図解入門ビジネス 最新 事業承継の対策と進め方がよーくわかる本[第2版]

概 要

そろそろ引退を考えている中小企業経営者のみなさん。後継者に会社を継がせるにはどうすればいいか、会社は残したいが適当な後継者がいないなどで悩んでいませんか? 本書は、事業承継を円滑にすすめるための知識とノウハウを解説した入門書です。承継時期の適切なタイミング、後継者がみつからないときの対策、中小企業に適したM&A、債務の整理や資金調達方法、税負担が軽くなる事業継承など、知りたかったことがわかります!

著者 宮本勇人、加藤美香保、本田真郷、和田はる子、弁護士法人リバーシティ法律事務所(監)
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4541-2
発売日 2015/12/22
判型 A5
ページ数 232
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 事業承継とは

1-1 事業承継とはなにか

代表取締役の交代と、自社株式、事業用資産の譲渡

1-2 誰に事業を継がせるか

後継者の候補を考えるには

1-3 事業承継にはどんな方法があるか

親族内承継、従業員などへの承継、M&Aを検討

1-4 事業承継にはどんなメリットがあるか

現経営者と後継者、その家族には

1-5 事業承継は会社を強くする

企業の体質改善と若返り

1-6 事業承継を成功させるキーポイント

とにかく早く着手し、時間をかけること

1-7 現経営者の心がけること

まだまだ現役を退きたくなくても

1-8 現経営者が後継者に配慮すべきこと

やるべきことと、やってはならないこと

1-9 理想的な事業承継とは

取引先や従業員との信頼関係も引き継ぐ

1-10 事業承継を政府がサポート

経営承継円滑化法成立の背景

1-11 経営承継円滑化法とは

遺留分特例と金融支援、プラス事業承継税制

コラム 今問題となっている「事業承継」とは

第2章 M&Aによる事業承継

2-1 M&Aとは?

事業承継の選択肢の1つに

2-2 M&Aのメリットは?

廃業するよりもずっと有利な方法

2-3 M&Aのデメリットは?

会社に魅力がないと条件が不利に

2-4 M&Aを成功させる秘訣は?

十分な準備期間と秘密厳守

2-5 自分の会社の価値を知ろう!

M&Aの具体的方法(1)

2-6 M&Aを相談できる機関は?

M&Aの具体的方法(2)

2-7 マッチング?候補先探しから交渉まで

M&Aの具体的方法(3)

2-8 基本合意・デューデリジェンス

M&Aの具体的方法(4)

2-9 最終的な契約締結

M&Aの具体的方法(5)

2-10 株式譲渡・合併・株式交換とは?

M&Aによる事業承継の形態(1)

2-11 事業譲渡・会社分割とは?

M&Aによる事業承継の形態(2)

2-12 MBO、EBO、LBOとは?

M&Aによる事業承継の形態(3)

2-13 事業引継ぎ支援センターを利用する

窓口は全国の都道府県に

2-14 M&Aを行う際の注意点は?

経営者アンケート結果より

コラム 事業承継により会社の強化や若返りができる

第3章 親族内事業承継

3-1 親族内承継のメリットは?

家業が継続でき、関係者の理解を得やすい

3-2 親族内承継のデメリットは?

家業が減り、後を継ぐ親族がいない

3-3 親族内承継の方法

売買、生前贈与、相続から選択する

3-4 売買などによる事業承継

後継者の地位は安定するが費用がかかる

3-5 生前贈与による事業承継

買い取り資金はいらないが贈与税がかかる

3-6 遺留分の制約への対策

経営承継円滑化法の遺留分に関する特例とは

3-7 相続による事業承継

遺言とセットで行うことが不可欠

3-8 遺言を活用する

相続問題は遺言で回避できる

3-9 親族内承継の注意点

最後は相続で……というのは大間違い

コラム 後継者の心がけること

第4章 従業員などへの事業承継

4-1 従業員などへの承継のメリットは?

身内に後継ぎがいない場合でも

4-2 従業員などへの承継のデメリットは?

後継者の資金不足、個人保証が壁に

4-3 後継者に適している人物は?

従業員などへの承継の具体的方法(1)

4-4 関係者の理解を得る

従業員などへの承継の具体的方法(2)

4-5 経営者の個人保証や担保の処理は?

従業員などへの承継の具体的方法(3)

4-6 従業員などへの承継、こんな成功例も!!

事業承継をきっかけに経営改革

4-7 従業員などへの承継の注意点

意外と見落としがちなこと

コラム 「経営者の退職金」小規模企業共済

第5章 法律面から見た事業承継の注意点

5-1 遺留分とは

後継者に財産を譲るときには注意!

5-2 経営承継円滑化法を使いこなそう!

遺留分に関する特例の手続き

5-3 事業承継に信託を使いこなそう!

