安否のあいさつ文を入れる

18 文字列や段落を選択する(範囲選択)

文字列を選択する

段落を選択する

文書全体を選択する

19 文字列をコピーして文書内の別の場所にも入力する(コピー/貼り付け)

文字列をコピーして貼り付ける

裏技 過去にコピーした文字列を使うには

20 文字列を文書内の別の場所に移動する(切り取り/貼り付け)

文字列を切り取って貼り付ける

21 文字列を修正する(文字の削除/再変換)

文字を削除する

変換した漢字を別の漢字に再変換する

22 読みがわからない漢字を入力する(手書き入力)

手書き入力をする

・Q&A

・練習問題

・解答

第4章 文字だけの簡単な文書を作成してみよう

23 用紙のサイズと余白を設定する(用紙サイズ/余白の設定)

用紙サイズを設定する

文書に余白を設定する

24 1ページに入る行数と1行に入る文字数を設定する(文字数/行数の設定)

文字数と行数を設定する

25 文字列を中央や右端に配置する(文字列の配置)

文字列を右端に寄せる

文字列を中央に配置する

文書を保存する

26 文字列を太字や斜体にする(太字/斜体の設定)

文字列を太字にする

文字列を斜体にする

27 文字列に下線を引く(下線/波線の設定)

下線を引く

波線を引く

28 ○で囲んだ文字を入れる(囲い文字)

○で囲んだ印を入れる

29 文字にふりがなを付ける(ルビの設定)

読めない漢字にふりがなを付ける

30 文書の背景に透かし文字を入れる(透かし文字)

文書の背景に「見本」と入れる

裏技 背景にイラストや写真を挿入する

31 文書に箇条書きを入れる(箇条書き)

項目を箇条書きにする

箇条書きの項目を追加する

32 文書にページ番号を入れる(ヘッダー/フッターの編集)

フッターにページ番号「1」を入れる

フッターを編集する

・Q&A

・練習問題

・解答

第5章 見栄えの良い文書を作成しよう

33 文字に色を付ける(文字色の設定)

文字列に色を設定する

文字の背景に色を設定する

34 文字に立体や影などの効果を付けたり、文字の大きさを変える(文字のスタイル/サイズ変更)

文字に効果を付ける

文字の大きさを変える

35 文字の種類(書体)を変更する(フォント変更)

文字を別のフォントに変更する

36 文書の背景に色を付ける(文書の背景色)

文書の背景色を変える

37 文字列の色や太字などの書式だけをコピーする(書式のコピー)

書式だけをコピーして別の文字に貼り付ける

裏技 複数個所に続けて書式をコピーしたい

38 横書きの文書の中に縦書きの文章を入れる(テキストボックス)

縦書きの文章を入れるテキストボックスを作成する

39 ワードアートでさらに凝った文字をデザインする(ワードアートの挿入)

ワードアートを作成する

40 ワードアートのデザインや形を変更する(ワードアートの編集)

ワードアートを別のスタイルにする

ワードアートの形を変える

41 文字列の幅を均等に揃える(均等割り付け)

2文字の文字列を4文字分の幅に配置する

42 段落の先頭の位置を下げる(インデント)

特定の段落のみ先頭の位置を下げる

43 文字列の前にスペースを入れて他の行の文字列と位置を揃える(空白スペースの入力)

文字列の前に空白を入力する

44 行と行の間隔を広げる(行間の調整)

行間を広げる

段落前の間隔を広げる

45 文書の周囲に飾り枠を付ける(ページ罫線)

文書を絵柄で囲む

裏技 ページ罫線の絵柄が大きすぎるとき

・Q&A

・練習問題

・解答

第6章 文書に表を入れよう

46 文書の中に表を入れる(表の作成)

表を作成する

表の中に文字を入力する

47 表のセル、行、列を選択する(セル/行/列)

セルを選択する

行を選択する

48 作成した表に後から行や列を挿入する(行や列の追加)

行を挿入する

列を挿入する

49 行や列、表全体を削除する(行/列/表の削除)

行を削除する

表を削除する

50 表の列の幅を調整したり、均等にそろえる(列幅の調整)

列の幅を狭くする

列の幅を均等に揃える

51 複数のセルを結合する / 1つのセルを2つに分割する(セルの結合/分割)

2つのセルを1つに結合する

1つのセルを2つに分割する

52 セル内の文字列を中央や右側に配置する(セル内文字列の配置)

セル内の文字列を中央に配置する

セル内の文字列を右揃えに配置する

53 セルに色を付けたり、表全体のデザインを設定して見栄えをよくする(表のスタイル)

表にスタイルを設定する

セルに色を付ける

・Q&A

・練習問題

・解答

第7章 文書に図形を描いて入れよう

54 文書内に図形を描く(図形の作成)

四角形を描く

円を描く

矢印を描く

直線を描く

55 図形の大きさや位置を変更する(図形のハンドル操作)

図形を大きくする

図形を移動する

56 図形に色を付ける(図形の色)

図形を色で塗りつぶす

図形の枠線の色を変える

57 図形に影を付けたり立体にする(図形の効果)

