最強の販促ツール 手づくりPOPで売上アップ!

概 要

「自分には手づくりPOPなんて無理!」と思っていませんか? POPは、お客様に商品やサービスの価値をきちんと伝え、売上を伸ばす大事な販促ツールです。POPを手づくりするのは難しそうに見えますが、基本を押さえれば簡単につくれます。本書は、実際に売上がアップした事例をもとに、手軽で効果的なPOPのつくり方を解説します。注目されるコピー、ターゲット別のキーワード、購買意欲をそそる色使いまで、POPの悩みが解決します!

著者 おぐまのりゆき
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4516-0
発売日 2016/1/26
判型 A5
ページ数 156
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

■1章 手づくりPOPでお店を魅力的にする)

・あなたのお店をもっと魅力的な売場にするには?

・メーカーの支給品ではなく、手書きのPOPがいい理由は?

・商品に手づくりPOPをつけて、売場は完成する

・POPのさまざまな種類(1)

基本中の基本、プライスカード型POP

・POPのさまざまな種類(2)

価格を大きく訴求するセールPOP

・POPのさまざまな種類(3)

最も汎用性の高いショーカード型POP

・POPのさまざまな種類(4)

お客様を引きつけるキャッチコピーPOP

・POPのさまざまな種類(5)

人気商品はランキングPOPで紹介

・POPのさまざまな種類(6)

カウントダウンPOPで「限定感」を訴える

・POPのさまざまな種類(7)

コーナーを盛り上げるテーマPOP

・POPのさまざまな種類(8)

店内をわかりやすくご案内するコーナーPOP

・POPのさまざまな種類(9)

お客様を集める大きなサイズのPOP

Column 「接客が苦手…」という人こそ、手づくりPOPを活用しよう!

■2章 なぜ、手づくりPOPで売上が伸びるのか?)

・メーカー主導のアピールでは、多様化したお客様のニーズに応えられない

・自店オリジナルの情報を、POPを使ってお客様に発信!

・中小店ほど手づくりPOPで差別化をはかろう!

・これからは「問題解決の提案」で、お客様のニーズを掘り起こそう

・手づくりPOPだからこそ、あなたの気持ちがお客様に伝わる

・手づくりPOPだからといって、すべてを手書きしなくてもOK!

・手書き&パソコンのハイブリッドPOPを活用しよう!

・手づくりPOPもAIDMAの法則でつくる

■3章 POPには、どんなことを書けばいい?)

・あなたがお客様に〝最も伝えたいこと?は何ですか?

・商品の価値を具体的に表わす目立つキャッチコピーを考える

・お客様の目線に立ち、わかりやすい説明文を書こう

・写真やイラストを利用して、お客様の想像力を刺激する

・見た目では伝わらない商品の価値をPOPで「見える化」しよう

・価格は読みやすさを優先し、はっきりと表示すること

・文字のうまい下手は二の次。ていねいに気持ちを込めて手書きしよう

Column お客様が読んで理解するPOPは、口頭での説明よりも納得感がある

■4章 注目されるキャッチコピー、説明文のつくり方)

・上手なキャッチコピーをマネることから始めよう

・キャッチコピーを実際につくってみよう!

・擬音語や擬態語を使って臨場感を出そう

・話し言葉で書いたほうが読みやすく、伝わりやすい

・自分で使った感想をまとめると、お客様の共感を得られやすい

・お客様が知りたいのは、「この商品を使うと、どうなるのか」

・デメリットでも、見方を変えればメリットになる

■5章 「お客様は誰か?」を考えてPOPをつくろう)

・ターゲット別POP(1)

学生さんは流行に敏感。くだけた口調のほうがウケる!

・ターゲット別POP(2)

20?30代にはコアな情報を提供。40代には高品質やこだわりをアピール

・ターゲット別POP(3)

シニア世代は「国産」が好き。「健康」や「安心・安全」もキーワード

・ターゲット別POP(4)

「手軽さ」「安心・安全」「環境配慮」がファミリー層にはキーワード

・ターゲット別POP(5)

女性客には〝ハッピーな自分?や著名人への共感を上手に訴える

・ターゲット別POP(6)

男性客はスペックにこだわり、ゲーム感覚で買い物を楽しむ

Column カラーバリエーションも豊富な色画用紙を活用しよう

■6章 実践! 手づくりPOPの書き方)

・POPを書き始める前に、これだけは用意しよう!

・店内が乱雑に見えないように、基準となるPOPのサイズを決める

・POPのデザインは文字のバランスを考えること

・余白を十分にとると、スッキリと読みやすいPOPになる!

・配色を工夫してプロっぽく見せるには?

・色に反応する人間の心理を知って、売上アップをはかろう!

・プライスカード型、セールPOPなど、「価格訴求型」は「お得感」を感じてもらうこと

・キャッチコピーPOPなど「商品説明型」は、商品の魅力をどう訴えるか

・ランキングPOPは、一覧表形式と、商品ごとに表示する方法がある

・カウントダウンPOPは、他のPOPと組み合わせて使える

・集客用の大きなサイズのPOPは、遠くから見てもわかるようにつくる

Column お客様の潜在的な問題に訴えかける「課題解決の提案」POP

■7章 売上をアップさせる手づくりPOPのつけ方)

・お店の雰囲気に合わせて、POPのデザインとつけ方を工夫しよう

・POPに統一感を持たせて店内をスッキリと見せる

・POPはお客様の目線の高さに合わせ、「ゴールデンゾーン」を意識してつける

・どんなに忙しくても、こんな商品にはPOPをつけるべし!

・POPで新製品をアピールし、新しい使い方を提案していく

・その商品がテレビや雑誌で紹介されたことをアピールしよう

・古いPOPは商品までみすぼらしい印象に 。こまめにつくり替えよう

・イベントに合わせたPOPで、お客様の需要を掘り起こそう

■8章 手づくりPOPを戦略的に活用する)

・手づくりPOPであなたのお店をブランディングしよう

・手づくりPOPを活用して、自店主導で〝売る?仕組みをつくる

・手づくりPOPで積極的な販売を仕掛けられる!

・販売のPDCAサイクルで手づくりPOPに磨きをかける

・手づくりPOPは人材育成にも効果がある!

Column 目立ち度№1の立体POPと、商品を傷めないPOPの貼り方

PR

秀和システム