米国人エグゼクティブから学んだポジティブ・リーダーシップ -やる気を引き出すAI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)-

概 要

社長、部長、課長、プロジェクトマネージャーの皆さん。「部下(メンバー)がもっと自分で考えて主体的に動いてくれたらいいのに」や「協力体制がつくれない」と思ったことはありませんか? 本書は、アメリカで組織開発に使われている「AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)」という手法で組織を成長させるためのガイドです。欠点の指摘から成功の原因追求へ、指示命令型から巻き込み型へパラダイム・チェンジしましょう!

著者 渡辺誠
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4581-8
発売日 2016/3/28
判型 四六
ページ数 248
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1部 ポジティブ・リーダーになる

第1章 アメリカのエグゼクティブから学んだこと

1 職場のメンバーとの距離が遠く感じられた日々

2 上司と部下の関係性を決める「ひまわり効果」とは?

3 アメリカのエグゼクティブから教えられたこと

4 「問題点を指摘する」より「相手を認める」ことが先

第2章 人を引き付ける魅力的なポジティブ・リーダーシップとは?

1 マネージャーの役割は部下の管理だけではない

2 マネージャーの役割はマネジメントとリーダーシップ

3 メンバーをヤル気にさせる動機づけモデル

第3章 問題の種類と問題解決策を見極める

1 原因追究だけで、すべての問題が解決できるわけではない!

2 世の中の問題は大きく4種類に分類される

3 不具合原因追究型問題解決「ギャップ・アプローチ」

4 未来創造型課題達成「ポジティブ・アプローチ」

第4章 ポジティブ・リーダーが成果を出すための哲学

1 ポジティブ・アプローチの定番、AI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)とは?

2 AIの基本哲学(1) ポジティブの原則

3 AIの基本哲学(2) 対話による社会構成主義の原則

4 AIの基本哲学(3) 質問による変化創造の原則

5 AIの基本哲学(4) 全体巻き込みによる組織力強化の原則

第5章 ポジティブ・リーダーが成果を出すためのプロセス

1 ポジティブ・リーダーの活用するAIプロセスとは?

2 顧客満足度の向上に失敗した携帯電話ショップ

3 AIは戦略テーマを設定することから始まる

4 AIの4Dサイクルとは?

5 ステップ1 発見(Discovery) 現状をポジティブに把握する

6 ステップ2 理想(Dream) つくりあげたい未来を描く

7 ステップ3 設計(Design) 実施することを決める

8 ステップ4 実行(Destiny) 実行する

9 ワークショップが終わったら実践して成果を出す

第6章 ポジティブ・リーダーがAIでつくり出した成果

1 AIは組織と個人を大きく成長させる

2 【AIで成果を出した日本企業の例】中の下の支店が全国第4位に!(アストラゼネカ・東海支店)

3 【AIで成果を出した日本企業の例】主体的に動く部門に!(大手ソフトウエア開発会社パートナー推進部)

4 【AIで成果を出した日本企業の例】イキイキとした職場に!(ライフ労働組合)

5 【AIで成果を出した日本企業の例】M&A後の対立が解消!(自動車部品メーカー)

第2部 ポジティブ・リーダーの具体策 ―― AIの進め方

第7章 【戦略テーマ】テーマ設定と事前準備がAIの成功をつくり出す

1 実践の前に知っておいてほしいこと

2 組織にとって重要な戦略テーマを見つける

3 AIの事前準備

第8章 【発見】うまくいっていることから成功要因を見つけよう

1 発見段階では「ダメ出し」ではなく「イイね出し」を!

2 発見段階の進め方

3 ポジティブ・コアで重要な成功要因を見つけ、ハイライトする

4 発見段階がもたらす効果とは?

第9章 【理想】理想の未来を出現させよう!

1 「出現させたい未来の姿」は、対話でつくられる

2 目標には「ねばならない目標」と「したい目標」の2種類ある

3 理想段階の進め方

4 理想段階のワークショップの進め方

5 理想段階で得られる効果

第10章 【設計】理想を実現するために「何をするか」を話し合う

1 ありたい姿を実現するためにイノベーション・テーマを決めよう!

2 イノベーション・テーマを見つけるための3つの視点

3 イノベーション・チームを結成する

4 刺激的宣言文でイノベーション・テーマのゴールを描こう

5 設計段階をワークショップで進める効果

第11章 【実行】自分たちがやることを決めよう

1 自主的なチームで理想の姿を実現するのだからヤル気が出る

2 具体的な実行計画をつくる

3 ワークショップにおける計画立案の進め方

第12章 【実践】ワークショップで決めたことをやり抜こう

1 実践をポジティブに進める

2 L-KITやPDCAでふりかえる

3 ポジティブなふりかえり方法「L-KIT」

4 L-KITがもたらす効果とは?

5 PDCAでふりかえる困難系の問題

第13章 【サポート】組織リーダーの実践サポートが成功の鍵

1 ワークショップ終了後の組織リーダーの動きが成否を分ける

2 トップの想いを共有することが成功を引き出す

3 コアチームにイノベーション推進の力を与える

4 「2:6:2」の法則が適用される

PR

秀和システム