ポケット図解 コーチングがよーくわかる本

概 要

対人関係がニガテ、口ベタで話ベタ、人の話を聞くのが苦痛。そんなあなたでも、コーチングのノウハウを身につければ、対人関係は改善し、部下のモチベーションが簡単にあがるようになります。本書は、部下の話をよく聞き、やる気と能力を引き出せる上司になるノウハウを解説する、コーチングの入門書です。部下の心に寄り添えるよう、カウンセラーが行う感情コントロール術やメンタルケアの方法もあわせて紹介しています。

著者 谷口祥子
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4582-5
発売日 2016/2/26
判型 四六
ページ数 232
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 コーチングとは何か?

1-1 コーチングとは?

うちの会社でもコーチングを導入することになりました。一体どんなことをするのでしょう?

1-2 コーチングを使うメリットとは

コーチングは「話を聴く技術」だと聞きましたが、業務上でどんなメリットがあるのでしょうか?

1-3 こんなときはコーチングが効果的

コーチングを勉強中です。部下との会話に使いたいのですが特にどんなときに有効ですか?

1-4 普通の会話とコーチングの違い

コーチングを練習していたら、「それじゃ日常会話だよ」と言われました。普通の会話との違いは何ですか?

1-5 通常の部下指導との使い分け方

話を聴くコーチングと部下指導は正反対の印象がありますが、どう使い分けるといいですか?

1-6 コーチングは悩み相談に使える?

コーチングは目標達成のためのメソッドという印象がありますが、悩み相談にも使えますか?

1-7 意見を言わない理由とは

コーチはクライアントにアドバイスをしないそうですが、なぜですか?

1-8 誘導するのがコーチング?

研修でコーチングのデモを見てシナリオがあるのかな?と思いました。うまく誘導するのですか?

1-9 コミュニケーションに苦手意識があるときは

日頃あまり人と会話をしません。雑談でさえ苦手な私にコーチングができるでしょうか?

第2章 コーチングの手順

2-1 コーチングを簡単に説明すると

コーチングを導入することを部下に伝えたいのですが、どう説明すれば分かりやすいでしょうか。

2-2 コーチングに必要な時間とは

短時間の会話でも、コーチングを取り入れると効果がありますか?

2-3 コーチング前に心掛けること

部下とのコーチングを効果的なものにするために、スタート前に意識しておくことはありますか?

2-4 コーチング導入前にしておくこと

これから部下とコーチングを行うというときに、まず何から始めればよいでしょうか?

2-5 コーチングの着地点

毎回のセッションではどんなゴールを目指して進めていけば良いのでしょう?

2-6 コーチングを進める手順

傾聴や質問の仕方などコーチングの技術は学びましたが、どんな風に進めていけば良いでしょう?

2-7 コーチングに必要なスキル

コーチングは高度な職人芸のようだと感じています。具体的にはどんな技術が必要ですか?

2-8 成果を左右する要素

コーチングを実施して成果が出るようにするには、どんな点に気を付けるといいですか?

2-9 アイデアを出しやすくするには

クライアントが解決策やアイデアを考えやすくなるようにするには、どうすればいいですか?

2-10 コーチングスキル向上のコツ

コーチングスキルを磨くためにやっておいた方がいいことは何ですか?

2-11 日常会話に活かすには

コーチングを部下との日常会話にも取り入れることはできますか?

第3章 コーチングにおける「聴き方」

3-1 「話す」と「聴く」の割合は

コーチが「話す」割合と「聴く」割合は、どのくらいが適切でしょうか?

3-2 相手の本音を引き出すには

部下が本音を話してくれません。どうすれば心を開いて話してくれるようになるでしょうか?

3-3 話を聴いている間にするべきこと

コーチングで相手の話を聴いているとき、コーチは何をしていればいいでしょうか?

3-4 ストレスなく話を聴くには

黙って人の話を聴くのはとても疲れます。どうすればストレスなく聴けるようになりますか?

3-5 アドバイスしたくなったら

部下のコーチングをしているとついアドバイスをしたくなりますが、いけませんか?

3-6 なぜ聴くだけで効果があるのか

ただ話を聴いているだけで本当に相手の役に立つのでしょうか?

3-7 会話が止まってしまったら

質問したときに、相手が黙ってしまうことがあります。どうすればいいでしょう?

3-8 集中して話を聴くには

コーチングのとき、クライアントの話に集中するにはどうすればいいでしょう?

第4章 コーチングで質問力を発揮する

4-1 質問の効果とは

コーチングでは質問が重要だと聞きましたが、何のために質問するのですか?

4-2 プレッシャーを与えてしまう質問とは

部下に「質問されるとプレッシャーになる」と言われました。どうすればいいでしょう?

4-3 チャンクダウンとは

コーチングの用語に「チャンクダウン」というものがありますが、具体的にどうすればいいか教えてください。

4-4 タブーな質問とは

「なぜできないの?」と質問してはいけないと言われました。どうしてNGなのですか?

4-5 やる気が出る質問とは

部下が仕事に対して意欲的になるような質問の仕方があれば教えてください。

4-6 行き詰まったときには

解決策が見い出せず、袋小路に入ってしまって行き詰ったときは、どんな質問が有効ですか?

