社労士の「お仕事」と「正体」がよーくわかる本

概 要

社会保険労務士は、国家資格でありながらあまり認知されていない不思議な資格です。社労士はどういう人がなるのか、平均年齢や仕事の詳細、資格の取り方など、わからないことだらけです。本書は、社労士の仕事の内容から資格の取り方、実際の働き方までを、事例をあげながらわかりやすく紹介します。また、受験資格や企業内でキャリアを積む方法、開業する方法、さらにプライベートでの過ごし方まで本当のところがわかります!

著者 久保輝雄
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-4580-1
発売日 2016/3/1
判型 A5
ページ数 208
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 社会保険労務士になろう[国家資格者を目指す]

01 社会保険労務士とは 企業と労働者を守る専門家の実像に迫る

どういう人がなっている?

社会保険労務士の歴史

社会保険労務士試験を受験する人って?

社会保険労務士の平均年齢は?

男性、女性どちらが多い?

02 社会保険労務士の役割 社会に求められる存在 社会保険労務士の役割とは

法律に定められた存在、社会保険労務士とは

書類の作成

提出代行

事務代理

相談、コンサルタント業務

社会保険労務士の未来は?

03 社会保険労務士の試験、誰が受験できる? 試験に受からなければ何も始まらない

試験の概要を知ろう!

受験資格はありますか?

試験の申し込み

一年に一度の勝負の日がやってきた

「労働科目」の特徴

「社会科目」の特徴

配点はどうなっている?

勉強への取り組み方は?

受験予備校に通う?

受験予備校に通うメリット、デメリット

通信教育を受けるという選択肢

通信教育のメリット、デメリットって?

独学はどう?

どれくらい勉強すればよい?

試験は一発勝負

勉強仲間をつくる

実務と試験

Column CASE 1 資格本に書かれていることはホント?

第2章 試験に合格したら[新しい未来へ]

04 未来はバラ色? 合格してこそ始まる社会保険労務士人生

試験に合格! さあどうする!?

なにができますか?

まずは登録

登録の手続き

会員区分

05 実務経験が必要!? どうすればいい!! 知識だけでは仕事にならないのです

どこで修行を積むべきか

社会保険労務士法人・事務所に勤務する

一般企業に勤務して人事総務部門の担当になる

社会保険労務士事務所勤務と一般企業、どちらが良いのか?

06 どんどん受けよう! 研修 研修を受けて自己研鑽

経験がなくたって

「めんどくさい」は「もったいない」?

受けたい研修

自分が講師になることも?

研修テーマは業務に直結することだけ?

Column CASE 2 シルエットは似ているけれど…

第3章 社会保険労務士の世界へようこそ[勤務登録編]

07 士業だけれど、サラリーマン 資格を取ったサラリーマン、どう生きる?

資格を取ったら変わる?

資格取得で会社内での扱いは変わるのか?

社内での社会保険労務士としてのお仕事

資格を取得しても希望した仕事に携われるわけではない

共通のスキルを身に着ける

いったい誰の味方? ジレンマの日々

会社への提案

08 開業を夢見る勤務社会保険労務士 開業と勤務、その壁の向こう側

それは突然やってくる?

独立するタイミングは、やって来るのか?

開業社会保険労務士と付き合ってみよう

09 社会保険労務士事務所に勤務する サラリーマンだけど何か違う? 事務所勤務というカタチ

勤務は勤務でも

どんな事務所に勤務すべきか

Column CASE 3 バッジの価値は?…

第4章 社会保険労務士の世界へようこそ[開業登録編]

10 事務所の場所をどうするか? さあ開業!! 決めるべきことはたくさんある

ハローワークや年金事務所の近くに開業というのは一昔前

事務所選びいろいろ

11 事務所で開業! 開業直後に遭遇すること… さあ業務スタート!! 思った通りにいくかは

一人ぼっち、耐えられますか?

自分で自分をコントロール!?

社会保険労務士の仲間を作る!?

社会保険労務士以外の仲間を作る

12 資格にお客はついてこない 看板さえ出せばお客が来る時代は終わった?

営業、するの?

顧客を追いかけるのか、呼び込むのか…営業はニガテです

顧客を呼び込むには? ホームページだけでお客が取れる?

13 結局大事なことは顧客との関係 ヒトの専門家である社会保険労務士が人間関係に悩む

顧客との最初の関係作りは重要!