図形に影を付ける

図形を立体的にする

58 描いた図形をコピーする(図形のコピー)

複数の図形を選択する

選択した図形をコピーする

59 図形の重なり順序を変える(最背面/最前面への移動)

選択した図形の重なり順を一番下にする

選択した図形の重なり順を一番上にする

60 複数の図形の位置を整える(図形の配置)

複数の図形の上端を揃えて配置する

図形どうしの間隔を均等にする

61 複数の図形をグループ化して1つにまとめる(グループ化)

図形をグループ化する

グループ化を解除する

62 図形の中に文字を入れる(テキストの追加)

図形に文字列を追加する

図形の中の文字を変更する

・Q&A

・練習問題

・解答

第8章 写真やイラストを入れてみよう

63 文書にイラストや写真を入れる(図の挿入)

画像を挿入する

画像のサイズを調整する

64 イラストや写真の横に文章を配置する(文字列の折り返し)

画像の右側で文字列が折り返すようにする

文字列の折り返しの種類

65 写真を明るくする(図の修正)

写真の明るさを変える

写真の明るさを細かく調整する

66 写真の不要な部分を切り取る(トリミング)

写真を切り取る

裏技 ハート形や星形の写真にする

67 写真に額縁のような枠や影などの効果を付ける(図のスタイル)

写真に枠を付ける

裏技 写真の背景を透明にする

・Q&A

・練習問題

・解答

第9章 文書にグラフを入れよう

68 グラフを作成する(グラフの作成)

グラフを使えば一目瞭然

グラフの構成を確認しておこう

グラフを作成する

グラフのデータを入力する

裏技 グラフのタイトルを入力する

69 グラフに表示される数字や項目を変更する(値/参照範囲の変更)

グラフの値を変更する

グラフの参照範囲を変更する

裏技 系列と分類を入れ替える

グラフに表示するデータを絞り込む

70 グラフの色やデザインを変更する(グラフのスタイル/レイアウト)

グラフのレイアウトを変更する

グラフの色や書体の組み合わせを変更する

棒グラフの棒の色を変更する

グラフに表示する要素を指定する

71 グラフの種類を変更する(グラフの種類)

グラフの形や向きを変更する

グラフタイトルのデザインを変更する

・Q&A

・練習問題

・解答

第10章 目次や索引のある長文のレポートを作ろう

72 見出しを入力して文書の骨組みを作る(アウトライン/見出し)

最初に見出しを入力する

見出しレベルを変更して章と段落を区別する

本文を入力する

73 文字列をキーワードで検索したり別の用語に置き換える(検索と置換)

指定したキーワードを検索する

キーワードを他のキーワードに置き換える

74 文章の間違いをチェックして修正する(スペルチェックと文章校正)

自動的に抽出されたミスを修正する

文書をチェックしながら修正する

75 文書の書体や配色をまとめて設定する(文書のスタイルセット)

文書のデザインをまとめて変更する

デザインの色の組み合わせを変更する

76 段落に番号を設定する(段落番号)

見出しに段落番号を表示させる

段落番号の書式を変更する

77 文書中の図や表に通し番号を付ける(図表番号)

新しい図表番号を作る

図に図表番号を設定する

78 文書中の単語に脚注を付ける(脚注/脚注番号)

単語に脚注を付ける

記号の脚注番号を挿入する

79 目次を作成する(目次)

目次を自動的に作成する

目次の書式を変更する

80 文書中の用語で索引を作る(索引)

索引に用語を登録する

文書に索引を挿入する

81 コメントを利用して文書にメモを残す(コメント)

文書にコメントを挿入する

コメントに返答する

82 修正した内容を確認して文書のミスを無くす(校閲/変更履歴)

文章の修正の履歴を記録する

修正内容を文書に反映する

83 作成者の個人情報を文書から削除する(ドキュメント検査)

文書作成者の個人情報が入っているか検査する

文書作成者の個人情報を削除する

・Q&A

・練習問題

・解答

第11章 特殊な文書の作成や、知っておくと便利な機能について確認しよう

84 縦書きの文書を作成する(縦書き/横書き)

横書きの文書を縦書きに変換する

文書の途中から縦書きに変更する

85 縦書きのページと横書きのページが混ざった文書を作成する(セクション区切り)

文書をセクションで分割する

セクションに縦書きを設定する

86 段組みを設定して文書のレイアウトを分割する(段組み)

文書に段組みを設定する

段の境界線を表示する

87 文書を原稿用紙に表示する(原稿用紙)

原稿用紙の文書を作成する

原稿用紙にページ数を表示させる

88 組織図などの複雑な図形を作る(SmartArt)

組織図を作成する

組織図を編集する

89 文書をPDFファイルに書き出す(PDF形式での保存)

文書をPDFファイルに保存する

裏技 PDFファイルをWordの文書ファイルとして読み込む

・Q&A

・練習問題

・解答

付録

1 キーボードを使う

キーの意味と使い方

2 ローマ字入力かな対応表

五十音

濁音と半濁音

拗音撥音

3 プリンターの接続を確認する

プリンターの接続を確認する

プリンターがオフラインの場合

裏技 通常使うプリンターを設定する

PR

秀和システム