4-7 いつもの枠から出る質問とは

部下の頭をやわらかくしたり視野を広げられる質問はありますか?

4-8 人一倍評価を気にする部下には

生真面目で打たれ弱い部下にはどんな風にコーチングすればいいでしょう?

4-9 プレッシャーを活かすには

部下が感じているプレッシャーを、コーチングでエネルギーに変えることはできますか?

4-10 質問力を磨くには

どうすれば、コーチングでいい質問ができるようになりますか?

第5章 コーチングの大切なスキル

5-1 「承認」の具体的な方法とは

コーチングでは、何より承認が大事だと聞きましたが、具体的にはどうすればいいですか?

5-2 欠点だらけの部下を承認するには

どう見てもほめるところのない部下がいるのですが、承認する方法はありますか?

5-3 承認力を磨くには

コーチ、上司として承認力を磨くには、どんなことを心がければいいでしょう?

5-4 言葉と態度が裏腹なときは

クライアントの言っていることと態度にギャップがあるときはどうすればいいですか?

5-5 観察力を磨くには

観察力を磨くと、コーチングがうまくいくと聞きました。どうすれば磨けますか?

第6章 コーチングマインドを身に着ける

6-1 先入観がもたらすデメリット

部下に対する先入観がなかなか抜けず、新鮮な気持ちでコーチングができません。

6-2 コーチがしてはいけないこと

コーチングのときに、クライアントと一緒になって解決策を考えてしまいますが、いけませんか?

6-3 気持ちが自分に向いてしまうときは

クライアントの話を聴きながらつい頭の中であれこれ考えてしまいます。どうすればいいでしょう?

6-4 複雑な話はこうやって聴こう

クライアントが込み入った話をしていると、内容を理解するのが大変です。

6-5 コーチングの“共感”とは

クライアントの話に納得できないときも、共感しなくてはいけませんか?

6-6 ムダかも知れないと思ったら

コーチングは、指示待ちタイプで能力の高くない部下には効果がないのではありませんか?

6-7 話に興味が持てないとき

自分が興味を持てない話題だと聴く気になれません。どうすればいいですか?

6-8 部下に烙印を押したくなったら

誰にでも可能性はあると言いますが、やっぱりダメな人はダメじゃないですか?

6-9 コーチとクライアントの上下関係

コーチングって威圧的な印象があるのですが、部下にストレスを与えてしまいませんか?

6-10 クライアントが落ち込んでいたら

クライアントがネガティブな気持ちになっていたら、コーチングでポジティブに変えるべきでしょうか?

6-11 コーチはどうあるべきか

コーチはいつも、ノリがよくてテンションが高い方がいいのでしょうか?

第7章 コーチングをさまざまなシーンで活用する

7-1 上司に対して使うときは

コーチングを、上司との関係性をよくすることにも使えますか?

7-2 自然にニーズを引き出すには

コーチングを使って、取引先のニーズを引き出すにはどうすればいいですか?

7-3 心の病を予防するには

コーチングは、うつ病予防など部下のメンタルヘルス対策にも使えますか?

7-4 コーチングで職場の空気を変えるには

職場の空気が重いのですが、コーチングのスキルを使って変えることはできますか?

第8章 日頃から心がけておきたい習慣

8-1 信頼される上司になるには

コーチングで成果を上げるために、部下から信頼されたいのですが、どうすればいいでしょう?

8-2 リスクが気になるときは

部下が夢を語っているとき、ついリスクや問題に目が向いてしまいます。どうすればいいですか?

8-3 仕事を抱え込むクセがあるなら

部下に仕事をまかせるのが苦手です。どうすればよいでしょうか。

8-4 口下手でもいい上司になるには

部下との距離を縮めたいのですが、私はかなり口下手です。どうすればいいでしょう?

8-5 ほめるのが苦手なら

私自身、家でも学校でもほめられたことがなく、人をほめるのが苦手です。どうすればいいでしょう?

8-6 上手に部下をほめるには

コーチングでは承認が大事だと聞きましたが、ほめると部下はつけ上がりませんか?

第9章 自分を高めて名コーチになる

9-1 リーダーらしくなるには

部下を引っ張っていくリーダーシップを身に着けたいのですがどうすればいいですか?

9-2 自信を持ちたいなら

上司として、コーチとして、部下から信頼されるために、もっと自信を持ちたいのですが。

9-3 コーチングには会話力が必要か

プロのコーチはトークも上手な印象があるのですが、話下手だとつとまりませんか?

9-4 成果の出せるコーチになるには

信頼される、いいコーチになりたいのですが、どうすればいいでしょうか?

9-5 心を開いてもらえるコーチになるには

クライアントに心を開いて本音で話してもらうには、どうすればいいですか?

9-6 自分の可能性に目を向けるには

コーチ自身が自分の可能性に目を向け続けるには、どうすれば良いでしょうか?

9-7 器を拡大するために大事なこととは

上司やコーチとして、自分の器を拡大し続けていくために大切なことは何ですか?

PR

秀和システム