「先生」と呼ばれて

Column CASE 4 名刺の作り方…

第5章 社会保険労務士のお仕事[手続き・コンサルだけじゃない]

14 社会保険労務士がかかわる役所って? 手続き業務はキホンのキ。そこに関わる役所の存在

相手はお客だけではない

15 労働基準監督署と社会保険労務士は切っても切れない関係! 労働者が駆け込む役所、その真実

労働者保護の砦 労働基準監督署

労働基準法の見張り役 監督・方面

労働者が健やかに働くために 安全衛生課

労働者を保険でサポート 労災課

16 ハローワークと社会保険労務士 仕事を探すだけじゃない!! 身近にある役所のその中身

仕事を探すだけ? ハローワーク(公共職業安定所)

どの窓口に行く?

入社、退社の手続き 適用・得喪課

従業員が給付を受ける手続き 雇用継続課

事業主への給付 助成金係

人を雇いたいなら 求人係

高齢者や障害者の雇用に 雇用指導部門

失業給付を受ける個人の窓口 給付部門

労働基準監督署、ハローワークの兄貴分 各都道府県労働局

17 日本年金機構(年金事務所)と社会保険労務士 「民間」になって、何が変わった?

元「社会保険事務所」です 年金事務所

社会保険加入を司る 適用調査課、適用課

この言葉が好きな人はいないかも? 徴収課

年金の相談、事務手続きはこちら 年金給付課

18 健康保険・その他の窓口 全国健康保険協会・健康保険組合・厚生年金基金・市区町村役場

全国健康保険協会

健康保険組合

厚生年金基金

市区町村役場

19 社会保険労務士への依頼人は個人? 企業? 社会保険労務士の顧客はどちらが多いか

企業と個人、どちらを向くか

年金分野における社会保険労務士の役割

個人の労働相談で経験したこと

20 就業規則の作成! 労務相談! 社会保険労務士でも給与計算!? ひとつひとつ、会社のために

作りましょう! 就業規則

就業規則は経営者の・思い・ なくても困らない! はダメ

相談に乗ります! 労務相談

なぜ社会保険労務士が給与計算を行うか?

給与計算をやる意味

21 行政から依頼される仕事もある! 行政の窓口を通じて国民のために働く

行政協力とは?

その他行政機関との協力

22 それも、社会保険労務士の仕事? どこまで広がる? 社会保険労務士の仕事

マイナンバー対応、なぜ社会保険労務士?

マイナンバー制度は、社会保険労務士にとってチャンスなのか?

23 いろんな人とのお付き合い 役所やお客だけじゃない社会保険労務士の「お付き合い」

お付き合いは役所とお客さんだけ?

同業の社会保険労務士とのお付き合い!?

関係あるの? 他の士業

士業だけの繋がりでいいのか?

24 社会保険労務士の新しい働き方! 「決まっていること」だけが仕事じゃない!!

資格にこだわらない働き方

三人の出会い

結局、資格は要らない?

25 労働者だけじゃない! 未来を担う子供たちと社会保険労務士 子どもが「早く働きたい!」と願う社会へ

小学生に「はたらくって?」

子供たちは働きたくない?

Column CASE 5 異業種交流会あれこれ

第6章 特定社会保険労務士という存在[「特定」が付くと何が違うのか]

26 拷問? いえ、研修です 「特定」への長い道のり

ただの社会保険労務士ではない?

「特定」社会保険労務士にどうやってなる?

27 試験より大事? グループ研修 研修のキモ、グループ研修とは

どんな人とグループになるか

「資格」という鎧を身にまとう

28 弁護士という存在を知る 資格の王様、弁護士との遭遇

弁護士によるゼミナール

弁護士は万能?

社会保険労務士、法廷に立つ?

弁護士という存在

29 結局、倫理とは何なのか 法律家として「生きる」意味を知る

「倫理的に」どうなの?

結局、倫理とは…

Column CASE 6 事務所の名前をどうするか

第7章 社会保険労務士の私生活[社会保険労務士のプライベートとは]

30 休みは与えられるもの? 社会保険労務士に休日はあるのか?

勤務社会保険労務士の場合

開業社会保険労務士の場合

31 プライベートは何をしている? 社会保険労務士だって一人の人間、息抜きも必要

ネタを仕入れる日々

趣味を持とう

32 社会保険労務士の婚活事情 社会保険労務士はモテる? モテない?

社会保険労務士の婚活

社会保険労務士はモテるのか?

士業の婚活とは

出会いはどこに

Column CASE 7 電話秘書サービスの利用考察

エピローグ これから社会保険労務士を目指すみなさんへ

PR

秀和システム