自社株式の信託で後継者に経営権を集中させる

5-4 事業承継に会社法を使いこなそう!

種類株式で後継者に経営権を集中させる

5-5 種類株式にはどんな利用法があるか?

譲渡制限、議決権制限、拒否権付、取得条項付株式

5-6 株式の分散を防止するには?

株式の譲渡制限と相続人に対する売渡請求

5-7 分散している株式を集中させるには?

株式の買い取りと新株の発行

コラム 黄金株は伝家の宝刀

??安易に行使してはいけません!

第6章 税金面から見た事業承継の注意点

6-1 事業承継の税金問題とは?

承継方法によって税金は大きく変わる

6-2 売買などによる事業承継の税金

自社株式や事業用資産の売却には所得税が

6-3 生前贈与による事業承継の税金

自社株式や事業用資産の贈与には贈与税が

6-4 相続時精算課税制度を利用する

非課税枠が大きいのがメリット

6-5 相続による事業承継の税金

納税額が高額になることもある

6-6 現経営者からの借入金があるときは?

相続人から借入金返済の請求をされるかも

6-7 税金面から見た事業承継対策

後継者のために納税資金の準備を

6-8 自社の株価を算出する

自社株式の株価対策(1)

6-9 効果的に赤字を出す

自社株式の株価対策(2)

6-10 養子縁組を活用する

相続人の数を増やして節税

6-11 事業承継税制

円滑な事業承継をサポートする税制措置

6-12 納税猶予制度

相続税や贈与税の納税猶予制度を活用する

6-13 税金面から事業承継方法を比較する

どの方法にすれば税負担が軽くなるか

コラム 事業承継税制が使いやすくなりました

第7章 事業承継のための資金の調達

7-1 どのような資金が必要となるのか

事業承継にはいろいろな資金が必要

7-2 経営承継円滑化法による金融支援

保証枠の拡大と後継者個人への融資

7-3 日本政策金融公庫の特別融資

自社株式の取得やM&Aへの融資

7-4 相続税の納税資金を準備するには

納税を怠ると……

7-5 相続税の延納・物納を活用する

分割や不動産での納税も可能に

コラム 事業承継と経営者保証

?経営者保証ガイドラインより?

第8章 事業承継計画とは

8-1 事業承継計画の内容を検討する

まずは基本方針からはじめよう

8-2 事業承継計画作成のポイント

現経営者と後継者とが協力して作る

8-3 現経営者自身の財産の状況を知る

自社株式、事業用資産、負債・個人保証は?

8-4 経営上のリスクと財務上のリスク

企業のリスクの状況を知る(1)

8-5 人事上のリスクと設備上のリスク

企業のリスクの状況を知る(2)

8-6 後継者を決定する

決定の際に考慮されるべき点と公表の時期

コラム モデル事例で事業承継を考える

第9章 事業承継計画表を作る

9-1 事業承継計画作成の前に準備する資料

事業承継計画表の作り方(1)

9-2 集めた資料から会社の現状を分析する

事業承継計画表の作り方(2)

9-3 事業承継計画に書く事項をまとめる

事業承継計画表の作り方(3)

9-4 事業の中長期計画を作る

事業承継計画表の作り方(4)

9-5 承継スケジュールの概要を決める

事業承継計画表の作り方(5)

9-6 事業承継計画表を作る

事業承継計画表の作り方(6)

9-7 短期計画を立てる

事業計画と後継者教育は短期計画が効果的

9-8 承継計画を作成するときの注意点

事業承継を成功させるためには

コラム 現経営者の意思能力が突然低下したらどうなるか

第10章 事業再生してから事業承継する

10-1 そのまま承継させてよいか見極める

事業再生が必要な会社とは

10-2 事業再生の可能性を見極める

どんな会社なら再生できるか

10-3 経営の再構築

事業戦略を立て、組織を適正化する

10-4 営業の再構築

収益を上げるにはどうすればよいか

10-5 財務の再構築

負債を減らし、財務を健全化させるには

コラム 現経営者が突然死亡したらどうなるか

第11章 実際の相談スケジュール

11-1 何を相談すべきか

相談事項はたくさんある

11-2 いつ相談すべきか

55歳を超えたら事業承継対策を

11-3 誰に相談すべきか

問題点ごとに適当な相談相手を見つける

11-4 弁護士に相談する場合の注意点

専門分野をチェックする

11-5 税理士に相談する場合の注意点

事業承継の税金問題に対応できるか確認する

11-6 そのほかの専門家に相談する場合の注意点

司法書士、公認会計士、金融機関など

11-7 費用はどのくらいかかるか

相談料、承継計画の立案や実施にかかる費用

11-8 事業承継タイムテーブル

いつ、何をすればいいのか

コラム ワンマン社長がなかなか退かないとどうなるか

PR

秀和システム