PMP試験対策テキスト&問題集 2016年度新試験対応版

概 要

就職、転職、キャリアアップに最適なPMP資格は、IT・建設をはじめとする多くの業界から注目される国際資格です。本書は、PMBOK第5版翻訳責任者によるPMP(プロジェクトマネージャー・プロフェッショナル)試験一発合格への最短教科書です。2016年1月から開始される新試験にいち早く対応し、タスクの要点+ワンテーマで短時間で効率的に学習でき、豊富な図解で複雑な概念や難解用語もしっかり理解できるように工夫されています。

著者 鈴木安而
価格 本体3200円(税別)
ISBN 978-4-7980-4514-6
発売日 2015/12/21
判型 A5
ページ数 448
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 00 PMP試験受★験・学習ガイド

PMP受験ガイド

受験資格と受験から合格までの流れ

申し込み手順概略

従来試験からの変更点

PMP学習ガイド

テキストの構成

問題集と用語集

効果的な10分間学習法テクニック

Chapter 01 PMBOKガイド

01 PMBOKガイドの目的

No.001 PMBOKガイドの成り立ち

No.002 ルールではなくガイドであるPMBOKガイド

02 プロジェクトとは

No.003 プロジェクトとは

No.004 独自性とは

No.005 有期性とは

03 プロジェクトマネジメントとは

No.006 言葉の定義

No.007 「マネジメントする」とは

04 プロジェクトマネジメント・プログラムマネジメント・ポートフォリオマネジメントの関係

No.008 プロジェクトと施策

No.009 ポートフォリオマネジメント

No.010 プログラムマネジメント

05 プロジェクトのフェーズ

No.011 フェーズの関係

06 プロジェクト・ライフサイクル

No.012 ライフサイクル

07 テーラリング

No.013 テーラリングと設計

08 PMOの役割

No.014 PMOとは

No.015 PMOの分類

09 知識エリア

No.016 10種類の知識エリア

10 5つのプロセス群

No.017 5つのプロセス群はIPECC

11 プロセス・マップ

No.018 プロセス・マップから見える特徴

Chapter 02 プロジェクト・マネジャー

01 プロジェクト・マネジャー

No.019 プロジェクト・マネジャーとは

No.020 職務として求められること

No.021 求められるコンピテンシー

No.022 マネジャーとリーダーの違い

No.023 倫理規定

Chapter 03 プロジェクトと組織

01 組織文化の影響力

No.024 プロジェクトと定常業務

No.025 プロジェクト体制

No.026 組織体の環境要因

No.027 組織のプロセス資産(1)

No.028 組織のプロセス資産(2)

Chapter 04 ドメインⅠ:プロジェクトの立上げ

01 プロジェクトの評価

No.029 プロジェクトの実現可能性検討

No.030 キャッシュフロー分析手法

02 ビジネス要求事項と成果物

No.031 ビジネス要求事項

No.032 主たる成果物(スコープ)

03 主要ステークホルダーの分析

No.033 ステークホルダー特定

No.034 ステークホルダー分析

04 ハイレベルのリスク、前提条件、制約条件の特定

No.035 ハイレベルのリスク

No.036 ハイレベルの前提条件

No.037 ハイレベルの制約条件

05 プロジェクト憲章作成

No.038 ステークホルダーの要求事項収集

No.039 プロジェクト憲章

06 プロジェクト憲章承認の獲得

No.040 プロジェクト憲章の公式な承認

07 事業価値との整合性確認

No.041 組織戦略との整合性をとる

08 プロジェクト開始宣言

No.042 主要ステークホルダーへの伝達

No.043 後続プロセスの開始

練習問題

練習問題解答

Chapter 05 ドメインⅡ:プロジェクトの計画

01 要求事項マネジメント計画

No.044 要求事項マネジメント計画書

No.045 要求事項収集技法

No.046 グループ発想技法

No.047 要求事項文書の内容

No.048 要求事項トレーサビリティ・マトリックス

02 スコープ・マネジメント計画

No.049 スコープ・マネジメント計画書

No.050 プロジェクト・スコープ定義

No.051 WBS(Work Breakdown Structure)作成

No.052 要素分解

No.053 コントロール・アカウント

No.054 WBS辞書

No.055 スコープ・ベースライン

No.056 適応型プロジェクトにおけるスコープ

No.057 要求事項ベースライン

03 コスト・マネジメント計画

No.058 コスト・マネジメント計画書

No.059 コスト見積り

No.060 見積り技法

No.061 予算設定

04 プロジェクト・スケジュール作成

No.062 スケジュール・マネジメント計画書

No.063 スケジュール・モデル

No.064 アクティビティ定義

No.065 アクティビティ順序設定

No.066 プレシデンス・ダイアグラム法No.(Precedence Diagram Method)

No.067 リードとラグ

No.068 適応型プロジェクトにおける順序設定

No.069 資源マネジメント計画

No.070 アクティビティ資源見積り

No.071 アクティビティ所要期間見積り

No.072 スケジュール作成

No.073 クリティカル・パス法(CPM)

