これ一冊で完璧! Excelで経理 即戦力講座

概 要

経理の現場では、実務の経験が無くても、Excelがそこそこ使えればなんとかなります! 本書は、経理の仕事に就いたばかりで何をやったらいいかわからない経験不足な方を対象に、経理の現場で頻繁に使われるExcelと簿記の連携テクニックを解説した入門書です。基本的なExcel関数・グラフ機能の使い方、出納帳・領収書・在庫管理の方法、会計帳簿を仕訳に変更するノウハウ、試算表を元にした分析までていねいに説明しています。

著者 三浦健二郎
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4528-3
発売日 2015/12/21
判型 A5
ページ数 256
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 Excelと簿記の連携があなたを即戦力に変える!

1-1 簿記3級くらいの知識があれば経理の実務も楽勝!ではない

経理の実務に不可欠な知識って?

簿記の知識+Excel=経理の実務!

1-2 経理実務での「Excelが使える」ってどういうこと?

本当に使えるのか、なんとなく使えるのか

問題があることにさえ気づかない

「経理に特化したExcelの使い方」とは

1-3 いざ経理の現場に!

経理の現場でまずあなたがすべきこと

「月次決算を組むことができる」という目標

Excelはあなたの強い味方

1-4 経理の「即戦力」になるための3つのステップ

最短距離で「即戦力」になるために

ステップ1:経理の実務に必要なExcelの機能だけを押さえる

ステップ2:Excel関数を6つだけマスターする

ステップ3:Excelの機能と関数を経理帳票に落とし込む

第2章 経理の実務で必要になるExcelの機能

2-1 リストからセルの値を入力する

経理の仕事は入力から始まる

その先の運用も考えて

名前の定義した範囲を変更する

リスト機能の設定

摘要の入力の仕方

2-2 条件を指定して並べ替える・検索する

探すことも大事な仕事

並べ替える

特定のセルを選択する

まとめて検索

2-3 テーブル機能を使う

データを効率よく管理する

Excelのデータベース機能

数値の分析に使う

抽出方法の選択

2-4 ピボットテーブル

ピボットテーブルで表を作る

見出しは絶対に必要

ピボットテーブルの設定

データを追加した場合

縞模様を入れる

2-5 グラフを作る

数字だけでは説得力が足りない

前期比較グラフ

推移グラフ

2-6 その他の便利機能

ウィンドウ枠を固定する

電卓の代わりに

マウスは左手で使う

2-7 印刷をする

印刷物で仕事の成果が測られる

印刷の基本的な設定

印刷タイトルを指定する

更に細かく印刷の設定をするときは

第3章 たった6つの関数で経理の実務は乗り切れる!

3-1 セルの値を集計する(SUM、SUMIF、SUMIFS関数)

Excelで一番よく使う関数

SUM関数に条件を加えたい

関数の挿入から関数を選択する

SUMIF関数の引数を指定する

検索条件を自由に変更する

検索条件を増やすときは

検索条件を3つ指定する

3-2 データを参照する(VLOOKUP、IFERROR関数)

コピー貼り付けの多用は厳禁

VLOOKUP関数の引数を設定する

VLOOKUP関数を使うときの注意点

全角と半角が統一されていない場合について

検索値がない場合について

検索範囲がずれる場合について

エアーが直らないときは

エラーが出たときの対処法

データを貯めるとき、VLOOKUP関数は使えない

半角全角は完全に一致しなくても大丈夫

得意先名で検索する

3-3 Excelに答えを判断させる(IF関数)

ちょっとしたプログラミング

IF関数の使い方

IF関数を繋げて条件分岐を増やす

関数のネスト

更にIF関数を繋げる

IF関数で消費税率を設定する

IF関数に他の関数を繋げる

第4章 経理の基本的な実務をExcelでやってみよう!

4-1 出納帳の記帳

経理の実務の基本的な流れ

経理の中で一番基礎となる実務は?

現金出納帳を作ってみる

摘要と店名等の登録

リストの設定をする

摘要(店名等)を追加する

行を削除した場合

出納帳のデータを集計する

月毎に集計する

印刷する

ショートカットの活用

4-2 Excelで領収書を発行する

データを効率的に管理するには

領収書出力・管理シートを作成する

VLOOKUP関数でデータを参照する

領収書の運用方法

4-3 受取手形・支払手形をExcelで管理する

テーブルでデータを管理する

手形の管理は大事な仕事

受取手形帳を作ってみる

ピボットテーブルで集計する

資金繰りのデータとして活用する

支払手形帳を作ってみる

4-4 インターネットバンキングのデータを活用する

インターネットから取得できるもの

インターネットバンキングのデータをダウンロードする

データを並べ替える

データを加工する

データを抽出・検索する

簡単に検索をする場合

4-5 Excelで在庫管理

Excelで在庫を管理してみる

在庫管理に必要なシートを作る

ピボットテーブルで集計する

ピボットテーブルを編集する

在庫の数字を計算する

過去の在庫を調べる場合

第5章 会計帳簿を仕訳に変換する

5-1 現金出納帳を仕訳に変換する

効率的に試算表を作成するには

記帳したデータを活かして仕訳を作成する

並べ替えで対応する

全自動で仕訳に変換する

相手科目を判断する

日付の修正

5-2 インターネットバンキングのデータを仕訳に変換する

現金出納帳と基本は同じ

取引内容をまとめる

インターネットバンキングのデータを仕訳に変える

相手科目の設定

補助科目の設定

会計ソフトに取り込む際の注意点

5-3 クレジット明細を仕訳に変換する

クレジット明細も仕訳にできる

仕訳に必要な情報を整える

クレジット明細を仕訳にまとめる

ここまでのおさらい

5-4 受取手形・支払手形を仕訳に変換する

受取手形帳のデータを仕訳に変える

支払手形のデータを仕訳に変換する

5-5 売上と仕入の計上

売上表があれば仕訳は簡単にできる

売上表から仕訳を作る

手数料の調整

仕入の発生仕訳を作成する

5-6 試算表を仕上げる

試算表の完成まであと少し

CSVファイルで保存する

テキストファイルをExcelに取り込む

仕訳を会計ソフトに取り込むときの注意点

第6章 試算表から得た情報を分析する

6-1 仕訳日記帳を活用して試算表を読み解く

仕訳の1つひとつが試算表を構成する

セルの値を分割する

経費を確認する

資金繰りを確認する

ピボットグラフを活用する

6-2 グラフから試算表の動きを読み取る

会社の数字をまとめて分析

グラフに年間売上高を追加する

まとめ:図6-2-6のグラフから何がわかるのか?

PR

秀和システム