No.074 CPM計算例の説明

No.075 クリティカル・チェーン法(CCM)

No.076 資源最適化法

No.077 モデリング技法

No.078 スケジュール短縮技法

No.079 スケジュール・ベースライン

05 人的資源マネジメント計画

No.080 人的資源マネジメント計画書

No.081 役割と責任

No.082 組織図

No.083 組織論

No.084 ネットワーキング

No.085 要員マネジメント計画書(Staffing Management Plan)

06 コミュニケーション・マネジメント計画

No.086 ナレッジ・マネジメントによるプロジェクトの情報

No.087 コミュニケーション活動の種類

No.088 コミュニケーション・マネジメント計画書

No.089 コミュニケーション・モデル

No.090 コミュニケーション方法

07 調達マネジメント計画

No.091 調達マネジメント計画書

No.092 契約タイプ

No.093 調達作業範囲記述書(P-SOW; Procurement Statement of Work)

No.094 調達文書

No.095 プロポーザル評価基準(発注先選定基準)

08 品質マネジメント計画

No.096 品質マネジメント計画書

No.097 カンバン方式

No.098 品質基準

No.099 品質コスト

No.100 品質チェックリスト

09 変更マネジメント計画

No.101 変更マネジメント計画書

No.102 変更管理委員会(CCB: Change Control Board)

No.103 コンフィギュレーション・マネジメント

No.104 コンフィギュレーション・マネジメント活動

No.105 変更管理とコンフィギュレーション・コントロールの違い

10 リスク・マネジメント計画

No.106 リスク・マネジメント計画書

No.107 発生確率と影響度の定義

No.108 リスク特定

No.109 定性的リスク分析

No.110 定量的リスク分析

No.111 リスク対応計画

No.112 受容戦略とコンティンジェンシー対応戦略

11 ステークホルダー・マネジメント計画

No.113 ステークホルダー・マネジメント計画書

12 プロジェクトマネジメント計画書の承認

No.114 プロジェクトマネジメント計画書

No.115 承認プロセス

13 キックオフ・ミーティング

No.116 キックオフ・ミーティングの開催

練習問題

練習問題解答

Chapter 06 ドメインⅢ:プロジェクトの実行

01 資源の獲得

No.117 調達実行

No.118 入札説明会

No.119 プロポーザル評価

No.120 独自見積り(査定見積り)

No.121 調達交渉

02 チーム形成と成果物作成

No.122 チーム編成

No.123 チーム形成プロセス

No.124 動機づけ

No.125 コンフリクト・マネジメント(対立のマネジメント)

No.126 リーダーシップ・スタイル

No.127 作業の指揮・マネジメント

No.128 作業パフォーマンス・データ

03 品質保証と改善活動

No.129 品質保証

No.130 品質保証のツールと技法

04 承認済み変更の実施

No.131 変更ログ

No.132 変更作業計画

05 リスク対策の実施

No.133 受容したリスクへの対策

06 コミュニケーション・マネジメント

No.134 プロジェクトの情報伝達と教訓

07 ステークホルダー・エンゲージメント・マネジメント

No.135 ステークホルダーの関与を高める

練習問題

練習問題解答

Chapter 07 ドメインⅣ:★ プロジェクトの監視・コントロール

01 パフォーマンスの測定(スコープ、タイム、コスト)

No.136 スコープ・コントロール

No.137 スコープ・クリープ

No.138 コスト・コントロール

No.139 EVM(Earned Value Method)

No.140 残作業効率指数(TCPI)

No.141 コスト予測とスケジュール予測

No.142 スケジュール・コントロール

No.143 CPM

No.144 CCM

No.145 遅れ対策

02 統合変更管理

No.146 変更管理活動と利点

No.147 変更要求の承認

No.148 変更要求の却下

03 品質コントロール

No.149 成果物検査

No.150 変更作業のレビュー

04 リスク・コントロール

No.151 リスク再査定

No.152 リスク監査

No.153 リスクの日常管理

05 課題管理

No.154 課題ログ

No.155 エスカレーション

No.156 ピア・レビュー

06 コミュニケーション・コントロール

No.157 情報の伝達とフィードバック

No.158 ステークホルダーの関わりレベルのコントロール

07 調達コントロール

No.159 ベンダー管理

No.160 他のプロセスとの統合

練習問題

練習問題解答

Chapter 08 ドメインⅤ:プロジェクトの終結

01 成果物の最終受入れ

No.161 スコープ妥当性確認

02 最終成果物の移管

No.162 プロジェクトやフェーズの終結

03 調達終結と事務終了

No.163 契約終結活動

No.164 契約終結の事務手順

No.165 プロジェクトの事務終了手続き

04 完了報告

No.166 終結文書

05 教訓

No.167 教訓の保管

No.168 パフォーマンス測定

No.169 プロジェクト・レビュー

06 プロジェクト・ファイルの保管

No.170 プロジェクト・ファイルに含まれる文書

07 顧客満足度測定

No.171 顧客満足度

練習問題

練習問題解答

PMP試験模擬問題

模擬問題

模擬問題解答

PMBOK/プロマネ用語集

PR

秀和システム